通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
気候変動クライシス がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【送料がお得な同梱発送承ります】 ◆帯あり◆ 外観、本文ともに使用感が非常に少なく、書き込みや破れなどもありません。 ご注文確認後は、クリスタルパックに入れて商品保護と防水対策を行い、迅速に発送(ゆうメール、メール便)致します。また、商品の同梱発送(※追加注文1点につき¥150返金)にも対応しております。尚、万が一、商品説明と商品が異なる場合は、即時対応をさせて頂きますのでご安心下さい。※Amazon 専用在庫のため品切れはありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

気候変動クライシス 単行本 – 2016/8/26

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,123

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 気候変動クライシス
  • +
  • 精神論抜きの地球温暖化対策――パリ協定とその後
  • +
  • 地球温暖化は解決できるのか――パリ協定から未来へ! (岩波ジュニア新書)
総額: ¥5,465
ポイントの合計: 166pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

環境分野では、ノーベル経済学賞に最も近い経済学者による、新しいスタイルの地球温暖化問題の教科書。

もしこれから100年で気温が6℃上昇する確率が10%あるなら、あなたはどんな行動をとるか?
温暖化問題に確率的にアプローチし、人類がとるべき行動を考える。

自動車の詳細な構造はわからなくても、自動車を運転したり、自動車事故に備えることはできる。
温暖化の詳細なメカニズムはわからなくても、その確率を考えて、温暖化に備えることはできる。

温暖化に関しては、私たちにわかっていることよりも、わかっていないことのほうが
はるかに多い。わかっていることは、温暖化問題は危険だと告げているし、わかっていない
ことは、温暖化問題はすごく危険だと伝えている。

温暖化問題は専門的だし、自分には直接あまり関係がないし、対策のとりようもない――
と考えている、ふつうの人のための、いままでとはちょっと違う温暖化対策の入門書。

フィナンシャル・タイムズ紙2015年ベスト経済書の一冊に選出!

世界の識者が推薦!

ナシーム・ニコラス・タレブ(『ブラック・スワン』著者)
「リスク」に対する非常に洗練されたアプローチ。驚くべき本だ。

イアン・ブレマー(『「Gゼロ後」の世界』著者)
気候変動のリスクに関心があるすべての人におすすめの一冊。

マーティン・ウルフ(フィナンシャル・タイムズ経済論説主幹)
ガツンとくる本。

ウィリアム・ノードハウス(米国経済学界の権威、『気候カジノ』著者)
経済の複雑さとグローバルな環境問題合意の難しさを踏まえて書かれた本。




内容(「BOOK」データベースより)

人類は救われるのか?文明と環境の破壊に、どう向き合うか。ノーベル賞候補の経済学者による斬新な提案。フィナンシャル・タイムズ紙2015年ベスト経済書リストに選出!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 338ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2016/8/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492223746
  • ISBN-13: 978-4492223741
  • 発売日: 2016/8/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.7 x 13.9 x 2.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 257,063位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
 本書の書評としては、訳者あとがきが非常に的を得ており、的確なので、初読者(紙本)は是非ともあとがきを読んでから購入判断をすれば、良くも悪くも期待を裏切られることは少ないだろう。(その内容は触れず)

 そこで、以下では読後の私の感想を簡潔に示したい。なお、この本の前にノードハウスの『気候カジノ 経済学から見た地球温暖化問題の最適解』も読んでいたので、本書の内容の理解には役立ち、気候変動に対する一定の理解は出来たと思っている。前書では目標温度上昇と費用便益分析におけるコストミニマムな曲線(下に凸)が、また本書では温暖化における上昇温度予想の非対称な分布曲線と、そのファットテール部がそれぞれ印象に残った。(+6℃超)

 共通した感想としては、将来、地球環境が温暖化によりどんなに変化(激変)したとしても、そのときは人類が新たな惑星に移住したと思って、その環境に適応していくしかない。今後やれることは、その環境が出来るだけ現在に近いものとなるように、変化の速度を抑える努力をすること。それにより適応コスト(適応損失=ロス)もその分抑えられる。

 大局観(諦観)的な表現をするならば、人為的な要因による地球温暖化とは結局人類の非同期な成長(先進国→新興国)とその環境とのマクロな相互作用に起因する歴史的な必然的(不可避)な出来事として
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書の原タイトルは「CLIMATE SHOCK: The Economic Consequences of Hotter Planet」。
直訳すれば、「気候ショック:温暖化する地球の経済学的な諸帰結」。

「気候ショック」では、一般人の目を引き付けようとする二流の「エコ本」みたいだし、
リーマン・ショックのようで新聞のキャッチ―な見出しみたいだし、
「経済学的な諸帰結」では、固くて食えない学術論文のタイトルみたいだし、
直訳では、本書の書名としては、しっくりきません。

さすが、本書の訳者「山形浩生」さんが訳した書名は、『気候変動クライシス』。
適切な「意訳」になっていて、いい訳です。感心しました。

本書を読み終わって「訳者あとがき」を目にしたとき、目から鱗が落ちました。
老眼鏡が落ちたんではありませんよ。おふざけではなく、本当に感心したんです。

246頁の「本書の内容」のまとめでは、「すべき」ことの理由も、訳者は簡潔明瞭に併記してくれています。
特に、第二点の「気候変動のリスク」については、「不確実性がきわめて高いので」として
「すべきかもしれない」とあいまいに、断言せずに結んでいます。
ボクは訳者の見識に
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック