¥ 5,400
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
水源―The Fountainhead がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

水源―The Fountainhead 単行本 – 2004/7/8

5つ星のうち 4.5 59件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,400
¥ 5,400 ¥ 3,041

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 水源―The Fountainhead
  • +
  • 肩をすくめるアトラス 第一部
  • +
  • 肩をすくめるアトラス 第二部 二者択一
総額: ¥9,396
ポイントの合計: 275pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

グリーンスパンFRB議長が、若き日に心酔し、信奉した偉大な女性思想家であるアイン・ランド。ランドが創設したアメリカ保守思想の一つの大きな流れ「リバータリアニズム」の考え方を具体的に描き出した小説が本書『水源』である。1943年の発表以来、現在もアメリカで読み継がれ累計500万部を超す大ロングセラーの本邦初訳。

1922年の初夏、主人公ハワード・ロークは建築工事労働者をしながら建築家めざして苦学しながら通っていたマサチュセーッツ州にあるスタントン工科大学を退学になる。学業は優秀だし才能もあるが、大学で教えられる建築学に異をとなえたことから教授達の怒りを買った。ローマ時代やルネサンス時代などの古典建築を現代風にするだけの建築学に彼は満足できない。その建築物の機能を最大限に活かすデザインと建築法と素材を妥協なく彼は求める。かれのデザインと見解は、教授達にはそれまでの建築の美意識を否定する傲慢さに見える。彼は私淑していた高層建築家であり、今は落ちぶれているヘンリー・キャメロンのニューヨークにある建築事務所に就職する。ロークにとってキャメロンは真に才能あるプロなのだが、時代はキャメロンについていけない。同様に、キャメロンを理解できるロークの仕事も、また理解されない。小説は、彼が一流の建築家として名実ともに認められる約18年間の苦闘を時間軸に沿って、舞台を主にニューヨークにおき、描いている。この小説は単なる成功物語ではない。ロークの建築観は彼の世界観、人間観、人生観と結びついていて、それらは彼の生きる時代ばかりでなく伝統的それらと真っ向から対立する。この小説は、ロ-クの思想闘争でもある。小説は、彼と3人の男と1人の女との関わりを通して描かれていく。

内容(「BOOK」データベースより)

ハワード・ロークという建築家のサクセス・ストーリーでもあり、ロークとドミニクという、とてつもなく硬派で風変わりな恋人たちの物語でもあり、ロークを中心としたワイナンドやマロリーやマイクやキーティングや、そしてトゥーイーをもめぐるホモソーシャルな男同士の絆と愛憎を描く一種のゲイ・ストーリーでもある。しかし何よりも、この小説は政治思想小説である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 1037ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2004/7/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828411321
  • ISBN-13: 978-4828411323
  • 発売日: 2004/7/8
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 122,572位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
まだ読んでませんが
手に取ってパラパラとめくってみただけで何かワクワクした気持ちになります
長い休暇を取って一気に読みたいと思います。
最近はもっぱら電子書籍ばかり読んでいるのですが、
たまにはこういう物理的に分厚くて重たい本を手にとると
やはり本は紙かなと思ったりもします
購入した動機はこの本を読めばアメリカ人のマインドセットの
ようなものを理解できるのではと思ったことです
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本が届けられたとき、あまりの厚さに驚いた。2段組で1037ページ。
まるで辞書だ。持ち歩くのが大変。
でも読み始めると、魅力的な登場人物とストーリーの面白さに引っ張られて
サクサクと読み進められた。重さにも負けず毎日持ち歩いて暇さえあれば読んだ。
が、最後の場面でがっかり!
え〜〜〜!?気持ちはわかるけど、でもさあ!と心で叫ぶ。
いっきに盛り下がってしまった・・・。
小説としてはものすごく面白いし、おすすめ。
考え方は刺激的だし、利他主義の胡散臭さなどはとても納得できるのだけれど
この考え方をそのまま実生活に受け入れるのは無理があると思う。
アメリカで大ロングセラーだそうだけど、このまんまの考え方の人がたくさん
いるとしたら、ちょっと怖い気もする。
私の理解が足りないのかなあ・・・。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
なんともサディステックでマゾ的な登場人物達ですね。風変わり、一種のゲイ・ストーリーと記されてますが、エルスワース君、さっさと白状しちゃえよ!証拠はてんこ盛りじゃないのか?

ドゥルーズ著、蓮實氏訳「マゾッホとサド」を参考に読まれると良いかも。

物語の時代が世界大恐慌を挟んでいるので、グリーンスパンに影響を与えたとは皮肉にもバブル崩壊、リーマンショックを経てうなづけます。司馬遼太郎著「坂の上の雲」がお好きな方には合わないでしょうね。

もっとも両作品共に長編という点では異論はないと思いますがね。

因みに私は日米比較を念頭に両方読んでみました。読後、認識は変わりました。武士道、大衆、護送船団方式、ジョック、サイドキックス、ブレイン、ヒラリークイーン、トランプ大統領…アメリカンジョークは好きです。特にきついブラックジョークがね。

経済を視点に読まれると又面白いと思います。

私はオススメですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
こんなことを思った事はないだろうか。
「今、生きてる事がつらい。このまま生きて行って果たして私は幸福になれるのか?
心のままに生きていいの?やりたい事に、チャレンジしていいの?」

世間の期待に応えようと、自分を必死に殺してはみたものの死にきれず、
生殺しの自分を持て余し、世間への惰性なる義理立てとの板挟みになってるそこのアナタに、『水源』を推す。
これを読めば気付くはずだ。
アナタが本当に欲しいのは、甘ったるく耳障りいい一時しのぎの「麻薬」ではない。
ハワード・ロークの言葉はまさに水源より溢れ出る真水のように、アナタの心を芯から深く潤すだろう。

仕事とは何か。ハワード・ロークは言う。
『僕がそこに喜びを見出せないのならば、僕は六〇年の拷問に僕自身をゆだねることになります。(P.19)』

物語の終盤、大学を卒業したての名もなき若者が登場する。
若者は、『人生が生きるに値するものかどうか、決めたいと思っている。(P.728)』
彼の渇望は、ほとんど祈りのようだ。
『君の幸福を僕に見せてくれ……それが可能なのだということを示してくれ……
君が成しとげたことを見せてくれ……
そうすれば、それを知りさえすれば
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
20代の頃、友人にプレゼントしてもらい読みました。
当時は主人公ロークやドミニクを応援しながら読んでいたはずなのに、私の心に強く残っている人物はエルスワース.トゥーイー!
知識人として表に立つ彼の煽動力、破壊力、ずるさその他諸々は今でも私達が気をつけるべきもの。

とにかく、すべての登場人物から学ぶべき事があります。

稚拙なレヴューで申し訳ないのですが、ぜひ若い方々に読んでもらいたいです。
主人公ロークの様には中々なれませんが、私の印象では彼の生き様は淡々、かつ爽快。
勇気が湧いてきます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー