通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
水と水とが出会うところ (村上春樹翻訳ライブラリー... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【2007年1月初刷】 コミックショック高野店と併売になる為、品切れの場合はキャンセルさせて頂きますのでご容赦下さい。 ●中古品となりますので、経年による焼けや傷みはご容赦下さい。 ●クリーニング済です。 ●ハガキ、チラシ、応募券等の販促物は付属していないものとお考え下さい。 商品状態についてのお問い合わせには迅速対応致します。 チェック漏れによる破れ・欠品・書き込みがあった際はご連絡下さい。対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

水と水とが出会うところ (村上春樹翻訳ライブラリー) 単行本 – 2007/1/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 390

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 水と水とが出会うところ (村上春樹翻訳ライブラリー)
  • +
  • ウルトラマリン (村上春樹翻訳ライブラリー)
  • +
  • ファイアズ(炎) (村上春樹翻訳ライブラリー)
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 86pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

温かかなユーモアと深い愛情、そして打ち消しがたい死の予感…詩人カーヴァーの危ういまでに研ぎ澄まされた心象世界を映し出す円熟期の詩集。

内容(「BOOK」データベースより)

人生の混乱から脱し、作家としての名声を得、詩作に還った平穏な日々。そこにはしかし、打ち消しがたい死の予感があった…。喪失感、温かなユーモア、深い愛情、崩落の予兆―短篇小説の核を成す、詩人カーヴァーの心象風景を映し出し、その円熟期の到来を告げる詩集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 247ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2007/1/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4124035012
  • ISBN-13: 978-4124035018
  • 発売日: 2007/1/1
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 390,116位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
カーヴァーの詩は感動的な詩ばかり。
彼のヴォイスは小説より、むしろ詩集にわかりやすく現れる。
詩はアメリカでは日本より書く人が多いと聞く。
しかしその多くは翻訳されることがない。
が、カーヴァーの詩は訳されている。
素晴らしいではないか。

カーヴァーの詩は、どんなに短くても短篇一篇とおなじくらいの深さがある。
速読が出来る人も(わたしはできない)、そんな邪道なことなどせずに腰を据え、じっくりとレイのヴォイスに耳を傾けよう。
カーヴァーの短篇や詩は味わいながら読むべきものだ。
彼の文章は翻訳においても美しく描き出されている。
じっくり吟味しながら、立て続けに読まずに読後しばらく余韻を楽しみ、また読み始めるのが好ましい。
そうは思わないだろうか。
不況のなか、カーヴァーの言葉に耳を傾けるのだ。読書はストレスを68%やわらげる。たまったストレスを忘れ、カーヴァーの言葉に耳を傾けることができれば、これほど素晴らしいことはないし、カーヴァーもあの世から微笑んでくれるだろう。

本書はカーヴァー入門書だ。どうしても小説から、と言う人は『愛について語るとき、我々の語ること』という極上の短篇集から読むことを勧める。なかでも「ダンスしないか?」「ファ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告