中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体にヤケ、少々ヨゴレ等あり。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

殺意の風景 単行本 – 1985/4

5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第13回(1985年) 泉鏡花文学賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

断崖絶壁に立った時の血が引いていくような戦慄、季節はずれの別荘地の静寂につつまれた時の本能的な怯え。―北は北海道の十勝岳、シラルトロ沼から、南は九州の平尾台、高千穂峡まで日本全国18カ所の風景を〈主人公〉にしたユニークな旅のミステリー。非情な大自然が人間の心に呼びおこす名状しがたい恐怖を、時刻表や心理のトリックを駆使して描き出す。泉鏡花賞受賞。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 227ページ
  • 出版社: 新潮社 (1985/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103335041
  • ISBN-13: 978-4103335047
  • 発売日: 1985/04
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 924,341位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
著者は周知のように、乗り物完乗記とでも言うべきノンフィクションのみを書き続けてきたので、どこかでフィクションを書いてみたいと思うようになったのではないか。それもしかし自分の旅行体験に基づいていて、読む方からすれば旅行記に近いものに感ずる。そこが非常に新鮮に思えるのだが、著者がもっと長生きをし、旅行が不可能でもベッドの中から回想しつつこのような作品をもっと出して欲しかった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
断崖絶壁や樹海はたまた火口等、サスペンスドラマ定番の殺人や死を連想する非情な風景をモチーフにしたライトなミステリー集です。鉄道紀行作家ならではの著者お気に入りのこだわりの風景を絡めて物語は進みます。とはいえ、トリック性よりも単なる主人公の恐怖心からの思い込み、人間の本性、劣等感、裏切り、、、とあくまでも誰もの心の奥に潜むさまざまな負の感情を非情な風景と重ね合わせて描き出し、読者に共感を求めます。尻切れとんぼ的な終わり方は著者の数多いエッセイと同様、余韻満点。どう表現しようかと頭を抱えて苦しみつつ捻り出したのがわかる、若い女性主人公の文体もなんとも素敵です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 著者は巷間、分類されている「〜鉄」ではなく、線路のぐるりに必ず風景と歴史を
滲ませて文章を書き続けた。この一冊は、作品名、著者を見ないで、頁をめっくても
彼の作品であると直感出来る珠玉の短編集である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す