Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 67の割引 (11%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[さくらももこ]の永沢君 (IKKI COMIX)
Kindle App Ad

永沢君 (IKKI COMIX) Kindle版

5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 607 ¥ 83

紙の本の長さ: 206ページ 永沢君 (IKKI COMIX)と類似の本

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

花輪君がクラスの女子と音楽の話をしていたのを立ち聞きした永沢君。花輪君が口にしていた「ブートレッグ」という言葉はおろか、その日本語「海賊盤」の意味さえ分からない。もちろん、いちおう親友の藤木君も知らない。「ボクたちは言葉を知らなすぎる」と危惧したふたりは、さっそく勉強のため図書館に行き、本を借りることにする。永沢君が選んだのは『若きウェルテルの悩み』、藤木君は『車輪の下』だ。しかし、案の定すぐにふたりは読書にあきてしまうが、ふと永沢君は視線を感じる。前の机に座っているかわいい女の子が、自分を見ている!?そこで永沢君は藤木君だけを帰し、ひとり図書館に残るのだが…。
さくらももこが、以前スピリッツに掲載して単行本化された必笑の書が、新装版になって「IKKI COMIX」から堂々配信!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 60157 KB
  • 紙の本の長さ: 208 ページ
  • 出版社: 小学館 (2003/4/30)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00COKM2K0
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
永沢のシュール感と周りのキャラクターが最高に面白い。ちびまる子はまるこが良い子キャラになってしまったので、永沢にはこの嫌われキャラを永遠に続けていただきたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
TBSのドラマと見比べて読むと、また一興です。
どうしても小杉君が大島に見えてしまう・・・。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ご存知、永沢君を主人公にした作品です。

まるちゃんやたまちゃんは回想にちょこっと登場するだけです。

登場するキャラクターは濃く、特に永沢君の毒舌っぷりには磨きがかかっている。

誰もが持っているダークな一面を、表面に掘り出すような発言を平気でする永沢君、まったく手加減ないです。

途中、言い方は悪いですが、「腐ってやがる・・・」とまで思わせるほど。これがこの作品の魅力です。

藤木君も変わりませんね。彼が卑怯な性格になったのは、永沢君の影響もあるでしょう。

永沢君が好きな人はぜひお勧めします。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
登場人物は、永沢君、藤木君、小杉君です。皆、それぞれ独特のキャラで、それ相応に屑なんですが、どこか憎めません。愛されキャラたちですね。彼らが中学生の頃のお話です。よって、まるちゃんは登場しません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ラジオ、というエピソードが最高でした。スカンジナビアとやらは、ちょっと訳がわからなかったような…。永沢くんに関するエピソードはどれも期待通りでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
すごくおもしろかったです。
「ちびまる子ちゃん」の頃から、地味なくせに皮肉屋で毒舌は天下一品。
見た目も怪しげ、でも憎みきれない絶妙キャラだった、あの永沢君が主人公!
中学生になり、恋のネタや進路のネタも入って新鮮です。
おなじみのキャラも沢山で、特に城ヶ崎さんの悪趣味がとてもツボでした 笑
最終話の締めも絶品!!超うけました!
男女関わりなく、好みが合えば楽しめると思います、軽めの?ブラックな笑いが好きな方はぜひ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公の永沢君が酷い性悪で内容もとっても厭らしいんですが・・・何故か後味は悪くありません。
後味が悪くない理由は
・藤木が本編程可哀想ではない
「ちびまる子ちゃん」本編ではそこまで卑怯でもない藤木君が中学生では本物の卑怯者になってます。永沢君もネチネチ責めるでもなくぼそっと嫌味を言う程度ですので藤木には順当なアタリと言えます。藤木は既に永沢を友人と思っておらずちょこちょこ永沢を裏切っていますので藤木を馬鹿にしている永沢とは対等の友人関係を築いています。藤木に悪者に仕立て上げられ(永沢に仕組まれたこととはいえ)永沢に修学旅行を台無しにされた小杉君が一番可哀想な役回りです。「永沢くん」ではちょっと愚鈍なだけの良い奴なのに・・・。
・永沢がしっぺ返しを食らう
修学旅行や卒業式に永沢がちゃんと嫌な目に遭います。「愚鈍と卑怯に同情される前に二つとも自分から捨てた」ことでプライドを保ちながらもゲシュタルト崩壊寸前の永沢君の表情には笑えます。ちびまる子ちゃん本編なら「一緒に同じ高校行こうぜ~~!まさか僕を見捨てて自分だけ第一志望の進路に進もうなんて思ってないよな?ずっと卑怯な君と友達でいてあげたんだ。今度は君が僕に付き合う番だぜ。」と永沢に脅されて藤木が無理矢理馬鹿高校に進路変更させられる胸糞ENDだったかも知れませんがこっちの藤木は永沢の支配下
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
シュールな話のに、吹き出して笑ってしまった。
性格悪すぎ。なのに端からみてるとこんなに愉快!それは永沢を下に見るからか!はたまた永沢の中に自分を見るからか!

まぁ、そんなこと考えなくても単純に面白いので読むべし。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 我々は地球人です 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/7/13
形式: コミック
永沢君の中学生時代をクローズアップして描いた「ちびまる子」の番外編。
「ちびまる子」の野口さん初登場の回を思い浮かべてもらえれば分かると思う。あれを更に発展させたような漫画。「…さくらももこもすっかりエッセイストになってしまった…残念だ」と思っていたらこんなに黒くてシュールなブラックコメディを昔描いていたとは(笑)「ピューと吹くジャガー」という漫画にもっと黒さと気だるさを足したような作風の漫画だと思えばイメージ湧くような気がする。…ちょっと一言でこの漫画の面白みを表現するのは不可能ですな。アダルトな笑いです。言うなれば。不条理で黒い笑いが好きな人はもう買うしか無いでしょう。私はもうこういう漫画や映画が無いと死んでしまう人なのでそれはもう堪能しました。似たような人は是非。飲み物を飲みながら観るのは関心出来ません。吹き出す可能性が高いので。
もうこういう漫画大好きです。
もっと描いて下さい。さくら先生。エッセイばっかり書いてないで。
星五つ。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover