¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
民間防衛ーあらゆる危険から身をまもる がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

民間防衛ーあらゆる危険から身をまもる 単行本 – 2003/7/7

5つ星のうち 4.6 174件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2003/7/7
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,363

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 民間防衛ーあらゆる危険から身をまもる
  • +
  • 米陸軍サバイバル全書 [新版]
  • +
  • 最新SASサバイバル・ハンドブック
総額: ¥7,236
ポイントの合計: 218pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書はスイス政府がその住民と国土を戦争・災害から守るためのマニュアルとして、全国の各家庭に一冊ずつ配ったものの翻訳である。官民それぞれが平時から準備すべき事柄が簡潔に具体的にまとめられ非常に参考になる。この1冊で、戦争や災害などの、想定されるさまざまな局面と状況に対応できる!

【内容目次】

平和

われわれは危険な状態にあるのだろうか
深く考えてみると
祖国
国の自由と国民それぞれの自由
国家がうまく機能するために
良心の自由
理想と現実
受諾できない解決方法
自由に決定すること
将来のことはわからない
全面戦争には全面防衛を
国土の防衛と女性
予備品の保存
民間防災の組織
避難所
民間防災体制における連絡
警報部隊
核兵器
生物兵器
化学兵器
堰堤の破壊
緊急持ち出し品
被災者の救援
消化活動
救助活動
救護班と応急手当
心理的な国土防衛

戦争の危険

燃料の統制、配給
民間防災合同演習
心理的な国土防衛
食料の割当、配給
地域防衛隊と軍事経済
軍隊の部分的動員
全面動員
連邦内閣に与えられた大権
徴発
沈黙すべきことを知る
民間自警団の配備
妨害工作とスパイ
死刑
配給
頑張ること
原爆による隣国の脅迫
放射能に対する防護
被監禁者と亡命者
危険が差し迫っている
警戒を倍加せよ
防衛

戦争

奇襲
国防軍と民間防災組織の活動開始
戦時国際法
最後まで頑張る
用心
戦いか、死か

戦争のもう一つの様相

敵は同調者を求めている
外国の宣伝の力
経済的戦争

革命闘争の道具
革命闘争の目標
破壊活動
政治生活の混乱
テロ・クーデター・外国の介入

レジスタンス(抵抗活動)

抵抗の権利
占領
抵抗活動の組織化
消極的抵抗
人々の権利
無益な怒り
宣伝と精神的抵抗
解放のための秘密の戦い
解放のための公然たる闘い
解放

知識のしおり

避難所の装備
医療衛生用品
救急用カバン
2週間分の必要物資
2ヶ月分の必要物資
だれが協力するか? どこで?


登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 原書房; 新装版 (2003/7/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4562036672
  • ISBN-13: 978-4562036677
  • 発売日: 2003/7/7
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 174件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 373位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 これは、日本と同じように平和を希求する国として、永世中立を謳っているスイス政府が国民に対して配布している本です。ともに平和を求めるということでは同じ理想を目指しているんですが、日本と違って、スイスは非常にリアリスティックにその平和というものを考えて、どこにも与しないが自国を徹底的に守る兵力は持つべきだと考え強大な武力を背景に平和を守ろうとしています。このあたりは、諸国の良心に期待して、基本的には武力を頼みとしない、頼るべきものは国際世界であるとする日本とは、本当に全然方向が違う方法で平和を勝ち取ろうとしている国です。
 平和を守ると考える日本にとっては、世界のデフォルトは平和であるという世界観があり、平和を勝ち取ると考えるスイスにとっては、世界のデフォルトは弱肉強食だという世界観があるのでしょう。この感覚というか世界観の違いが両国の姿勢によく現れているのがこの本だと思います。
 著書の中で、スイス政府は平和を勝ち取るためには、一糸乱れぬ統制こそが大事であり他国に攻め入られない為のものであるとして、いざという時に国防がスムーズに出来るように全員が軍隊経験を持つべきだとするし、いざ守備をするためには家族の安全がなくては力が出せないだろうと考えシェルターの作成と維持を義務づけます。彼らにとっては、それもまた他国に国民を人質にされないための方策であり、平和への努力の一
...続きを読む ›
コメント 657人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「人事を尽くして危機に備える」という事は、スイスのレベルまで行なって初めて到達されるものなのだと、その大変さと力強さが伝わった。見渡せば、無防備ゆえに自ら危機を招く無責任な人間社会の中で、本来あるべき姿勢で取り組んできた国家と国民も一国は存在している事を知り、「やっている人は地道に綿密に準備しているものだ、やればできるのだ」と希望が湧いた。
 しかし、国家で取り組まない以上、個人の備えでは「被占領⇒レジスタンス⇒解放」という最も困難な状況を打破する事はできず、第三次世界大戦で生き残れるのはスイスだけと言われるのが現実。

 日本の状況は、本書で想定される被占領への階段と一致するケースが多々見られ、早急に国民の意識を変えない限り、危機を招くのは時間の問題だと思われた。

守るに値する国民で国家が構成されていれば、国民は国を守る為に闘えるだろう。しかし、平時から不誠実で無責任な輩ばかりであれば、有事では裏切る国民が続出し、早々に滅ぼされるだろう。日本はどうか?
コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ふくちゃん@徒歩ダー トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/11/23
1.戦争に備えるための本。
2.戦争をするための本。
この本は1.です。断じて2.ではない。
つまり、こちらが「戦争をしません」と言っても、
相手が「戦争をします」と言えば、戦争が始まるということです。
それならば、戦争に備えるのは当然だと思います。

なお、この本は戦争に備えるためだけに書かれた本ではありません。
防災の関係者では当たり前に読まれている本です。
コメント 687人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
冷戦時代にスイス政府が国民を守る為に配布した、平時からの備えと非常時の際の行動方法を記した本ですが
普段私達が意識していない、テロや武力攻撃の潜在的危機に対する警戒といざそれが発生した際の対策を読むと
日本では全く想定もされず、準備も出来ていない事が分かります。
いくら平和や非武装をうたおうが敵の侵略を止められる訳がない事は歴史が証明しており、実際に日本が
戦後70年間戦争に巻き込まれなかったのはアメリカという強大な軍事力の傘の恩恵にあずかっていただけです。
それがなくなった時どうするのか。隣国に主権が脅かされている現在でも満足な国防体制を確立出来ていない中、
私達は個人個人でどう命を守るのかを考えなくてはいけません。自分だけでなく、家族親戚にも読ませたい物です。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
被災前に読みたかった…という悔しい気持ちがあります。
日頃の備え(何をどのくらい備えておけばいいのかの目安)、
心構えから、また二次災害を防ぐために何が出来るか、
医師がいないときに体調を崩した人がいたらどうするか、まで、
分かりやすく書いてあります。
あらゆる形の災難ってのは、いつ、自分の身に降りかかるか分かりません。
しかし、誰もがまさか自分の身に降りかかるとは思ってない。
これは、本当にいけないことです。「どんな災害もありうるのだ」
と思っていないと、いざ被災したとき本当につらい目に逢います。
体験をオーバーラップさせながらこの本を読んで、
自分の認識の甘さを反省したものです。被災する前に、した後に、
被災民の出来ることは何なのか…地方自治体単位でもいいので、
日本の現状に合った防災用のものだけでも作成を考えて欲しいです。
いずれにしろ、これは広く読まれるべき本です。一家に1冊!
コメント 275人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー