通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
母性 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

母性 (新潮文庫) 文庫 – 2015/6/26

5つ星のうち 3.7 81件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 母性 (新潮文庫)
  • +
  • 花の鎖 (文春文庫)
  • +
  • 贖罪 (双葉文庫)
総額: ¥1,986
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。……遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が入り混じり、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも――。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語。

内容(「BOOK」データベースより)

女子高生が自宅の中庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。…遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が交錯し、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも―。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 359ページ
  • 出版社: 新潮社 (2015/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101267715
  • ISBN-13: 978-4101267715
  • 発売日: 2015/6/26
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 81件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,638位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 目黒区民 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/6/5
形式: 文庫 Amazonで購入
いきなり話にグイグイ吸い込まれていく行く感じで読んでしまいます。
人物設定も心理描写もよどみなく表現されていて、とても面白かったです。 
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
とても良かったです。ぐんぐん読んでしまいました。読み進めるうちにからくりがわかってきます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
母の感じ方と娘の感じ方が同じ出来事を通しても違うことを、うまく表現している。
読みながら、私なら、そんなばあさんのいる家は出ていくだろうな…とか、
娘にこう声をかけるだろうな、とか、
母にこう言うだろうな…など
自分に置き換えながら読み進めました。

母は自分の母が大好きで、依存しており、
娘に対する母性は発揮できていないように思う。

娘は愛されたかったのだと思う。

父(夫)が違えば、
この母、娘は違った意味で
昔から幸せになれたのかもしれない…
そう思いました
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 海猫 投稿日 2015/8/21
形式: 文庫 Amazonで購入
とても面白くて良かったです。単行本は好きですが文庫本は基本的に嫌いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルにインパクトがあり、読み始めてあっというまに読み終えました。
すごく考えさせられる内容です。親子関係がうまくいっている方には
共感できないかもしれません。私にとって感慨深い小説でした。
気付きのある本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
話題になっていたので、気になっていたのですが、
中々読むことができず。。。やっと読むことができました。
あっという間に読んでしまいましたが、
話の展開と、湊先生の群像劇の表現はやはり、
各登場人物たちを際立たせておりました。
母性とはなにか。ふと自分の本性を疑ってしまう、
ちょっと怖い物語です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まきこ 投稿日 2017/5/17
形式: 文庫
とにかく、読んでいて滅入ってしまうような いじめ表現、辛くて暗い描写が多く、後味が悪かった。
湊かなえさんの小説はそれなりに読ませてもらっていますが、今後湊さんの本を読んで、また同じ後味の悪さを感じたら・・・と抵抗を感じた作品でした。
表現力、ストーリーは別として、自身が子供を持っている母親として、子供を愛せない女性の話は読んでいて辛かったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
語り手は3人いて、そのうち2人は同一人物だということは割と早い段階で気付きます。
語り手1は最初から最後まで暴走しっぱなしです。2は最初から最後まで健気で不器用です。よって誰もが3に期待します。「真相は?結末は?」と。
ところが、なんと全てを解決してくれたのは「時間」でした。えっ!?てなりました。
面白かったです。ただ、パンチの効いた結末を望んでしまう私にはもの足りませんでした。でも現実はこうなんだろうと思いました。「事実は小説より奇なり」とは言うものの、実際現実社会で「衝撃的な出来事」を解決するのは「パンチの効いた結末」ではなく「時間」ですからね…。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 招福犬 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/5/30
形式: 文庫
母親の望む理想の子供に育て上げた祖母。
その子供が母親になってからも、祖母(母親)の描く理想の娘で有り続けようとして、
我が子にまでその生き方を押し付ける。
子供がどうしたいかよりも、どうあるべきかだけを押し付け続け、
自己を失い、母親がどう思いどう感じるかだけを考えて行動する人間になってしまった。

この小説の序盤を読んだ段階で、自分の子育てを反省し、我が子に自分の思いを伝えておこうと思った。
普段、私がやっている子育ては、ともすると条件付きの愛情のような気がした。
だから、『色々な事で叱る事はあるけれど、可愛いと思っているし、どんな事があっても必ず守る。』と伝えた。

この小説を読んで良かった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
湊かなえさんの告白がすごく衝撃的な
物語で湊かなえさんの大ファンになりました。
母性は本当に面白かった
しかし、最後がちょっとあっけなかった気がする(笑)
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー