通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
毛沢東の大飢饉 史上最も悲惨で破壊的な人災 19... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 Good Choice Land
コンディション: 中古品: 良い
コメント: p【迅速発送】◆帯付き◆ページ内の状態は良好です。(中古品の為、カバーにスレ等の使用感はあります。)◆検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等ある場合は、ご連絡頂ければ対応させて頂きます。◆又、簡易クリーニング済みでアマゾン倉庫より毎日発送致してます。◆尚、管理ラベルには剥がれ易いシールを使用しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

毛沢東の大飢饉 史上最も悲惨で破壊的な人災 1958-1962 単行本 – 2011/7/23

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 毛沢東の大飢饉  史上最も悲惨で破壊的な人災 1958-1962
  • +
  • 毛沢東の文革大虐殺―封印された現代中国の闇を検証
  • +
  • 毛沢東大躍進秘録
総額: ¥9,234
ポイントの合計: 277pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「15年以内にイギリスを追い越す」と宣言した毛沢東が始めた「大躍進」政策は、人肉食すら発生した人類史上まれに見る大飢饉と産業・インフラ・環境の大破壊をもたらした。香港大学人文学教授が中国各地の公文書館を精査。同館所蔵の未公開資料と体験者の証言から「大躍進」期の死者数を4500万(大半が餓死者。うち250万人が拷問死、裁判なしの処刑死)にのぼると算出。中国共産党最大のタブーの全貌を明らかにし、北京が震撼した衝撃の書!

出版社からのコメント

『エコノミスト』『フィナンシャル・タイムズ』の〝ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤー2010〟に選出!された問題作です。4500万人のホロコーストと呼ばれる空前絶後の人災の全貌を明らかにした本です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 480ページ
  • 出版社: 草思社 (2011/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794218400
  • ISBN-13: 978-4794218407
  • 発売日: 2011/7/23
  • 商品パッケージの寸法: 3 x 14 x 19 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,650位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
共産主義は天堂(天国)だ!
そんなスローガンの下、土地改革の時代に農民たちに与えた土地を
再び没収して、無理矢理「合作社」「人民公社」
「大食堂」を建設して、なにもかも共有化して、
共産主義への道を突っ走った政策を次々と実行した、大躍進の時代。
一見すると天国のようだが、実際に農民たちは各地域での生活のすべて、生殺与奪の権力をすべて地方幹部に握られてしまい、食い物や着る物にも事欠く事態に陥った。
悪辣な地方幹部のなかには、労働点数(この点数で食事の配給量が決まる)を与えなかったり、いやがらせで、大食堂での食事を禁止されたりする例があったという。
それは共産主義という天国で起こった事実上の餓死であった。
この本を読んでいるうちに、わたしは階級的憎悪が沸き起こってきた。
俺が打倒したいのは、資本家でも地主でもなく、
毛沢東という虎の威を借る狐である、こうした地方幹部のような化け物なのだ!と・・・
大躍進政策は失敗に終わった。
1958〜1962年の間に餓死した人間は7000万人とも言われている。
しかし、これは次にやって来る、文化大革命のほんのプレリュードに過ぎなかったのである。
このような状況を目の当たりにして、毛沢東に反旗を振りかざす勇気のある
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
尖閣問題、米中韓の各国の立位置を理解するのには、このような史実をまとめた本がもっとあっても良いと思う。冷静な判断には欠かせない資料が必要と思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
標題のとおりの内容。中国共産党主席であった毛沢東が1958年から1962年にかけて主導した大躍進運動の結果として発生した大飢饉が克明に描写されている。

中国の国、省レベルの各公文書館に保管されていた文書のうち公開されたものをつなぎ合わせ、大躍進運動の期間に実際の農村で何が起きていたのかを再構成している。無論、公開された文書は不十分であり、また国の公文書館での情報公開はごく僅かであるため、著者自らが認めているように、内容的に大躍進運動のもたらした災厄の全貌が完全に描かれているわけではない。それでもなお、その悲惨さを語るには十分な内容。限られた資料からここまでを描いた著者の努力を十分に感じさせる労作。

毛沢東率いる中国共産党による中国支配が確立して後の、ソ連、アメリカ等の外国主要国に追いつき追い越すための一大政策が大躍進運動。鉄鋼の生産、農作物の増産のために、現場を知らない中央のリーダー達の思いつきが指示となって地方に流れ、唯々諾々とそれに従う地方の幹部達。そこにある情景を示す言葉は、集団心理、自己保身、上意下達、熱狂、自己批判、暴力、失脚、個人崇拝、権力闘争、革命、犠牲、中央集権、官僚主義、スローガンといったところか。

こうして到達した破局の中でも毛沢東に従う周恩来。路線を変えさせようとする劉少奇。これを自らに対する挑
...続きを読む ›
1 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 1958年から1962年の、足掛け5年にわたる中国国民の凄惨な歴史が綿密な資料調査に基づいて記されている。ここまで残酷非道な歴史を、中国人たちは経験してきたのだ。さらに後には、あの悪名高い文化大革命をも経験することになるとは。
 この書を読んで、中国共産党は、まだまだ相当の期間続くことになるのではないかという気持ちになった。中国での、デモクラシーの浸透を早めることが必要だが、そのために、いったいどれだけの人間が、これから将来にかけて犠牲になるのだろうか。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 もし地獄というものが、あるとすればこの時期(1958〜1962)の中華人民共和国の姿であろう。
この大躍進の前に、小躍進という大災害があり、主としてスターリンのソホーズ・コルホーズを、中共がまねを
して、同じような飢餓と腐敗を味わったのであるが、たくみに、フルシュチョフと張り合う形で、イギリスの鉄鋼生産量を追い抜くという、ばかげた、いや、恐ろしい計画が、毛沢東がその権力維持装置の為に、
発動される。それが大躍進という地獄なのである。
共産主義国家において、しかも、独裁者のもとでは、一度動き出した、この地獄のようなプランは止められない。いや、止めようとする者は地獄に落とされる。

およそ、考えられる地獄の様相はすべて盛り込まれている。単に餓鬼地獄だけではなく、暴力、強姦
毒殺、自殺のような他殺、親殺し、子殺し、人身売買、人肉や泥、糞尿を食べる人、食べさせられる人、
あらゆる冷酷のかたち、あらゆるサデッズムの形態で現実におこなわれる。発狂、逃亡、集団死、強盗、暴力
あらゆる悪徳、腐敗、無恥、がどのようにどこでおこなわれたかを、綿密に書いていく、墓場から死体を
掘り出し、あるいは飢餓で死んだ死体を肥料にしてまく。

この歴史を国民に教えることはタブーである。このような
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す