Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 108の割引 (17%)

ポイント : 113pt (20%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[百田尚樹, 須本壮一]の永遠の0 : 1 (アクションコミックス)
Kindle App Ad

永遠の0 : 1 (アクションコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.9 59件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 永遠の0 (アクションコミックス)の5の第1巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1

紙の本の長さ: 207ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ



商品の説明

内容紹介

司法浪人生、とはいうものの実質的にはニートの佐伯健太郎は、駆け出しライターの姉・慶子の補助という“アルバイト”の依頼を受け、つい最近までその存在さえ知らなかった“本当の祖父”宮部久蔵について調べることになる。終戦数日前に特攻で死んだという「その人」の像を結ぶための旅は驚きと感動に満ちたものだった――。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 65225 KB
  • 紙の本の長さ: 207 ページ
  • 出版社: 双葉社 (2010/7/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009DBYYCC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
この本を読み終わってしばらくは
何も手に付かなくなってしまいました。
漫画を読んでこんな感覚に陥ったのは初めてでした。
その程までに感動を受けたのです。

色々な事を感じましたが
ひとつは主人公宮部の家族を思う気持ちでしょうか。
自分も妻と子供がいる身として
その気持ちが痛いほど分かります。

子供が小さい時には成長を見守っていきたいものです。
でも、もし今、日本が隣国から侵略されたら…。
自分は妻と子供を守るためなら戦場へ行くことも厭わないと思います。
もちろん犬死をするつもりはありません。
自分が奮戦することで家族が助かるのであれば…
宮部を含む当時の若者も、そういう思いで戦っていたのかもしれません。

現代において、特に戦争を知らない世代が戦争について語るのは
タブーとなっているような印象を受けます。
憲法9条改正、自衛隊の国軍化などと言ったもんなら
「この人、頭おかしいんじゃない」などと思われる可能性が高いでしょう。
しかし、今の中国をみていると当時の日本のような帝国主義へと
付き進んでいるように感じます。
ナチスドイツがポーランドに侵攻した際に<
...続きを読む ›
1 コメント 175人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
全巻まとめ買いして読みました。
1巻のレビュー評価が気になったのですが、1巻だけだと原作小説と伏線の張り方や演出が異なるので評価が分かれるのでしょうね。
漫画版の1巻は序章という感じなので、全巻一気読みがオススメです。
コレ、1巻だけで敬遠していたら勿体ないですよ。

小説の読み口とは異なる、漫画ならではの映像的な躍動感。
そして登場人物の表情から、現代に生きる人間たちの想いが心に迫ってきました。

作画は夢幻の軍艦大和を描かれていた本そういち先生が別名義で描かれているということで、さすがに零戦の描写は重厚かつ緻密で安定感があります。
自分は漫画の戦闘シーン見たさに購入しましたが、期待通りの迫力ある作画でした。
戦記漫画好きなら即買いレベルだと思います。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
原作も読んでいてとても気に入った作品だったので、漫画版でも(Kindle版でNexus7 Androidアプリ)で読みました。

全巻一気に読みましたが、正直な感想ですと、やはり原作(小説版)のほうが、よかったなと思います。

絵で表現できるところも当然あるので、戦闘の場面などのリアルさや、人物の表情などは漫画版に軍配はあがるものの、主人公の精神部分での思考や、それぞれの登場人物の表現の深さは、やはり原作には勝てないとも思いました。

とはいえ、より多くの日本人に読んでもらうすべとしては、こういう方法もありですし、内容自体は充分伝わると思うので、特に文字が苦手な方や若い年代の方には一読してもらいたいと思います。

私自身のこどもは小さいので、この本を読ませるには早いですが、日本という国に誇りをもって生きていくためにも、いつか読ませたいと考えてます。

一点。注意すべき点があるとすると、この漫画は、見開きで、迫力あるシーンを描いていることが多く、電子書籍では、ページをめくると、横にしない限りは、片方のページしか見れないので、なんだかよくわからないコマが散見されることから、あまり電子書籍Kindle版には適していないようにも思いました。買うなら本のほうをお勧めします。
1 コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 えまこ 投稿日 2012/8/15
形式: コミック
冒頭、小説の展開と違ったり、重厚なシーンがアッサリと流されてしまったり、、
しかし、大事なシーンを少ないページ数で上手く表現出来ており、原作以上に泣けました。
特に4巻以降は、涙、涙でした。
全国の学校、図書館において欲しい。そういう作品です。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
原作の小説は読んだ。よく出来ている物語だった。

祖母の死をきっかけに、太平洋戦争で亡くなった実の祖父の存在を知った姉弟が、
祖父を知る人々の話を聞いて、その姿に迫っていく物語である。話の展開がよく
計算されていて読み応えがあった。

そういうこともあって、このコミックを買ってみた。

結論から書くとまるでダメである。

小説が原作の漫画の場合、いかに原作の良さを出すか、が大切になる。それと..
文字で書かれていたものを絵にするわけだが、文字の描写を拡大解釈して忠実に
表現する必要があると思う。

この漫画は..小説の中盤で別の人物が見たという特攻へ行った人の父母が訪ねて
くるシーンを実の祖父が見ていたりというシーンが冒頭からあったり、主人公の
姿を見て亡くなった祖父とそっくりだと祖父を知る人が驚くシーンが最初のあた
りに出たり..とか余計な演出の変更があって、嫌になる。

特に原作の展開が計算されたものだけに、下手に漫画家が流れを変えるとどうし
ようもない代物になる、という典例。

ビジュアルである絵も、とても上手く描けているとは思えない。"実の祖父"は長
...続きを読む ›
5 コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover