通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
母と神童―五嶋節物語 (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ページヨレがございます。外観上キレイな物を出品しておりますが、中古品につき若干の使用感、傷み、ヤケ、折れなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。検品には万全を期しておりますが、検品漏れなどがあれば、ご一報下さい。対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

母と神童―五嶋節物語 (小学館文庫) 文庫 – 2001/9

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 751
¥ 751 ¥ 20

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 母と神童―五嶋節物語 (小学館文庫)
  • +
  • 「天才」の育て方 (講談社現代新書)
  • +
  • 千住家の教育白書 (新潮文庫)
総額: ¥2,079
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

世界的天才バイオリニスト五嶋みどりと龍を産み、育てた母・節の夢と波瀾に富んだ半生記。若き日にバイオリニストをめざしながらも挫折した節は、娘のみどりにその夢を託して渡米。母娘で厳しい試練に耐えやがてみどりの才能は開花する。その間、夫と離婚。やがて新たな伴侶を得て、龍が誕生。龍もまた、節の教育により、バイオリニストの道を歩み始めた……。華やかな成功の影に秘められた喜びと苦悩。世代を超えて共感を呼んだ感動の記録、待望の文庫化。

出版社からのコメント

天才バイオリニスト「みどり・龍」は、いかにして誕生したか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 473ページ
  • 出版社: 小学館 (2001/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094080015
  • ISBN-13: 978-4094080018
  • 発売日: 2001/09
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 140,078位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 単に演奏家の、自伝的物語ではない。母の節さんの人生小説である。時代背景や女性演奏家として認められなかった時代から、苦労して
みどりさんを、天才と言われるまで育て、アメリカで幸運にも、世界にデビューできるまで、苦労して育てた事実を描いている。
 編集者の奥田さんの、冷静な目と文筆家としての生きた描写が、五嶋節とみどりの実像をうまくとらえている。
また、アメリカで優秀なバイオリン指導者に巡り合えた話や、娘みどりに非常に影響を与えた、母親として、指導者としても高いレベルであったことが
うかがえる事実が興味深い。
 先入観をもたずに、読んで欲しい。お勧めの本、読後感のある内容だと、私は感じる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
結果として素晴らしい才能を伸ばすことができたけど、この生き方はまねできない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ショックだった。 愛ある虐待の話である。天才であっても3歳より長時間の厳しい練習を強いられなければならないのだ。音楽界の姫と王子は文化継承の犠牲となった。演奏会に足を運ぶMidoriファンの私もまた、立派な共犯者であると感じた。著者が主人公の知人なのでフェアでないと思わせる箇所は納得できない。『絶対音感』に続き、幼児早期教育が過熱する憂いはみじんもないのが不思議である。よく読んで考えて欲しい。育児の参考になった、という感想が多いのはどういうことなのだろう?
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
普段はヴァイオリニスト五嶋みどり、龍の陰になってしまって語られる事がほとんどないヴァイオリン教師五嶋節。この本はみどり、龍姉弟と母である彼女のストーリー。
本書からは五嶋節さんのヴァイオリン、そして生きる事に対してのひたむきさが感じられます。
母としてヴァイオリンを通しての愛情表現。
姉弟の休む事なく続く練習の日々。ママの愛を感じればこそ耐えれた厳しいレッスン。
みどり、龍姉弟のレッスン風景は”ローマは1日にて成らず”という諺を思い出させます。
自他とも認める厳しい先生の節さんですが、クライスラーを語っている部分で、”やっぱり、人間て、やさしさですよね”との言葉は印象的でした。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
・すごい
五嶋みどりを育てた彼女には、どれほどのエネルギーがあるのだろう。
自身の才能のほかに、「食べていけるバイオリニスト」を一人育てたのだ。
「おなかがすいて困っているひとに、ある人は魚を与え、ある別の人は魚の釣り方を教えた。」という話がある。節さんは娘に多分、ひとつの方法を教えた。わたしも自分の子供と戦いながら子供に魚を釣る方法を教えたい。

・わたしの反論
節さんの意見に、わたしは異論があるところがある。「本当に苦しんでいる人はクラシックを聞きたくない」というところだ。全てそうではないですよ。心に鳴り響くクラシックで、がんばって生きている人は沢山いますよ。

・わたしの願い
一度でいいから節さんの演奏を聴きたい。好きなクライスラーを演奏してCDを出して欲しい。

ちなみに「絶対音感」という本がありますが、その本の一部は「母と神童」の続編のようになっている。その後の五嶋節さんに会いたい人は読んではいかがでしょうか。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
五嶋親子の関係やみどりさんのこれまでの活動がよくわかりました。なんだか自分もバイオリン業界の事が少しわかったような・・
そんな気になります。五嶋ファミリーの存在が近くなったような・・そんな気もします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック