通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
水戸黄門は“悪人”だった がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇初版(2002年2月) 帯なし カバー、本体、本文ともキレイです ほとんど使用感ありません 経年を感じさせない良い状態です  ◇アマゾン専用在庫 ◇臨時休業日を除き、通常24時間以内に日本郵便のゆうメール便で発送 ◇除菌清掃後、濡れ対策のためビニール袋+封筒の二重包装で石川県より発送 ◇内容が重複するため注文確認メールは割愛します 発送完了後、アマゾン経由でメール連絡します
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

水戸黄門は“悪人”だった 単行本 – 2002/2

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 363

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 水戸黄門は“悪人”だった
  • +
  • 戦争中は“極楽”だった―記憶ファイル・村の1940年代
総額: ¥3,024
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

葵の御紋が大嫌いで人殺しが大好きな「黄門さん」の実像に迫る。

内容(「MARC」データベースより)

年貢を納めさせるため百姓を拷問責め、衆人環視のなか笑いながら家老を刺殺…。天下の副将軍の素顔は悪代官だった! 葵の御紋が大嫌いで、人殺しが大好きな「黄門さん」の実像に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 187ページ
  • 出版社: 第三書館 (2002/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4807402048
  • ISBN-13: 978-4807402045
  • 発売日: 2002/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 233,094位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/3/8
形式: 単行本
タイトルは少々独善的だが、数々の資料を例にとり、郷土史の立場から光圀像をさぐる、まじめな本である。テレビの水戸黄門を史実と思って見る人はまずいないと思うが、土地に伝わる水戸光圀の人物像は、これほど違っているのかと、まず驚かされた。史実に基づいて、水戸黄門ヒーロー伝説の矛盾点を解き明かしていくのを、興味深く読んだ。しかも、光圀の悪政の影響が、地元ではつい最近まで生き続けていたらしい事が、驚きである。光圀批判にとどまらず、生きた江戸時代をも見せてくれる。また、個性的な著者の語り口が、軽妙で愉しい。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック