通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
毒になる姑 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表カバーに折れ、擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

毒になる姑 単行本 – 2006/2/1

5つ星のうち 4.4 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 251

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 毒になる姑
  • +
  • 毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)
  • +
  • 不幸にする親 人生を奪われる子供 (講談社+α文庫)
総額: ¥3,412
ポイントの合計: 68pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

どんなに救いがたい状況でも、解決策はある。

娘や婿のあら探しをしたり、子ども夫婦とべたべた付き合いたがったり、支配しようとしたり、拒絶したり——そういう困った義父母のために、結婚生活が揺らいでしまっている。そんな夫婦は多いのではないでしょうか。
この『毒になる姑』のすごいところは、その困難きわまりない“永遠の課題”の解決策を具体的にさぐっている点です。
テレビや雑誌の人生相談にもこうした姑の問題が次々と寄せられていますが、
たいていはエピソードの紹介に終始して、納得のいく解決策は示してもらえません。
“嫁姑戦争”の話題は、愚痴やブラックユーモアの類として扱われがちですが、『毒になる姑』はこの問題に真正面から、真摯に向き合っている、稀有な本と言えます。
 著者のスーザン・フォワード氏は、アメリカ心理学界の第一人者でもある、ベテラン・セラピスト。三十年にわたるカウンセリングの経験を生かし、この問題の持つ困難さ複雑さを解き明かし、解決に向けた対処法と技術を、ていねいに伝授してくれます。
嫁姑の問題は「日本特有のもの」と考えられがちですが、この本を読んで、海の向こうにも同じ問題があったことに驚く人も多いかも知れません。
「自分さえガマンすればすべて丸くおさまる」と考えていたら、ますます「毒になる姑」の思い通りです。もしあなたが困った義父母の問題を抱えているなら、自分の人生をとりもどすための第一歩として、本書を手に取ってみるのはどうでしょうか。

内容(「BOOK」データベースより)

息子や娘を操る姑や舅の策略は、とどまるところを知らない。それは結婚生活に対する「敵対的な乗っ取り」だ。配偶者が夫や妻よりも、親との関係を優先していたら、結婚生活はますます揺らいでいく。あなたはただ苛立つだけで何もせず、やり過ごしていないか?ロングセラー『毒になる親』続編希望がわく、関係改善のヒント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 293ページ
  • 出版社: 毎日新聞社 (2006/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4620317578
  • ISBN-13: 978-4620317571
  • 発売日: 2006/2/1
  • 梱包サイズ: 19.4 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 99,784位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
嫁いだ先(あるいは妻の家族)で毒になる親に遭遇することがあります。配偶者はその「毒」に育てられた人。舅姑から容赦なく降り注ぐ毒から自分と愛する人の身を守るためにぜひ手にとって頂きたいと思います。自分達の人生を自分達の責任で生きていくことに罪悪感を感じているならば、きっと役に立つはずです。
コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
もともと実両親がコントロールする人間なため、「毒になる親」「不幸にする親」は所持している状況です。私の妊娠を機に、まだ生まれていない孫の教育について押しつけがあったり、条件付きの愛情が強くなってきたり、アポ無し訪問・過干渉の度合いが酷くなったこともあり購入しました。読んでみて、自分の親がしていたことは毒親がジジババになるとやらかす、よくある行動だったんだと気付きました。

幸い姑は良い人なので、「毒になる姑」というタイトルを購入するのにかなり躊躇しました。実家よりは義実家の両親の話になりますので、「毒になる姑」というタイトルに間違いはありませんが、実家の毒親が毒ジジババになって困っている場合にも参考になる部分はあると思います。(私が毒親との対決を出来ていない、言いたい事を毒親に言えていない状況だから参考になったという可能性はありますが。)

妊娠中、実親の過干渉でノイローゼになりかけていたのですが、実親の毒は治らないし気付かないとあきらめがつき、自身の心の整理が出来たので個人的には読んで良かったです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「親との関係が悪い」「義親との関係が悪い」これは、決して、本人のせいではないということがよく分かります。
嫁や婿のあら探しをし、コントロールしたがる、義親を持つ人。
義理親との関係に疲れている人。
義理親のお陰で結婚生活が破綻した人。

それは本人が悪い訳ではなく「親」に問題があるのだ。
それをこの本は教えてくれます。

この作者が書いた「毒になる親」を読んでから、こちらの「毒になる姑」を読んでみると、さらに理解が深まるかと思います。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自身が悩んでいたこともあり、読みました。
「そうだそうだ」と思っていたけど、実は誰にでもある要素だと思います。つまり自分もそうなる可能性があるということです。気付くか気付かないか、自分の人生を生きているか、それだけの差だと思います。

【親】というだけで特別な存在です。
実質年に数回しか会わず心から信頼しているわけではないのに、実の親並に扱わなければいけないし無意識に強要される。実の親とも一緒に住んでないのに同居を強要されたり、お金を取られたり、予定を把握され束縛されたり、職業を持つか持たないかまで口を出されたり、と様々です。

戦うことも必要、但し自らのために手放すという選択肢もある、という部分に救われました。
それほどまでに他人を変えるのは難しいということですね。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
姑が過干渉。

30年もそういう人達に支配されていると

夫はもうそれを異常と認識は出来ない。

私や自分の友人を平気でサンドバッグとして姑に差し出す。

この本を読んで、1度だけ姑と対決しようとしたことがあります。

でもね、相手は人の話なんて黙って聞かないんですよね。

ただ、その時のことがきっかけで、相手から「絶縁する!!」と言ってもらえました。

ありがたやありがたやです。

「毒親」本でもですが、最後に話し合いをとか、和解?を進める内容がありますけど

相手が理解できる場合に限ってだと思います。

だいたい、こういう正論を言って「そうだね、悪かったね」という程度の毒はたいしたことがない。

この本のようにすれば何もかもが上手くいくわけではないし、

配偶者が受け入れる器がなきゃ無理です。

ちなみに、うちの夫は何にも変わってません。

ただ、支配され続けるのをやめるきっかけにはなると思います。

自分の好きになった人の親だからって思って我慢し続けなくてもいいよっていうことです。
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー