通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
母娘問題 - オトナの親子 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

母娘問題 - オトナの親子 単行本 – 2017/2/8

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/2/8
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 739 ¥ 643
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 母娘問題 - オトナの親子
  • +
  • おかあさんの扉6  ピッカピカです六歳児 (オレンジページムック)
総額: ¥1,985
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「あなただけは分かってくれるはず。だって血のつながった母と娘なんだから」――
オトナになった母娘の関係を時に重く、時にユーモラスに描いたコミックエッセイ。あの手この手で娘たちを支配しようとする母親たちの姿は、恐くもあり、おかしくもあり、“あるある"と共感するところもあり。
読売新聞生活部によるコラム「オトナの親子」も掲載。様々な方から寄せられた体験談とともに、専門家からのアドバイスも。親との関係に悩み苦しんでいる全ての人におくります。

内容(「BOOK」データベースより)

「母が重たい」悩む娘、「娘と連絡取れない」嘆く母。親との関係に悩む全ての人におくります。読売新聞好評連載「オトナの親子」拡大版コミックエッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 124ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2017/2/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4120049388
  • ISBN-13: 978-4120049385
  • 発売日: 2017/2/8
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,967位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
漫画の部分が共感できました。
文章の部分は、飛ばし読みしてしまいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
母娘問題、誰でも少しは悩むところがあると思いますが、重く考えるとどんどん気分が沈んでしまうもの。でもこの本は、いろいろんな実例をユーモラスなマンガ仕立てにしてくれているので、「ああ、あるある」と共感しながら読むことができます。最後の「歩み寄りのカタチ」の章には思わず、涙が溢れます。母娘問題に悩んでいない人にも、「母と娘」を見つめ直すよいきっかけになると思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ここまでの情報から容姿置換に用いる「パターン」の正体は何なのかが解明可能なのだ
これは「親子仲」を連想させるキャラ同士の関係を元に容姿置換を行っていることを意味しており
「キャラAにとってのキャラBは親又は子供」を意図したものが
「キャラAの容姿をキャラBの容姿へと置換する」だということが判明するのである
つまり「キャラAとキャラBの関係は親子仲のそれと同じ」を意図した設定が
「キャラAの容姿をキャラBの容姿へと置換する」及び「キャラBの容姿をキャラAの容姿へと置換する」なのである
つまり「親子仲当然の中」を表現することこそ容姿置換配置の真相なのである
2 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告