通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書込みなし、帯つき、帯・カバー多少イタミ、多少経年の影響ありますが、本文自体には目立つイタミもなく、十分ご活用頂けます。迅速発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書) 新書 – 2007/2/25

5つ星のうち 4.4 44件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 80

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)
  • +
  • 水の常識ウソホント77 (平凡社新書)
  • +
  • ニセ科学を見抜くセンス
総額: ¥3,532
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介


「水に“ありがとう”と言うと美しい結晶ができる」「波動水やマイナスイオンは健康に良い」「磁石で水は活性化する」…それってホント?
科学的根拠がないのに、いかにも科学的であるかのような顔をして世にまん延する“怪しい水ビジネス”を、
検定外教科書のベストセラーで知られる科学教育の第一人者が徹底検証します。
科学が苦手なあなたにも、「ニセ科学」にダマされないための視点や知恵がしっかり身につく一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

「水に“ありがとう”と言うと美しい結晶ができる」「マイナスイオンは健康に良い」「磁石で水は活性化する」…それってホント?検定外教科書のベストセラーで知られる科学教育の第一人者が、怪しい水ビジネスを徹底検証。まん延するニセ科学を喝破する!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 182ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2007/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 488759528X
  • ISBN-13: 978-4887595286
  • 発売日: 2007/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,284位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2009/4/11
形式: 新書 Amazonで購入
水に関しての様々な疑似科学を紹介してそれについての検証を行い、科学リテラシーを身につける必要性を説く本です。タイトル自体に「水は答えを知っている」という本への批判がこめられています。

「ありがとう」と書いた紙を貼った容器で凍らせた氷の結晶はきれいで「ばかやろう」と書いた紙では汚い結晶になるというような説を多くの先生方が信じて広めていたというのはなかなかすごい話ですが、この本を読んでから、ここで批判されている江本勝氏の本のレビューを読んでみると、さらにいろいろ考えさせられます。

一般向けに易しく書いてあり、分量も少なめなので、科学関連の本を読みなれていない方でも敷居は低いと思います。ただ、水というのはその固有の分子構造のために反応性の高い様々な性質を持った物質なので、本書の説明だけではちょっと物足りないと思う方もいるかもしれません。さらに詳しく知りたい人のために参考文献リストを充実させたりする工夫があっても良かったのではないかと思います。

本書は2007年の発売ですが、その後も「血液サラサラ効果」に代表されるような新たな擬似科学が登場しています。また、本書に詳しい解説はないのですが、末期ガン患者の中には疑似科学商品に大金をはたいている人たちが多くいることもよく知られています。笑えない話です。次々新手が出てくるこのような
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
同志社女子大教授による、水を題材にした科学リテラシーの啓蒙書。『水にありがとうと言うと美しい結晶ができる』と主張する江本勝氏の書を根拠のない疑似科学として糾弾しているほか、『体にいい○○水』を謳い文句にした”水商売”についての注意を喚起している。180ページ程度に文字数を抑え、一部難解な言葉はあるものの、可能な限り平易な文章を心がけていることで、中高生以上であれば2〜3時間で読破可能。

本書は水についての基本知識と悪徳商法を糾弾する内容となってはいるものの、基本的には科学リテラシーの書であり、超常現象を題材にした菊池聡氏や安斎育郎氏と立場は同じである。本書のメッセージは、心地よい響きの謳い文句に短絡的に騙されずに、合理的・科学的に物事を考える習慣を身につけることが重要であるとしていることである。先の商法に騙される人の知性レベルに併せた内容でわかりやすく記述されている点も良心的である。

敢えて難点を述べるならば、似非科学を糾弾する根拠として、具体的なデータを挙げなければ場合によってはまさに”水掛け論”になってしまうと思われる点があること。たとえば、○○水はいいことが科学的に証明されたとする発表にたいし、そうではないことが○○研究所によって確認されたという記述のみではややパンチ不足であるように感じた。それぞれの根拠・データを並べて検証するよう
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ドラゴン ポルト トップ1000レビュアー 投稿日 2007/3/6
形式: 新書
最近、「水」についての奇妙な説が横行していましたが、それに対しての非常に良心的な反論の著作です。ちゃんと科学的な観点から書かれています。

教育の現場にまであの非科学的な話が持ち込まれていたことには、驚きを禁じえません。

ぜひ本書を参考にして、良心を再度目覚めさせてほしいものです。理性を取り戻しましょう。
1 コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
「左巻先生、よくぞ書いてくれました!」と、快哉を叫びたい気持ちです。科学の心得(科学リテラシー)が多少でもある人がこの本を読めば、巷にあふれる怪しげな「水」商売の何処がどうインチキなのかが良く分かります。最初の章は抱腹絶倒しました(と同時に空恐ろしくなりました)。他、色んな名前の水(πウォーター、クラスターの小さい水、トルマリンを使った水…)のいい加減ぶりを概観できます。(昔流行った"アルカリイオン水"は名前が変わっていたんですね...これは驚き!) また豆知識にも富んでいます(例:食品の酸性・アルカリ性の意味)。
問題は、科学リテラシーのない読者が本書を手にとって読むだけの好奇心と理解力を持ち合わせているかですね。その意味で、水の物理的・化学的説明は文章だけでなく、イラストなどを多用しても良かったかも(特に本の前半、ここは文章がずっと続くので。氷が出来る仕組みなどは図解も入れた方が親切では?)。あと、巻末に怪しい水商売やエセ科学に関するWEBサイトを紹介しても良かったかも。(『水商売』を『ウォッチング』しましょう) また、エセ科学に騙されないための一般論も解説しても良かったのでは?(カール・セーガン著「人はなぜエセ科学にだまされるのか」の『思考キット』など。相関関係と因果関係の違いが言えない人は要注意ですょ) 以上を総合して★4つです。
(注:『 』部分はGoogle検索すれば見つかります)
コメント 149人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー