中古品
¥ 730
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 良い状態の本です。中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡いただければ対応させていただきます。又迅速に対応し、ゆうめーるにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

気絶するほど儲かる絶対法則 単行本 – 2004/2/7

5つ星のうち 4.3 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 730
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

儲かる会社には、儲かる理由がちゃんとある!
本書を読んでその法則を理解すると・・・・・・
お金が空から降ってくる!!!
・・・・・・ようになります。

『営業マンは断ることを覚えなさい』で、仕事の常識をひっくり返し、あらゆる業界に衝撃を与えた天才コンサルタント・石原明の渾身の書き下ろし! 今回はとくにマーケティングに的を絞り、「儲かるように儲ける方法」を、めいっぱい伝授します。
うまくいかない理由は、どう頑張るかを理解せずに、ただやみくもに頑張っているから。本書で紹介されている「業績右肩上がりまくり」の会社の実例を参考にしながら、「売れるしかけ」と「勝てるしくみ」を身につければ、もう怖いものなしです!

[本書目次より」
*行き詰まっている業界こそ、他業種からヒントをもらう
*10倍成功したかったら、はっきりした目標はもう持たない
*本当に強いのは「2匹目のドジョウ」をコンスタントに出せる会社
*いやなお客と手を切ることからすべては始まる
*究極の「寝た子は起こさない」理論
*「安い」という宣伝には安いお客しかこない
*買ってもらったら、「電話をしてもいい」という権利が発生する
*「お客さんは忘れる」ということを忘れない
*「いいものが売れる」というわけではない
*業界を制覇するには「プロ化」と参入障壁
*儲かったことが理由で倒産する
*世の中は、縮小・拡大の関係にある
*教育とは、同じ人間に同じ話を400回言えるかどうか

内容(「BOOK」データベースより)

本書ではマーケティングの話を中心に、ものはどうしたら売れるのかということ、そして会社がどんどん発展するにはどうしたらいいのかということを、実際の会社の成功例をたくさん交えながら説明していく。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: サンマーク出版 (2004/2/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4763195220
  • ISBN-13: 978-4763195227
  • 発売日: 2004/2/7
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 155,064位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 この本は、見込み客の中から儲かるお客のみを特定し、顧客化していくということを主体に書かれています。ただ、最も難しいは儲かるお客の特定の仕方です。実績から判断して特定するのは比較的簡単のようですが、業種によっては切り捨てたお客との繋がりで儲かるお客も失う可能性があります。見込み客の段階で特定する場合でも、無愛想で文句を付けたがるお客がお得意さんになることも多々あります。
 その他にも、今までの営業では考えられなかった納得のいかない法則も幾つか出てきていますので、読んでいて面白くない印象を途中まで持っていました。
 ということで不満が溜まっていたのですが、「おわりに」に書かれている「自分で確かめもしないで勝手にイメージの中に天井をつくったり、枠をつくったりしてはいけないのです。」という言葉でこの本の見方が変わりました。私がこの本から得られた一番の法則はこの言葉です。  
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
神田昌典さん、小阪さん、本田健さん、斎藤ひとりさんの本などで勉強している方にとっては、復習という印象を受けました。

目新しいテクニックがほしいという方は期待ハズレになるかもしれません。

筆者に問題はないと思いますが、タイトルがあまりにも大袈裟すぎると思います。

こんな過剰な期待を抱かせるタイトルをつける本が横行していますが、これは本への信頼の失墜を招くことにつながると思いますので、出版者の方にはこころに留めていただきたい。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を読んでいて、自分が感じながら意識を持っていなかった
ことがいろいろ明確化しました。
「人間は記憶のないものに対してお金を払うのはいやだ」
という所は、今自分が実践しようとしている所だったので、非常に
勇気付けられました。ビジネスとして、人が思っていることを
鵜呑みにするのではなく、きちんと自分の頭で考えていくことの
大切さを身にしみて分かる本です。「一つ一つは納得するけれども
実践することには、結構大変だぞ」みたいな所がいくつかあり
それが、非常に刺激になりました
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大抵こういった大げさなタイトルの本は読んだあとにがっかりするものが多いのですが、
真面目に分かりやすくマーケティングを説いた本です。
こうすればいいのだ、というHOWTO的な記述が一切ないのが少々不満ではありますが、
「努力しよう」ではなく「報われる努力をしよう」と改めて決意させてくれる本です。
ただ、既に様々な本で語られているような事ばかりですので、マーケティング本を大量に
読みこなしている百戦錬磨な方にはオススメ出来ませんが、著者の独特の言い回しが秀逸
なので、何か新しい側面を見つけるヒントにはなるかも知れません。
また、タイトルから楽に儲かるスゴイ方法を期待して読むと落胆が激しいかと思います。
しかし、ノーベル賞を受賞した田中さんですが、”ノーベル賞を取ろう!”という目標は
持っていなかったにしろ、研究に対するはっきりとした目標はあったと思いますよ。
目標がはっきりしているかしていないのかが問題なのではなくて、こまめに自分の目標を
チェックして臨機応変・柔軟に変えていく、自分の目標を固定し過ぎない(無意識に限界を
作らない)事が今の時代大切なのではないでしょうか。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「お客様」の定義から教えてくれる一冊です。
ただし、テクニカルな部分にはほとんどと言っていいほど
触れられていません。それがこの本の趣旨だと思いますので
問題ないと思いますが…
評価が低い理由は、この本の内容は今までいろんな本で言い
尽くされてきた。ということです。
まさにこの本の中の「二匹目のドジョウ」という感じを覚えま
した。ただし、この著者の質が悪いとかそういう言う意味で
はありません。
客観的に見てこの評価です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mbookdiary VINE メンバー 投稿日 2004/8/28
形式: 単行本
商売の本質をつく内容だ。当たり前のように感じるけれども、実際、この本を読む前には考えもしていなかったような基本的な考え方を知ることができる。
顧客化:買ってもらったら、「電話をしてもいい」という権利が発生する。ものを買ってくれたということは、いわば恋愛が成立したということだ。
「いいものが売れる」というわけではない。よさそうに見えるから売れる。
なぜ買うのかという心理がわかればもっと売れる。→「人だかりには顔を突っ込む」「行列には並ぶ」
「右脳消費」と「左脳消費」=右脳に何かが入ってしまったら、「それでないとだめ」というとこになる。一種のブランド化。
「教育とは、同じ人間に同じ話を400回言えるかどうか。」
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー