Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,500

¥ 120の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大川隆法]の永遠の生命の世界
Kindle App Ad

永遠の生命の世界 Kindle版

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,500
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 88

商品の説明

内容紹介

死は、永遠の別れではない。それは、あの世への旅立ちであり、本来の世界に還ること──。

内容(「BOOK」データベースより)

今から二千五百数十年前、中インドの釈迦族の王子ゴータマ・シッダールタ(釈尊)は、人間にはなぜ「生」「老」「病」「死」の四苦の苦しみがあるのか、その問いへの答えを求めて出家した。本書が、釈尊の疑問への答えである。迷える宗教家への導きであると同時に、無明に生きる現代の医者や科学者への厳しい警鐘ともなっている。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1799 KB
  • 紙の本の長さ: 112 ページ
  • 出版社: 幸福の科学出版 (2004/4/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B016ZF9AWM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 211,173位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この世だけを見ると納得のゆかない事が数多くあります。何をしても何を思っても法律に引っかからねばいいのか、悪人必ずしも報いを受けることなく人は死ねば終わりなのかと。この本はそれに対し明確に答えてくれます。本来のあの世と言われる世界までを見るとき、悪人が逃れられることはなく、行為も思いもすべて自分に返ってくるのだということを。
また、完全に煮沸すれば生命は存在しないのに、灼熱の星の中から生命が生まれたという自己矛盾。科学というものはそのような自己矛盾にあふれかえり、答えが出せないものは無視を決め込むというのが現状であります。知っても知らなくても必ず訪れるのが死であるならば、勇気をもって知っておいた方が良いのではないでしょうか。お薦めの1冊です。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
別の著書で、著者自身いわく「一度ならば嘘だと思う人もいるでしょう。二度ならば疑う人もいるでしょう。三度ならば、どうですか。少しは考えてみようと思われるでしょう。四度、私が同じことを言ったらどうしますか。少しは、いくぶんかは、真実がその中にあるかもしれないと思ってくださるでしょう。五度言ったらどうされますか。十度くり返したらどうされますか。五年、十年、二十年、三十年、四十年、五十年と、一貫して私が同じことを言い続けたら、みなさまは、どう感じていただけますでしょうか。仏神の声を、言葉を伝えているという人間が、その一生を通じて訴え続けるというのであれば、心ある人間であるならば、必ずやいずれかの時に、必ずやいずれかの折りに、いずれかの場所で信じていただけるもであると、私は願うのであります。」
 もう二十年近く、著者は訴え続けています。人間は「永遠の生命」を生き、転生輪廻をくり返し、魂の向上進化を図っている存在であると。
 この著書では、今まで以上に詳しく人間が死んだらどうなるのか?詳述されています。特に、唯物的思想に染まった人の、死後がどうなるのか。脳死者が、臓器を切り取られる瞬間、真実、いかなる状態であるのか。驚くべき内容が明かされています。間違った先祖供養、正しい先祖供養とはいかなるものなのか。心あるあなたであるならば、二十年近くにわたり一貫して主張し続けている著者のメッセージに胸襟を開いて耳を傾けられてはいかがでしょう。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小さい時からどうしても死後について納得がいかないことがありました。祖父母や親戚 知人 そして最近は両親の死 葬儀に参列し、お坊さんが、ナムアミダブツなどと唱えれば(例えば明らかに、他人を苦しめてきた人も仏様になり、極楽浄土に行かれました)とお坊さんが言う意味が納得できませんでした。自分の身内にではありますが、とんでもない生き方をした人がいたからです。それは、心清く、たとえ辛い人生であっても明るく優しく、世のために生きた人に対して成仏という言葉なら兎も角、そんな不平等はありえないと思っておりました。この本に出会い、与えられた時間は善人も悪人も同じだけれど、結果は平等ではないと言う話に今迄不思議に思っていた事が全て解りました。早いうちに仏の存在と あの世は100%あると言う事を信じて一生を送るのと、否定したまま、自分の理解の範囲で送る人生は、かなり厳しい来世が待っている事にきづかせてもらい、本当によかったです。

死んでも永遠に生命がある事を 腑に落とし、生きている間に綺麗な軽い自分となって、天国にいる両親達に再会出来る様に、そして、あの世には自分の姿と同じ天国地獄ががあるということだけは、未だ知らない、信じられないと言う友人や兄弟にも早く教えてあげたいでと思いました。脳死者の臓器移植には胸が痛みました。医学界の方がたには一日でも早く読んでもらいたいと思いました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ウツが治り、自殺願望が消え、人生感が変わりました。
目から鱗とはまさにこの事。
圧巻、感動、感謝・・・

死にたい人ほど読んで欲しい。 どうか死ぬ前に読んで欲しい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover