毎日かあさん 豪華愛蔵版(初回限定生産DVD2枚組... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,500
通常配送無料 詳細
発売元: 森藤商店
カートに入れる
¥ 3,500
通常配送無料 詳細
発売元: Philox 【迅速・丁寧発送】
カートに入れる
¥ 3,500
通常配送無料 詳細
発売元: will-i-books
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

毎日かあさん 豪華愛蔵版(初回限定生産DVD2枚組)

5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 604 (15%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、SHOP KURO 真心を込めてお届けします☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 毎日かあさん 豪華愛蔵版(初回限定生産DVD2枚組)
  • +
  • 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 [DVD]
総額: ¥6,675
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 小泉今日子, 永瀬正敏
  • 監督: 小林聖太郎
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2011/09/07
  • 時間: 228 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0051PWQ60
  • EAN: 4988003806705
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 86,668位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

西原理恵子の原作を小泉今日子と永瀬正敏共演で映画化。漫画家のサイバラは、わんぱくな子供たちに振り回される毎日。一方で元戦場カメラマンの夫は、アルコール依存症から失敗を繰り返し…。ブックレットなどの特典付き。

内容(「Oricon」データベースより)

人気漫画家・西原理恵子原作の感動のベストセラー、ついに実写映画化!泣いてるヒマがあったら、笑おう。本音で生きるかあさんと、ちょっと変わった家族の感動の実話。小泉今日子、永瀬正敏ほか出演。特典ディスクやブックレット付きの豪華愛蔵版。初回限定生産。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 元夫婦の永瀬正敏さんと小泉今日子さんが夫婦役で共演と聞いた時どうなるのかな?と思っていましたが、映画を観ているうちに、そんな瑣末なことは忘れ去り、笑い、泣き、家族について考えさせられる映画でした。とにかく、こども役の2人が自然で可愛く、永瀬さんや小泉さんは積極的に子役たちとコミニケーションをとっていたそうで本当の家族に観えました。新聞の取材で小泉さんは子役達について「子供達は夏休みをツブして撮影に来るのだから現場を楽しいものにしてあげたい」と思ったそうです。

 またフォトグラファーとしても活躍していらっしゃる永瀬さんは、西原さんの夫の鴨志田さんが同じカメラマン(戦場カメラマンではありませんが)という事で、手にしっくりとカメラが馴染んでいて、エンドロールで鴨志田さんが撮影した写真とともに、永瀬さんが撮影中に撮った妻役の小泉さんやそのこども達のモノクロの写真が交互に映し出されるのですが、永瀬さんがカメラで撮った小泉さんや2人の子供たちはまさに家族の写真なのでした。「鴨志田さんを演じるというより鴨志田さんになりたかった」と語っていた」永瀬さん…。小泉さんも「強い母」を自然に演じていて、とにかくすんなりと映画の世界にはいっていけて、映画のコピー「泣いてるヒマがあったら、笑おう。」そのままだと思いました。

 鴨志田さん亡き後「トップランナー」に出
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
毎日新聞を購読していないので、「毎日かあさん」の原作漫画を読んだことがないんですが、
漫画家の妻(小泉今日子)と元戦場カメラマンの夫(永瀬正敏)、二人の子供たちとの日常と、
アルコール依存症の部分を描いた漫画を実写化した映画は、漫画のようにゲラゲラ笑え、
演歌のようにホロリと来て泣ける作品、面白かったです。特に子供の小西舞優(フミ)の話し方がなんともあどけなく可愛い声でした。

最期に流れたスタッフのクレジットの「音楽」担当に周防義和の名前があったので、流石にいい音楽を流すなと思いました。
渋い声で主題歌を歌っているのは、元憂歌団の木村充揮の 『ケサラ〜CHE SARA〜』とありました。
映画のバックから流れるこの「ケセラセラ」は、人生の応援歌のように聞こえて、とても感動的でした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 THE SUN ALSO RISES 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2013/10/3
原作や内容は、まったく知らなくて元夫婦の異例の共演という事で話題を集めていたので、観たのだが感動とか、そういった感情ではなく、不思議な感覚があった。

私も、数十年前にアルコール依存症になり、医師に安定剤と睡眠薬だけを処方して頂き、自力で治した経験があるので、やはり観ていると痛かったのだ。

入院を勧められたが、どうしても嫌だったので自宅で、のたうち回っていた。アルコールは薬物などとは違い、どこにでも売っているし、自販機などがあるので治療は難しい。

一年間、一滴もアルコールを呑まないでいると今は、ビール3本も呑めばベロンベロンになるほどになった。

なので、今では基本的にアルコールに弱く必要のない体となりました。

そんなふうに、もう少しだけ治療が早ければ、こんな結果にならなかったのではと思った。

しかし、永瀬さんの痩せていき方もリアルだった。

私もアル中の時は今より、18kgほど痩せていたからだ。

固形物が食べられないのである。 特に揚げ物などの高カロリー食を体が受け付けない。

しかし、キョンキョンは凄いなぁ(役ですが)とも思った。
涙ひとつ流さない、サバサバとしている。

そうだ、女は強いのだ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
女性が主人公の物語でこれだけタフな生き様を見ることはなかなか稀だろう。普通なら日々家庭で起こる事件の引き金を引くのは子供の役回り、ところが主人公西原と夫・鴨志田の家では、アルコール依存症で破滅型の生活から脱却できない夫が次々と珍事件勃発の引き金を引いてしまう。こんな波乱万丈の日常を赤裸々に描いたストーリーが我々の眼には驚きであり、また可笑しくもある。だが彼が戦場カメラマンという過酷な試練に晒されたことを思えばむげに悪者扱いはできない。さりとて彼の引き起こす事件は生半可ではない。こんな否定と肯定とを行きつ戻りつする山谷が我々の心を小刻みに揺さぶる。夫に愛想をつかした西原はついに離婚を決意。しかし、二人の間には最後まで切っても切れない一本の糸が通い合う。やはり飲んだくれだったという父に元夫の姿を重ねて、いわゆるダメ夫を完全に突き放してしまわない理恵子の懐の深さに彼女の歩んだ過去、彼女の中で育まれた人生観を見ることだろう。親子や夫婦といった濃い関係までも容赦なく、また顧みることなく放棄してしまう昨今、彼女の一種諦観にも似た開き直りはいつしか近視眼的なものの見方しかできなくなりかけた我々に生き方のヒントを与える。多くの逆境に耐えながら同時にそれを受け入れることは難しい。だが、そんな人生を漫画に例えれば、自分が主人公を演ずるのではなく、漫画の読者へと立場を替えることでそれが可能になることを漫...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック