中古品の出品:2¥ 2,891より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

水に棲む花 ~ROMANCE OF DARKNESS~ [DVD]

5つ星のうち 2.3 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:2¥ 2,891より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 前田亜季, 竹財輝之助, 高杉瑞穂, 北川景子, 浅利香津代
  • 監督: 後藤憲治
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2006/09/20
  • 時間: 84 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000GIXUEE
  • EAN: 4988013180543
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 152,081位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

篠原千絵原作コミックを『最終兵器彼女』の前田亜季主演で映画化したホラーファンタジー。ごく普通の高校生が水にまつわる伝説に巻き込まれていく。生徒35名を乗せたバスが橋の上から転落する事故が起こる。乗客の中で六花だけが唯一生き残るが…。

内容(「Oricon」データベースより)

小学館漫画賞を受賞し、数々のヒット作を生み出してきた篠原千絵の原作を映画化。生徒35名を乗せたバスが橋から転落、全員死亡かと思われたが、二階堂六花だけが生き残った。しかし、六花は事故以来水なしでは生きられない身体になっていた。背中には不思議な花びらの形をしたアザができ、六花は水にまつわる伝説の渦に巻き込まれることに…

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
原作のことは一切知りませんが、とりあえず“二階堂六花”!カッコいい名前です。

ロケ地は妖しげで薄ら寒い雰囲気とかよく出ていて、とても良かったと思います。でもセットは...。

設定も決して悪くなく、せっかくきれいな映像なのに、ただ、ラストの戦いは今時の映画にしてはちょっとひどい演出で冷め冷めです。

でも、純情で美しい“二階堂六花”役の前田亜季さんは最高!決して綺麗、かわいいだけではない彼女の演技力でもってるような映画ですが、これでは彼女の魅力も半減してしまいます。低予算であれ、大作であれ、監督の演出力で俳優さんの魅力が発揮されるんですから、監督さんは責任重大です。ホントにもったいない作品ですね。

とはいっても、やっぱり前田亜季さんのファンの方ならまず文句なしに買いですね!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 jkoizumi 投稿日 2006/10/29
前田亜季に北川景子と低予算作にしては豪華すぎる

キャスティングに期待していたのだが…

原作は読んでいないのですが、水に棲むものの

伝説を紐解いていき、いざ対決というところまでは

それなりに丁寧にやっていたと思うのですが、

対決シーン〜クライマックスまではとりあえず物語を

終わらせるために端折りまくってヤットコサットコという感じです。

幽霊が出てオチになる短編ホラーみたいな感じと言えば分かりやすいでしょうか。

観終わって思ったことは、なぜこんなしょうもない脚本を読んで

この二人が出演を了承したのかということです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
前田亜季ちゃんのかわいさを愉しむ作品、と割り切りましょう。
前田亜季ちゃんはとにかくかわいいです。もちろん買いです。
それ以外に見所はありません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作とかなり違う、立夏が今までのリッカたちと言って六花に見せた女達は、たった4人しかいなく、どう見ても水泳部の4人を使っている、ラストも龍にならずよく分からない終わり方、前田亜季が出てなければ購入しなかった、唯一の良かったところは、水泳部の部室での着替えシーン、ブラが見える所くらい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック