中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆全体的にコンディション良好なきれいな本です☆中古品になりますので、多少の使用感・色ヤケ等ある場合があります☆ ご覧頂ありがとうございます。 売り上げの1部を地球の自然保護に寄付しております。 古本のリユースを通じて、大切な地球の財産である、アマゾンの熱帯雨林の保護や沖縄のサンゴ礁を増やす活動を行っているNPO法人に定期的に寄付を行っております。ご協力いただき、ありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

水に似た感情 (集英社文庫) 文庫 – 2000/5

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

作家のモンクは友人のミュージシャン達とテレビの取材でバリ島を訪れる。バリ島の大きな自然と不可思議な体験の中で、モンクの気持ちは鬱と躁の間で揺れ動く。幻想的なテイストの心安らぐ精神小説。

内容(「BOOK」データベースより)

人気作家・モンクは友人のミュージシャンたちとテレビの取材でバリ島を訪れる。撮影はスタートするが、モンク自身の躁鬱と、スタッフの不手際や不協和音に悩むが、呪術師を取材し超常現象を体験した後、モンクも落ち着きスタッフもまとまる。帰国したモンクは親しい友人たちを誘い再びバリを訪れるのだが。リアルに迫りくる幻想体験を通じ、なぜか読むほどに心安らぐ小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 297ページ
  • 出版社: 集英社 (2000/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087471926
  • ISBN-13: 978-4087471922
  • 発売日: 2000/05
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 514,062位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
アル中、躁鬱病の闘病記なんだろうが、天才的な物書きなのでそれが病気なのか才能なのか周囲にはわからないのがまた面白い。
何をゴールにするかとか、何を大事にするかとか、すごく人間的で、快楽的で、神秘的で、中島らもという人に興味を持ちました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「アポーツ」って、えっ、今まで意味を取り違えとったわ。
てっきり、らもさんがプロレス好きやから、「アポーッ」って
ジャイアント馬場の声マネかと思てた。
すんません。でも、こんな読み方でもかまへんですよね、らもさん。
「そのカン違い、あんま、おもんないな。でもまあ、かまへんか。
あんまりカチっとした読み方せんでもええで。」
って天国のらもさんなら許してくれそうな気がする。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/7/25
形式: 文庫
内容はアル中で躁病のモンクと、清流のような音を奏でるギターリスト、ソトが、テレビ番組作成の為にバリ島に訪れるというもの。「砂をつかんで立ち上がれ」で覗われるように、これは中島氏とチチ松村氏とのバリ島紀行を基にしていると考えられる。三分の二を読み終えたあたりから面白くなってきた。
人=島という哲学。…一見個々バラバラに孤立しているように思えるが、海水が無ければ全て繋がっている。地続きの一つの大地。何が起こってもおかしくは無い。…ユングの集合的無意識、意味のある偶然(→中島らも作品によく出現する「アポーツ」)
作品中には「もちろん小説だから、そのまま書くわけじゃない。人物を総とっかえして別のキャラクターを作る。起こったことはそのまま書く。ただし時系列は入れかえてぐちゃぐちゃになったパズルのようにする」という文章が出現。らもの小説の書き方が分かる気がする。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 315myv 投稿日 2004/1/16
形式: 文庫
宗教と音楽。
これを軸として、2部構成の内容になっている。
前半はバリ島での番組のロケ。後半は日本での生活。
島への回帰の思想。
これがこの話のテーマのようである。
ジェゴクを聴きながら読む事をお薦めしたい。
流れる水のイメージが浮かんだら素敵だ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
バリに旅行する機会があったので、予習に、、と思ったが、どちらかというと、旅行についてよりは「地獄のミーティング」前後や、モンクの躁鬱前後などの「個としての人の切り替わりシーン」が個人的に印象的だった。
ドラッグや、躁鬱、アルコール中毒、、特に躁状態に達したときのむきだしの表現は、こちらの気持ちもざわざわするような。

読み終えて若干毒気に当てられた感じはあるのだが、最後の、尊師の発言、人間=島であること、二でなく三であることは、自分の中にある個と個、他人との間にある個と個、そこに存在するつながりについて読み解くヒントのように感じた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告