¥ 2,484
通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
水の未来 世界の川が干上がるとき がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

水の未来 世界の川が干上がるとき 単行本 – 2008/7/24

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 138

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 水の未来 世界の川が干上がるとき
  • +
  • 水の未来――グローバルリスクと日本 (岩波新書)
  • +
  • 水の世界地図 第2版 刻々と変化する水と世界の問題
総額: ¥6,134
ポイントの合計: 111pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2008年7月、洞爺湖サミットが開かれ、地球環境問題に対する世間の意識は、非常に高まりました。ただし、残念ながら、いま環境問題とはイコール地球温暖化、とみなされがちです。実は、人類にとってもっとも深刻かつ緊急の環境問題とは、「水の危機」なのです。

本書では、いま世界中でおきている「水の危機」の現状を詳細にレポートし、その原因を追いかけます。著者のフレッド・ピアスは、英国の著名な環境ジャーナリストで数十年にわたって、この「水の環境問題」について追いかけてきました。本書は、著者の「水の環境問題」に関する集大成であり、また、2008年7月時点で日本語で手にはいる最も良質かつ重要な環境問題の入門書です。

なぜ、「水の危機」が人類最大の環境問題なのか。著者は具体例を引きながらこう解説します。

人類の文明はすべて「川のほとり」で立ち上がった。それは農耕文明を成立させるために、大量の安定的な水が不可欠だったためであり、また大量の人口を養うためには、飲料水や物流インフラとしての川が絶対条件だったから。ところが、アフリカ、アジアを中心とする人口の急増の結果、もはや農業を維持する水は使い果たされようというのが現状。川は干上がり、湖は底を見せ、地下水は枯渇しようとしている。このままでは、人類の胃袋を満たす食料生産は危うい――。

すなわち、水の環境問題は、人類の食糧問題と直結しているわけです。まさに、「いますぐに解決しなければ、人類の滅亡と直結する」のです。ちなみに、「地球温暖化」は、気候変動をもたらすため、地域によっては雨不足を招き、この危機の拍車をかける可能性がある、というわけです。一方で、地域によっては、大雨や台風が頻発するようになり、河川流域や海岸低地の都市が、深刻な水被害に合うケースも増えてきています。

著者ピアスは以上の「水の環境問題」について、水文学(すいもんがく)の見地から、詳細なレポートをベースに冷静な分析を行い、処方箋を探ろうとしていきます。

なお、本書の解説では、日本における「水の環境問題」の第一人者、沖大幹東京大学教授が「日本と水の環境問題の関係」について執筆しています。こちらも、水の環境問題を考えるうえで必須の参考文献です。

内容(「BOOK」データベースより)

あなたは、1年間で2000トンの水を消費している。「地球温暖化」より深刻かつ緊急な危機、それは「水の環境問題」なのです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 508ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2008/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822246892
  • ISBN-13: 978-4822246891
  • 発売日: 2008/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 60,344位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 現代の日本では、「水」と言えば夏の渇水の話題は上ることはあるが、それもごく一時的なもので、普段はあまり意識せずに、事実上使いたい放題である。
 ところが、世界に目を向けると、大変な事態が進行している事実に驚かされる。

 本書は、水をめぐる世界各地の現状を、著者のフィールドワークを通じて明らかにし、地球温暖化にある現代の水資源の課題を浮き彫りにしていく。

 10年間かけて出来上がった本だけに、その内容は詳細かつ具体的である上に、説得力がある。
 それにしても、現代の科学技術を駆使した巨大プロジェクトによる水の管理はいかにもろいものか、いくつもの事例をあげて我々に示してくれる。インダス川に作られたダムと灌漑設備による塩害と三角州の消滅。アメリカとメキシコの国境に流れるわすれらた川と呼ばれるリオグランデ川。「共有地の悲劇」にあるインドの地下水。リビアが巨費を投じて作った不完全な水のパイプライン。国際援助によって作られた井戸によるフッ素とヒ素により汚染された水により体を蝕まれているインドやバングラデシュの人々。供給量よりも遙かに多くの取水により枯渇しつつある帯水層の地下水。上流地域の灌漑により減少し続ける野生動物の楽園であった湿地帯。ダムができて返って氾濫するようになったチャド湖周辺。灌漑のために作られたダムのために乾燥地帯
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
洞爺湖サミットで、地球環境問題に対する世間の意識は、非常に高まりました。しかし、残念ながら、いま環境問題とは地球温暖化問題なのだ、と多くの人が思っています。実は、人類にとって最も深刻かつ緊急の環境問題とは、「水の危機」なのです。

本書では、いま世界中でおきている「水の危機」の現状を詳細にレポートし、その原因を追いかけています。
著者のフレッド・ピアスは、英国の著名な環境ジャーナリストで数十年にわたって、この「水の環境問題」について追いかけてきている。本書は、著者の「水の環境問題」に関する集大成であり、また、現時点で、最も良質かつ重要な環境問題の入門書である。

なぜ、「水の危機」が人類最大の環境問題なのか。著者は具体例を引きながらこう解説します。

すなわち、水の環境問題は、人類の食糧問題と直結している。まさに、「いますぐに解決しなければ、人類の滅亡と直結する」のです。ちなみに、「地球温暖化」は、気候変動をもたらすため、地域によっては雨不足を招き、この危機の拍車をかける可能性がある、というわけです。一方で、地域によっては、大雨や台風が頻発するようになり、河川流域や海岸低地の都市が、深刻な水被害に合うケースも増えてきています。
著者は以上の「水の環境問題」について、水文学の見地から、詳細なレポ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者はイギリス人なので、日本人とは水に関する感覚は違うところもありますが、
世界の川が干上がるときとの副題で次々と実例が上げられ、しかもそれらは、
著者自らがフィールドワークで集めてきている情報であり非常に説得力あるものです。

しかし、読み進めるほど非常に暗い気分へとおちこみます。
そこには環境問題だけでなく、人間のエゴという人間の一面も見え隠れします。

このままこの本は終わってしまうのかと思うと
31章から最後までは、今後我々人類がこの地球上で生き残るのに不可欠な水との
つきあい方のヒントが示されて、希望の光が見えて本は終わります。

昨今の日本でもゲリラ豪雨等水に関する問題がクローズアップされてきており
もはや他人事ではなく、本を読ん我々に何ができるかを考えて、何か動き出さねば
と感じさせる本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ポンプで地下水を汲み上げたり、ダムで水を蒸発させたりするより、雨水を利用し、地面浸透で地下水面を上げることの有効性が、世界中の事例で述べられています。

小生の印象に残った点は以下です。
・農業は、生活用水より、多大な水を使う。
・ハンバーガー1枚(114g)に11,000Lの水が必要。仮想水を食品に表示すべき。
・イスラエルは、ヨルダン川の水源地を確保するために「六日間戦争」を起こした。
・上流・下流の水争いは、戦争の要因になる。(インド/パキスタン)
・ダムやコンクリートの護岸は、経済効果がマイナス。湿地や氾濫原が、農業や漁業などで地域経済に多大な恵みをもたらす(カンボジア)
・ベルリンは、条例で排出水を規制している。ビルは雨水を溜め、水洗トイレ等に利用。地面に染み込ませるのが大事(ドイツ)
・「自分が使わなければ他人が使う」と不可逆な地下水をポンプで汲み上げ地下水面をどんどん下げて川を枯れさせるのは「共有地の悲劇」(インド)
・ダムは、運用によっては大きな洪水を引き起こしている(中国)
・ダムがあると肥沃な土が下流に流れてこない。
・ダムや用水路からの水の蒸発量は多量。地下水路(カナート)は有効(イラン)
・ロサンジェルスでは、はるか遠くから水を引
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告