無料配送: 3月6日 - 7日 詳細を見る
最速の配達日: 3月 6日の土曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超... がカートに入りました
+ ¥250 配送料
お届け日 (配送料: ¥250 ): 3月10日 - 12日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆◆おおむね良好な状態です。中古商品のため若干のスレ、日焼け、使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書) (日本語) 新書 – 2011/7/22

5つ星のうち3.6 23個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥924
¥924 ¥80
この商品の特別キャンペーン 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)
  • +
  • 新書791地球はもう温暖化していない (平凡社新書)
  • +
  • 「地球温暖化」の不都合な真実
総額: ¥3,806
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

地球温暖化の議論をリードしてきたIPCCがスキャンダルに揺れている。温暖化を印象付けるためのデータ操作や、不都合な報告の黙殺など、あるまじき行為が明るみに出た。本書では、気候変動の真因を最新の知見から解説、さらに化石燃料を温存する上で必要な、バイオマス、核融合など代替エネルギー技術の最前線を紹介する。震災復興が急がれる今、莫大な国費を根拠薄弱なCO2削減策のために浪費することは許されない。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

深井/有
1934年、千葉県に生まれる。1958年、東京大学理学部物理学科卒業。1963年、東京大学大学院数物系研究科博士課程修了。専攻、金属物理学とくに金属‐水素系の物性と材料科学。現在、中央大学名誉教授、産業技術総合研究所・物質構造科学研究所・東京大学生産技術研究所客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 中央公論新社 (2011/7/22)
  • 発売日 : 2011/7/22
  • 言語 : 日本語
  • 新書 : 268ページ
  • ISBN-10 : 4121021207
  • ISBN-13 : 978-4121021205
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.6 23個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
星5つ中の3.6
23 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年11月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年10月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年2月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年3月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年3月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 ネット発の懐疑論の物真似
ユーザー名: ab、日付: 2017年3月29日
68PでCO2濃度に変動があるのは海洋が夏に放出し、冬に吸収するためだと書いていますが、
この著者は地球には北半球と南半球があり、北半球が夏の時に南半球が冬だという、小学生や中学生でも分かることが分かっていないようです。
植物は夏の時に植物が成長する時にCO2を溜め込んで、冬に枯れるとCO2を放出するため、夏の方がCO2濃度が低くなります。北半球に陸地が集中しているため、北半球が夏の時にCO2濃度が下がり、逆に冬になるとCO2濃度が上がるのです。
著者が書いている、海洋のCO2の溶解度の変動によって起こっているわけではありません。いろいろな意味で誤っているのですが記述の誤りに気付かないのです。海洋大循環の図を載せるぐらいですから、分からないはずがないのですが、このレベルの思考力しかないのに科学を語っていることが不思議です。全ての記述に関して、IPCCが間違っているという立場に立っていることから、他の懐疑論を寄せ集めてさほど精査せずに書いていて、著者の知識によるものはないことが、季節変動の原因が海洋の溶解度の変化であるとする記述から伺えるのです。

海洋が季節変動でCO2を放出していない証拠として、南半球のCO2濃度の経年変化を見れば分かります。
気象庁のHPにグラフ(引用画像、出典二酸化炭素濃度の経年変化)が載っていますが、(赤道付近を除いて)陸地の少ない南に行くほど、季節変動が少ないのです。北半球は陸地が多いことから、季節変動の幅が大きく、植物の栄枯盛衰が季節変動の原因だということは、科学者ならば分かるものです。

ホッケースティック曲線のグラフがIPCCの第4次評価報告書(AR4)から削除されたとする記述(8P)は事実ではないです。モーベリ、ポラックとあるグラフはIPCCのAR4に、マン氏のホッケースティックグラフとともに掲載されているグラフのはずで、ホッケースティックグラフがAR4で採用されていることを知らないとするのは不思議ですし、
Wikipediaのホッケースティック論争の2010年12月1日の版にも、
>>「マンのホッケースティック曲線はIPCC第4次評価報告書(AR4)のSPM(Summary for Policy-makers, 政策決定者向け要約)[6]には記載されず、AR4フルレポート[7]の第6章の図6.10に他の再現結果と重ね合わせたグラフとして記載された。」
とあることから分かるように、震災を受けて出版されたこの書籍を書いた人が、フルレポート版に載っていることを知らないことは不思議です。
要は不思議でも何でもなく、懐疑派の情報を丸写ししている可能性が高く、IPCCの報告書を読んでいないことが伺えます。
Wikipediaにすら載っている上に、気象庁のホームページにあるAR4の技術要約にもマン氏のホッケースティックグラフを含む復元図が載っているものです。
季節変動の原因が海洋の溶解度の変化だとする間違いや、ホッケースティックグラフがAR4から削除されたなどの間違った記述は著者の問題である以前に、このような単純な間違いを見逃してしまう出版社の問題でもあると思われます。

P74からの宇宙線量と気温の一致度を示す記述は、太陽の活動が弱まると宇宙線が地球に降り注ぐためであり、宇宙線の強度の変化と一致しているといっても、それは太陽の活動の変化との一致です。マウンダー極小期の頃に北半球で寒冷な状態になったのは、太陽の活動が記録的に弱まったのと、火山活動が活発だったことで説明がつくと考えられているようです。
そのことによって宇宙線が雲量に影響を与え気温に影響を与えているとする主張は、出版時の2011年現在で否定的な見解が示されているものであり、
否定的な見解があることや、火山活動が活発だったことで説明できるとする主張があることを知らないことは考えられません。知らないとなると自身が否定している「派」の見解や主張を知らずに批判していることになります。
宇宙線強度と雲量がほぼリアルタイムに応答し、日射量の変化が起きているなら、気温にも影響を与えていなければいけません。そのような観測事実があるのでしょうか。2000年から2010年までは宇宙線強度が直線的に増加していますが、気温が下がった事実はありません。

107Pのコンピューターシミュレーションに関して、実測と合うようにパラメーターをいじっているから一致するに決まっているとする記述があります。
実際は、自然変動のパラメーターとCO2濃度の上昇を加えたパラメーターでは、1900年代後半の気温変動を再現できるが、自然変動のみのパラメーターでは、1900年代前半の気温変動は再現できても、1900年代後半の気温変動は再現できないことが、シミュレーションが正しいとする主張です。
IPCCの報告書(TAR、AR4、AR5)には両方のシミュレーションの結果が載っているのですが、自然起因+人為起因の放射強制力を用いた復元結果のみを載せ、一致したからといってパラメーターをいじっただけだと「なじって」います。
知らない人が読んだらIPCCやシミュレーションの結果を疑ってしまう可能性のある書き方です。
そもそも、引用しているグラフが執筆時点で出されている第四次評価報告書ではなく、第三次評価報告書のものであるのは不自然です。

気候モデルの予測に関しては、既に予測の結果が出ているのですから、過去の気温を復元できているかどうかよりも、予測が当たっているかどうかの方が重要です。
IPCC(2001)とNASAのハンセン氏(1988)の予測はほぼ当たっているように見えます。
https://www.skepticalscience.com/translation.php?a=13&l=11

著者はクライメートゲートで科学者の不正が明らかになった、ようなことを書いているのですが、不正な手段で入手した膨大なメールを懐疑派が共有してスキャンダルに仕立てたものであり、流出メールを使って当事者を貶める情報を言いふらすことは、不正を地で行く行為であり、クライメートゲートを問題にすることは、馬鹿が馬鹿(だと思う)相手を馬鹿にする、笑えないネタです。
メールを盗み見る行為は悪趣味としか言いようがないもので、良識を放棄して、ペンをナイフにして斬り付ける行為であって、人間性を疑います。良識がある人は、たとえ温暖化に懐疑的であっても、流出メールを使って批判を向けるようなやり方はしないはずですが、懐疑論者はすべからく、流出メールを恰好の道具と思っているのか、批判の道具に使いますね。
この著者は流出メールの取り扱いについて、一切配慮がありません。不正とはどのようなことなのか、深井氏は考えるべきではないでしょうか。
クライメートゲートを問題にすることは物事を批判するために不正手段に手を染めることを厭わない確信犯であり、その他の主張も同じスタンスでのものです。
クライメートゲートを問題にするということは、自らが問題であるとしたデータの扱い方(trickやhide)よりも酷いデータの扱い方を自らは進んで行い、
著作時点で新しいデータがあるのにもかかわらず、一致しているように見える一部分のみを切り取ったグラフを貼り付けたりと、言行不一致の言動がそこかしこに見られます。本当に、クライメートゲートでのデータ捏造なるものをこの人は理解しているのでしょうか?
ごまかしや歪曲だらけであり、本当のクライメートゲートとは懐疑論者達がやっている詐欺行為のことだと思えてなりません。

安井至氏が、深井氏の次作の「地球はもう温暖化していない」について「素人が書く誤りだらけの扇動本」と一刀両断されていますが、この書籍に書かれていることも温暖化の科学の部分は出鱈目です。
CO2濃度が海の溶解度の変化によって起こると言い放っていることから分かるように、この著者は気候や気象については素人以下の知識レベルです。
他の懐疑論を真似ているだけなので、温暖化説の大本となっている研究、研究者、研究発表には一切攻め込んでいません。

温暖化論に興味がある方には、スペンサー・R・ワートの「温暖化の発見とは何か」の購読をおすすめします。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2011年9月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年4月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年11月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告