通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
気楽に殺ろうよ (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに日焼けがあります。小口に日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

気楽に殺ろうよ (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉) 文庫 – 1995/7

5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 607
¥ 607 ¥ 169
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 気楽に殺ろうよ (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
  • +
  • ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
  • +
  • 箱舟はいっぱい (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
総額: ¥1,821
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

出版社からのコメント

藤子・F・不二雄の、ちょっと変わった味わいの作品を集めた異色短編集。SF的手法と鋭い風刺精神を存分に発揮し、大胆かつ繊細な構成で不可思議世界を描き出す。「藤子美学の世界」に、どっぷりと浸かれる作品集!


登録情報

  • 文庫: 278ページ
  • 出版社: 小学館 (1995/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091920624
  • ISBN-13: 978-4091920621
  • 発売日: 1995/07
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,541位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 BT_BOMBER トップ500レビュアー 投稿日 2016/1/1
形式: 文庫
藤子F先生の大人向け短編集。
ミノタウロスの皿は全体的にかなりブラックでしたが
この本はそれに比べるとやや大人しめ。
SF色も薄めで「少し不思議」の略でのSFと考えた方が合っている作品が多めです。

表題作はタブーの意識が変わって殺人や性的な行為が一般に認められる一方、
食事が恥とされる世界の思考実験的な作品。
この本の中ではラストのオチ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
初めてこのシリーズを読まれる場合は、「ミノタウロスの皿」にいかれるのをお勧めします。本作「気楽に殺やろうよ」は、ミノタウロスの約4年後の短編集で、SFを借りたブラックユーモアであることには変わりはないですが、トーンが少し変わってきています。

特に冒頭の2作品は、明確なオチがあるわけでなく黒いメッセージを吐くことで終わっています。意外性のあるどんでん返しがないので、なんとも言えない後味の悪さの余韻が残ります。こういう終わり方は、ロアルド・ダールの「あなたに似た人」の短編集のいくつかにあったので、本場イギリスでのブラック短編とも通じるものがあるのでしょうが、初心者の人には「え、これが終わり?」と感じさせることでしょう。

また「やすらぎの館」では、社会的地位のある人の倒錯した趣味、ある意味変態性癖を感じさせますし、作画を少女マンガ作家らしき人に変えた「宇宙人レポート、サンプルAとB」では、あからさまな性器結合を見せています。さらに「気楽に殺ろうよ」では、セックスと殺人が公衆の間で堂々と行われ、食欲を隠すというパラレルワールドを描いています。藤子先生のブラックのペンが、より微妙な主題についても掘り起こし始めたことが見て取れます。これも初心者から見るとちょっと驚きでしょう。

昔どこかの芸能人が言ってましたが、セックスってあんな
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MASA 投稿日 2011/6/28
形式: 文庫 Amazonで購入
まず、このタイトルが衝撃ですね(笑)。

星新一のショート・ショートが好きな方に、特にオススメです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/1/26
形式: 文庫
ドラえもんの著者である藤子さんですが、すごく重い作品も描いていらっしゃり以外です。大人向けの作品で内容も難しいで、物思いに耽る夜にぴったりの作品だと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「ドラえもん」でもお馴染み故藤子F不二雄氏の短編集「気楽に殺ろうよ」です。
何かタイトル自体が恐いですね…(笑)。
僕が本作で印象的だったのが「やすらぎの館」と「ウルトラ・スーパーデラックスマン」です。
まず、「やすらぎの館」は男性の願望です。
主人公は会社の代表者で何不自由ない様だが、自分の心が何だか満たされていません…。
で、友人からそこ(やすらぎの館)足を運ぶのですが…。
そこへ足を運んだ主人公は文字通り心は満たされるのですが……。
うわあ〜、変になっちゃったよ…。
そこは教えると面白さが失せるので言いません。
次に「ウルトラ・スーパーデラックスマン」は勘違いヒーローの物語。 主人公の句楽兼人(くらくけんと)は包囲で起きる不正に腹を立てていたが、ある日超人並みの力を得て世を正すべく悪人に制裁を食らわしていたが、逆に危険人物のレッテルを貼られ…。
本人は「俺は世を正すヒーローなんだぞ」と思っているが、残念ながら彼は正真正銘のヒーローではない。
「悪い奴には容赦しないんだ。虫の居所によってはな。やりすぎることもたまにはな」 と言っており、正真正銘のヒーローならばその様なことはしない。
彼の気持ちも分からなくはないが、だからと言って直ぐに制裁を加えていては「セブン」の犯人の様になってしまう。
が、最後は皮肉な結果で話は終わる。
そこはご自分の目で確かめてほしい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ドラえもんで有名な藤子・F・不二雄の短篇集である。いちばん良かったのは「宇宙人レポート サンプルAとB」という作品。
 ロミオとジュリエットが下敷きになっているのだが、精神的生命体(?)である宇宙人が二人のいきさつを観察する機会に恵まれてそれをレポートするというもの。この宇宙人(ナレーションだけで登場はしない。おそらく、物理的な「姿」がない)は、炭素系生物である地球人の生態を興味深く観察している。炭素系生物については「理論的にはその存在を予想されていたが」というくらいなので、まったくの無知。ゆえに炭素系生物の行動原理(欲望や恐怖、死など)は慮外。この「常識違い」ゆえの「トンチンカンな考察」がテーマになっている。
 たとえば、各個体は繊維質の外皮(服のこと)で覆われている、という具合に外形観察はできるのだが、そもそも服の意味がつかめない。サンプルAがロミオでサンプルBがジュリエット。二人が一目惚れするところを観察しても、「恋」がわからないので、受光孔(瞳孔)がいっぱいに開いた、栄養搬送器官(心臓)が速くなった、など、外形的観察以上には踏み込めないし解釈もできない。しかし、二人の悲劇になにがしか思念波を乱され、宇宙人は二人を再生(生き返り)したりもしている。
 観察することで理解は深まるように見えるが、経験に基づく共感がなければそれは理解とはいえない、というような命題がマンガならではの表現で示されている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー