この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

母と娘‐ふたつの秘悦‐ (竹書房ラブロマン文庫) 文庫 – 2010/7/26

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
文庫
¥ 300
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

脱サラしてアジア料理店を経営する富永修一は、妻に先立たれたが、息子の祐介と嫁の景子、さらに離婚していて独り身の景子の母・亜矢子も迎え入れて四人で暮らしていた。そんな中、息子が大阪に長期出張になり、家は修一と母娘の三人に。二十三歳で清楚な美貌を持つ若嫁の景子と、四十三歳で熟れ切った色香を放つ亜矢子の母娘に対し、徐々に惹かれていく修一だった。さらに二人は、経営の芳しくない修一の店を手伝うことになり、ベトナムの民族衣装「アオザイ」を身に纏い、セクシーな姿で給仕をするようになる。修一は美しい母娘にますます魅了されていき、遂には…。若肌と熟肌が誘う、かつてない絶頂を描いた書き下ろし回春エロス。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

霧原/一輝
昭和28年、愛知県名古屋に生まれる。早稲田大学文学部に入学後、演劇活動に邁進。平成18年に『恋鎖』(双葉社)で霧原一輝としてデビューし、次々と作品を発表。現在、北関東に居を構え、エロスを追求しながら様々な文筆業を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 315ページ
  • 出版社: 竹書房 (2010/7/26)
  • ISBN-10: 4812442532
  • ISBN-13: 978-4812442531
  • 発売日: 2010/7/26
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 464,883位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2015年10月21日
形式: Kindle版|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト1000レビュアーVINEメンバー2010年11月2日
形式: 文庫
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年10月17日
形式: Kindle版
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告