永遠のこどもたち [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

永遠のこどもたち [DVD]

5つ星のうち 4.1 46件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 991 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 552 (36%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 975より 中古品の出品:1¥ 2,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で永遠のこどもたち (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【DVD どれでも3枚3,090円】 ※Amazon.co.jpが販売している商品のみ、セール対象となります。マーケットプレイスの商品は対象外となります。セール対象商品を今すぐチェック。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 永遠のこどもたち [DVD]
  • +
  • パンズ・ラビリンス [Blu-ray]
総額: ¥3,668
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: べレン・ルエダ, フェルナンド・カヨ, ロジェ・プリンセプ, マベル・リベラ
  • 監督: J・A・バヨナ
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2012/05/09
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 46件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B006QJSZU6
  • JAN: 4988102062699
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 16,686位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

あの感動との再会を
新たな感動との出会いを

ユニバーサル 100周年
ユニバーサル シネマ・コレクション DVD


鬼才ギレルモ・デル・トロが放つ、スペインの感動ダークファンタジー!

【キャスト】
べレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ロジェ・プリンセプ/マベル・リベラ

【スタッフ】
製作:ギレルモ・デル・トロ/監督:J・A・バヨナ

制作年:2007年

(c) Rodar y Rodar Cine y Television, S.L / Telecinco Cinema, S.A., 2006

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ製作、『海を飛ぶ夢』のベレン・ルエダ主演で描いたダークファンタジー。孤児院を再建するため、ラウラは家族と孤児院に移り住むが、ある日息子が姿を消し…。“ユニバーサル・シネマ・コレクション”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
先に『ロスト ボディ』を観て、その製作チームが過去に作った作品として『永遠の子供達』を知ったのですが、安定の面白さ。 ラストの種明かしに納得感がありますね。
ラストのドンデン返しが かなりの力技 って作品が多い世の中では この映画は《まとも》な方だとだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
悲しくも美しい映画です。ホラーと呼ぶのはちょっと・・個人的にとてもいい映画でした。ラストの屋敷にいる子供たちが大人になっている主人公に歩みより話すシーンではとても切なく涙が溢れました。グロい・びっくり系のホラーとは全く違います。ヒューマンドラマ+ファンタジーかな?
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
ネタバレになるので細かい事は書けませんが、何気無いシーンが最後に繋がるあたり、あー、そうだったのかって思う。
自分に子どもが出来てから再見して更にそういったシーンに号泣です。
子どものことを守ることが親の務め。
守れるだろうか。
いや、永遠の子どものほうが幸せな世の中じゃないだろうか、などと逃げの手も打ったりして。
怖くて悲しくて、悔しくて、でも優しい気持ちになれる不思議な映画。
何度も見たくなる。

邦題はなかなか優秀だと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ただのホラーでもサスペンスでもない。哀しいファンタジックな要素と温かいヒューマンな要素と・・・美しい映像と音楽に感動した。
細かいツッコみ所はあるけれど、作品全体は秀作だと思う。観て良かった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
面白かった。展開が想像つかなくて、どうなるんだろう、どうなるんだろうと思いながら観ていた。ラストまでそれを引っ張れるだけでも大したもんだ。

最初は、トマスが怖い子で、悪い子だから、シモンをその世界へ引きずり込んじゃうんだと思ったんだけど、そうじゃなくって、かわいそうで寂しい子だったんだねぇ。だから、トマスの母親・ベニグナが起こした行動もわからなくもない。絶対にやってはいけないことだけどさ。子供って、素直だから、残酷なんだよね。思ったことはすぐ言っちゃうし、すぐ行動しちゃう。トマスが嫌いだったから洞窟に置き去りにしたのではなく、ただ、ちょっとからかいたかっただけ。しかし、そこでトマスは命を落としてしまう。子供って、残酷なんだよなぁって思うし、そのことに大人が気付いてやれない悲しさも感じる。

悲しいのは、孤児院で集団で子供が亡くなっているのに、近所の人間は誰もその事実を知らないという現実。もし、近所の人たちが知っていたなら、シモンの事件があった時に「あぁ、あそこの孤児院だったら、前にもこんな事件があって…」という話になるはずなのに、そうはならない。ベニグナがそこで働いていたことも知られていない。それこそ彼らは、一歩孤児院の外に出れば、本当に身寄りのない人たちになってしまう。だから、孤児院が彼らにとっての世界であり、全てだった。彼らが、そこから
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
ホラーとしての恐怖よりも、「孤独」について思いました。寂しさは「生死を超える」ことが描かれます。あまりにせつない話。家族そして家庭の温かさを再認識しました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
美しく残酷で哀しく・・・
そして暗さの中に静かな優しさにも満ちている。

この作品の最も素晴らしいところは、怖がらせでも、美化するでも、変に同情的なお涙頂戴にもって行くでもなく、霊を善でも悪でもなくただ生前のままにそこに存在するものと自然に扱っているところだ。
それ故派手さは無くどうしても地味な作風となるが、同時に隅々まで隙の無い緻密さも兼ね備えている。
霊の実在を明らかにせず、妄想か現実かの結論は見る者の心に委ねられているところもこの作品の素晴らしさだ。しかもただ委ねられているのではなくどちらの結論でも納得し得る秀逸さ。
ただ私は妄想と交錯する何かが存在してくれる事を望む。実際、現実にそうした体験にみまわれる時ってそうしたものだと思うし、よりリアル感が増すから。

怖さに関する表現は日本のホラーの演出に通じるものがあり、空気感による恐怖は日本人の肌に合いやすいと思う。

個人的に一番怖いと思うのはスペイン版「達磨さんが転んだ」あの状況で相手を承知であれをやれる無謀さは・・・想像するだに恐ろしいです。無理ムリむり!!母親の愛と必死さの為せるわざですね。それともホラー映画故でしょうか?

ラストの母親の選択はある部分怒りを覚えるが、そうせざるを得ない気持ちも痛い程胸
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。氷室 京介