通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
母娘喰い 奪われた媚肉 (リアルドリーム文庫 76... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

母娘喰い 奪われた媚肉 (リアルドリーム文庫 76) 文庫 – 2011/12/22

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 761
¥ 761 ¥ 232

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 母娘喰い 奪われた媚肉 (リアルドリーム文庫 76)
  • +
  • 熟母略奪 息子の前で犯されて (リアルドリーム文庫82)
総額: ¥1,522
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

巧みに家族を人質に取られ、抗えぬまま寝室で、キッチンで熟れた媚肉を蹂躙されてゆく主婦・由香里。やがては娘までもが毒牙に――。

内容(「BOOK」データベースより)

家族と穏やかな生活を送っていた主婦・由香里。しかし夫の部下に娘を人質に取られ、抗えぬままに寝室で、キッチンで熟れた媚肉を貪られることに―。「もう許してください、そんなにされたら…あああッ」やがて夫の目の前であられもなく喘ぎ声をあげ、淑やかな人妻が、凛とした少女が雌奴隷に堕ちてゆく。


登録情報

  • 文庫: 286ページ
  • 出版社: キルタイムコミュニケーション (2011/12/22)
  • ISBN-10: 4799201743
  • ISBN-13: 978-4799201749
  • 発売日: 2011/12/22
  • 商品パッケージの寸法: 15.3 x 10.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 554,370位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 DSK トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/9/28
形式: 文庫
官能小説としてはフランス書院文庫から2作、マドンナメイト文庫から3作上梓されてきた作者にとってリアルドリーム文庫からは5作目となる本作。相変わらずな悩ましさと艶かしさを纏った凌辱作品を書き上げるものである。

年下上司であるヒロインの夫の優しさにつけ込んで図々しく振る舞っては、その妻たる美貌のヒロイン(かつての後輩であり、以前からつきまとっていた)に狙いを定め、執拗かつ粘着質に迫り、遂には夫から奪っていく凌辱者の真っ当に下衆なところがよく描かれており、さらに娘の純潔をも頂いた後には会社の社長にもこの母娘を献上して自らの出世のネタとしておき、夫の目の前で大いに見せつける独善的な鬱憤を晴らした最後には夫を社会的にも墜落させる周到な略奪振りには思わず唸ってしまった。「よく考えたなぁ」と思わせる凌辱作家としての面目躍如たる部分であろう。

外回りの営業という立場を活用して夫の出勤直後に現れては時間をかけてじわじわと妻を追い詰めるいやらしさ、貫いてからは夕刻まで延々と繰り返される凌辱のいやらしさが存分に出ており、後日になっても帰宅した娘を通して妻(母)のいたぶられている様子、抵抗しつつも昂りには抗えず屈してしまう様子が(個人的にツボだったこともあり)圧巻の筆致で描かれていたと思う。妻が陥落するまでの前半は素晴らしい。

おそらく今回
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 北都凛先生とasagiri先生ということでかなり濃い内容だとは思ってはいましたが案の定かなりの重厚感に圧倒されております。
 内容は、人妻の由香里がかつて夫と共に勤務していた一回り年上の中年部下に引っ越しの手伝いと称してくすぶっていた欲望をぶちまけ、それで由香里を脅し、さらには娘の沙緒里の処女を奪い手懐けて会社の社長に性接待させて最後には夫の目の前で母娘を陵辱するという顛末です。(さらには夫は課長を降格され代わりに中年部下が課長になるという始末)そのためここにはハッピーエンドは存在しません。
 陵辱劇ということもあってか内容の違和感はありますがそれをasagiri先生のなまめかしいイラストがカバーしており星四つ。いつもはインパクト大の胸の絵も今回は控えめでとても魅せられました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
安定した文章と設定も期待していた通りだった。できれば、続編もあればと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告