中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーや本体に日焼けやスレ等の使用感があります。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。 1987610
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

民主党はなぜ、頼りないのか 不毛の二大政党制の根源を探る 単行本 – 2007/4/13

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「偽メール問題」の裏話から「小沢一郎・不動産疑惑」まで、自
民党政調会の「民主党ウォッチャー」が最新情勢を分析。永田町を知りぬいた
男の「最新日本政治分析」。前内閣総理大臣首席秘書官飯島勲氏との特別対論
「だから民主党にはまかせられない」収録。

著者について

昭和28年(1953年)、新潟県栃尾市(現・長岡市)生まれ。拓殖大
学政経学部を卒業後、慶應義塾大学大学院法学研究科で「憲法と安全保障」を学
ぶ。宏池会(大平正芳事務所)勤務を経て自由民主党本部勤務。全国組織委員
会で党組織の整備・強化のため研修活動等を担当。政務調査会で農林・水産、
憲法、沖縄、安全保障政策等を担当。橋本龍太郎政調会長の政調会長室長、橋本
総裁の総裁担当を務めた。現在、政務調査会首席専門官として国防・安全保障政
策、憲法、国家戦略本部、テロ対策等を担当。慶応義塾大学大学院法学研究科講
師(日本の安全保障講座担当)。著書に『なぜか誰も書かなかった民主党研究』
(成甲書房)、『新憲法はこうなる』(講談社)、『人間の品格』『政治と危機
管理』(共著・内外出版)、『日本の連立政権』(共著・振学出版)『憲法と安
全保障』『日米安保と極東有事』(南窓社)等多数がある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 成甲書房 (2007/4/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880862126
  • ISBN-13: 978-4880862125
  • 発売日: 2007/4/13
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,417,937位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
自民党職員(政務調査会首席専門官)の書いた民主党研究です。従って立場上批判的な記述が多いのですが、実証的・冷静な文章なので読みやすかったです。

冒頭に小泉元首相の秘書官をしていた飯島さんとの対談があります。「安倍内閣は支持率1%になっても歴代内閣で一番安定している」というところは飯島さんの面目躍如たるものがあります。

また、最後の章で学生サークルからの依頼で行なった講演の記録があります。

第1章では支持母体が労働組合で、議員は旧社会党、旧自民党、旧新党さきがけ等出身がいろいろであることの難しさが書かれています。

第2章では支持母体の「連合」との関係が書かれています。

第3章は郵政解散総選挙、第4章は前原新代表について、第5章はガセネタメール事件、第6章は民主党議員の不祥事、第7章は小沢さんについて第8章は菅直人さんについて書かれています。

巻末には民主党の略年表もあります。

一読して、民主党についての理解が深まった感じがしました。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じゃぐぁ トップ1000レビュアー 投稿日 2009/5/9
形式: 単行本
 自民党職員の目から見た民主党の問題点を綴ったブログを纏めた本であり、当然のことながら自民党よりである。それにしても、反自民のみで集まっている民主党の問題点については間違いないのだから仕方がない。

 労働組合頼みの組織であるため、労組から強い圧力がかかると選挙公約を突然修正したり、脱労組を図った前テカさんが潰されたりと話題には事欠かない。その他、メール事件やペパーダイン大学事件、覚醒剤事件。メディアの民主党よりの姿勢も批判している。

 その他、国会に出ない小沢氏、口が軽い鳩山(兄)氏、デタラメ演説とブーメランの管氏の裏話など。内容としては、普段ネットで読んでいたことの再確認+アルファちょっとといったところだった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
政治の素人の私にも、民主党の現状がよく分かるとても読みやすい本でした。

前原氏の顛末、永田氏のメール騒動、小沢氏の考えなど、とても興味深い内容が書かれているので、最後まで一気に読めました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す