通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
母になる、石の礫【つぶて】で (ハヤカワSFシリー... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 POTE-YA
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。表紙に少しキズが見られますが、特に大きな損傷や汚れなどなく概ね良好です。OPP袋にて梱包しゆうメールで発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

母になる、石の礫【つぶて】で (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション) 単行本 – 2015/3/20

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,237

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 母になる、石の礫【つぶて】で (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
  • +
  • 波の手紙が響くとき (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

約百年後、地球を脱出した技術者達は小惑星帯にて3Dプリンタ応用技術で小さな共同体を創っていた。だが彼らと〈二世〉及び地球との対立は発火点を超える。ハヤカワSFコンテスト最終候補作。

内容(「BOOK」データベースより)

3Dプリンタが驚異的進化を遂げ、建築物から料理まで直接出力出来る未来。禁断の実験に手を染めるため地球を脱出したファナティックな12人の科学者は、火星と木星の間の小惑星帯にコロニーを建設していた。“始祖”と呼ばれる彼らに産み出された“二世”の虹、霧、針、そしてその下の“新世代”を含む4人は、コロニーを離れ自らの“巣”を建設していた。あるとき虹は、母星の地球から威圧的に近づいてくる巨大構造物に圧倒される。虹たちは対策を検討するため7年ぶりに“始祖”と再会するが、それは過去に2名の“二世”を失った事件に端を発する確執の再燃でもあった―未来的閉塞環境で己の存在意義を失った異形の若者たちの惑いと決意を描く本格宇宙SF。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 350ページ
  • 出版社: 早川書房 (2015/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152095202
  • ISBN-13: 978-4152095206
  • 発売日: 2015/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 546,862位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
面白いハードSFでもあるし、洗練されたサイボーグSFでもあるだろう。
サイボーグSFに分類するのはぼくの判断だが、この重厚な物語を読んで、
いや、これはサイボーグSFではないという人がいてもかまわない。
それくらいに解釈はさまざまな作品だと思う。
3Dプリンタの話であるというのは知っている人は知っているかもしれないが、
3Dプリンタの未来における話である。だいたい2100年くらいを舞台にしている。
宇宙に3Dプリンタで生活する宇宙移民者たちがいて、その人たちの話である。
新しい展望を見せてくれるSFであるとはいえるので、SFファンならおすすめだ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「母を産みたいんだよ」
「どっちの母を?」

冒頭の言葉遊びのような描写にやや身構えてしまうが、読み進めるにつれ、3Dプリンタが発達していった未来での、主人公たちが母と呼ぶもの・概念がだんだんわかってくる。3Dプリンタを基点としているので、よくあるナノテクものよりもモノが生成されていく過程がより具体的で、ハードSFでもここまで「モノを作り出す」ことを描いた作品はちょっと記憶にない。

それともうひとつの大きなテーマは、テクノロジーとともに変容していった人間性と、その時点でのそれでもわき上がってくる葛藤や感情、ということのように感じた。その点ではジョン・ヴァーリィの「八世界」の一連の作品を連想させる。始祖たちの描かれ方にはちょっとラファティの薫りも。

SF好きで、ここに書いたようなキーワードにピンと来る人には、ぜひ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告