中古品
¥ 1,907
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

気管支喘息の臨床―診断と治療の最前線 単行本 – 2009/10

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 22,617 ¥ 1,115
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本: 244ページ
  • 出版社: 診断と治療社 (2009/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787816306
  • ISBN-13: 978-4787816306
  • 発売日: 2009/10
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 18.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,325,439位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
医学専門書というジャンルに入ると思うが、若葉マークの医師や情報収集を行っているベテランの患者さん向けの本だと思う。
いろいろな医師が執筆しているので、内容が重複している箇所が若干あるが、
その部分はjどの医師も重要だと思う点であるから、読み手は自然と大事なポイントを押させることができる。
執筆陣には薬剤師や心理カウンセラーが加わり、普段の診療では前面に出で来ない医療技術者の意見も取り入れている。
特に患者の心理的傾向からみた治療方針の立て方は興味深く読めた。
これは普通の医学書には少ない特筆点であり、筆者の総合的な考えに基づく疾患への取り組み方と言えよう。
意地でも治してやるという意気込みがにじんでおり、
他のジャンルの医師たちには本来の医療について学ぶ教科書と言えるかもしれない。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ガイドラインは、エビデンスの集大成であり、確かに先人の知恵がまとまった素晴らしい書物であり、データ集ではあるとおもいますが、料理本の料理が、えてして「不味くはないけど、旨くもない」といったことがあるように、ガイドラインに基づく治療も何も知らないよりbetterかもしれないが、bestではないと思っています。
最終的には、医療は、現場の医師と患者のガチンコ勝負であり(患者教育が重要な地位を占める喘息などはなおさら)、その勝負を決めるのは、医師の経験と見識に裏打ちされたスパイスであり、隠し味であると思います。

Harvard大学のAL Sheffer教授がはじめてピークフローメータによる喘息の自己管理指導の有用性を主張したときに,“エビデンスがない”と非難され,思わず“自分の患者がエビデンスだ”と反論した話が序文に紹介されていますが、名言だと思います。

エビデンスを認めつつ、エビデンスに溺れず、エビデンスを利用し、さらに上の高みを目指す医療、今後の医療者が目指すべき道は、まさしくそれであり、喘息という疾患においてのみであるが、その道筋を示し、それのみならず、先輩医師諸氏の現場で体得されてきたノウハウが満載されたものが本書と言えよう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告