中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s8051a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

水の戒律 (創元推理文庫) 文庫 – 1993/4

5つ星のうち 2.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【マカヴィティ賞最優秀処女長編賞受賞】
夜遅く水浴場で洗濯機を回していたリナは、不審な悲鳴を耳にした。猫の声? だが表で彼女が見たものは、服を引き裂かれ全身泥だらけになって横たわる友人サラの姿だった……。敬虔なユダヤ人コミュニティを襲ったレイプ事件。それがもたらした動揺と緊張を描いてマカヴィティ賞最優秀処女長編賞に輝く大型新人のデビュー作。シリーズ第1作。

内容(「BOOK」データベースより)

夏の闇をついて一件のレイプ事件が発生した。現場は、地元民がほとんど足を踏みいれることのないユダヤ人コミュニティ。厳格な戒律に従って敬虔な毎日を送っていたはずの彼らが、なぜこのような事件を引き起こしたのか?立ちはだかる宗教の壁を前に、未成年犯罪担当のデッカーは困難な捜査を強いられるが…。マカヴィティ賞最優秀処女長編賞に輝く、スリリングなデビュー作。


登録情報

  • 文庫: 424ページ
  • 出版社: 東京創元社 (1993/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488282016
  • ISBN-13: 978-4488282011
  • 発売日: 1993/04
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 849,462位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
ユダヤ人コミュニティでおこったレイプ事件がきっかけて、コミュニティ一の美人リナを巡る犯罪が幕を開ける・・といった物語。

確かに、良くできていると思う。だが、作者はレイプ事件の被害者の立場に立って物語を展開しているわけではないと感じる。サスペンスものや近年の探偵ものにありがちなことなのだが、読者の犯罪事件に対する興味本意、恐いもの見たさを刺激するためにレイプやユダヤ人差別のような弱い物虐めの題材を引っ張ってきたのではないかとすら思ってしまう。

というのも、黒人女性が異常な方法で殺害されたり、連続レイプ事件で傷ついた人たちの酷い末路が強調されたりすると、常にデッカー刑事や他の男に守られているくせに個人的な恋愛の悩みに苦しむリナの様子を滔々と綴られるのを見るだけでうんざりしてしまうのである。
(デッカー刑事もユダヤ人だし・・恋愛しか見所のない少女漫画を読んでいる気分だった)

・・というか、絶世の美人(リナ)以外は守ろうとしない独身男どもって・・

ユダヤ教やユダヤ人について知りたいなら、専門書を読んだ方がいい。いっそユダヤ教コミュニティに滞在してみたらどうか。
適当な本を読んでわかったふりをするよりはずっといいはずだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品をサスペンスとして読むならば期待していたほどの感動はないかも知れない。ことにユダヤ人社会やユダヤ教というものに知識がないと真にこの小説を理解することは難しいだろうと思われる。特にこの第1作はユダヤ色が濃厚なので好き嫌いが大きく別れるかも知れない。
サスペンスの形態をとってはいるが、あくまでも背景として読んだ方がよい。実質的なテーマはリナとピーターとの大人の恋愛である。二人のプラトニックな雰囲気は現代社会にはないみずみずしささえ感じさせてくれる。リナとピーターのシリーズ物の最高作としてお薦めである。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 恋愛太郎 トップ1000レビュアー 投稿日 2013/5/14
形式: 文庫
ロスアンゼルスのユダヤ人コミュニティで起きた事件、というものに興味を持ち、この本を読んでみました。
随分変わったユダヤ人コミュニティなんですね。
ミクヴェ? こんなのヨーロッパの中世のユダヤの習慣だと思っていたのに、アメリカでは実施されていた?
塀で囲まれ、一般のアメリカ人とは接触を断った社会。
インディアナのアーミッシュの村を思い出してしまいました。あの当たりは原始宗教が残っている地域なんですが、ロスアンゼルスにも本当にこんな村があったんでしょうか。1980年代だとあったのですかね。
それにしてもあまりにも特殊な世界を描いていると思いました。
正統派のユダヤ教徒など全体の2割くらいでしょう。
ほとんどのユダヤ人は世俗的な、もしくはユダヤ教を捨て去って、ただユダヤ人という意識だけがある人だと思います。なんだかんだいっても、ある種の教育を受けているから、ユダヤ教徒以外と生活したり、結婚をするのはある種の制限を伴います。
ましてや、正統派のユダヤ教徒なんかとは異教徒は結婚出来ません。

本当なのかどうか分りませんが、この本を書いているケラーマン夫妻は正統派のユダヤ教徒なんだそうです。そして、自分達がうけてきた差別をこの本で、社会に訴えたかったのでしょうか。しかし、こんな本を書けば、ますま
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告