通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
殺人鬼(サイコパス)狩り がカートに入りました
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

殺人鬼(サイコパス)狩り 単行本 – 2016/2

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 281

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 殺人鬼(サイコパス)狩り
  • +
  • 18禁日記 (TO文庫)
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

東京から千キロ離れた羊頭島にある刑務所から、五人の囚人が脱獄した。彼らはいずれも大量殺人を犯したサイコパスで、放っておけば島の人間が全滅する恐れさえある。事件解決のために集められたのは、隣島の警察官三人。さらに猟奇犯罪対策部の部長の命により、一人の少女が同行することになった。その少女―園田ユカこそ、警察が用意した最強の切り札。彼女もまた、大量殺人者であり、サイコパスだった―

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

二宮/敦人
1985年、東京生誕。一橋大学経済学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 366ページ
  • 出版社: アルファポリス (2016/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434217186
  • ISBN-13: 978-4434217180
  • 発売日: 2016/02
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80,783位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
それぞれのサイコパス達のエピソードや、サディスティックな殺戮方法など、まさに「通り名」そのものだった…!

【園田ユカ】という、サイコパスでありながら警察の切り札であるという「毒を以て毒を制していく」ストーリー進展が気持ちいい。
過激な表現やグロテスクな描写があるものの冗長にならず、そのおかげでサイコパスの世界観を高く表現出来ているし、それぞれのエピソードのたたみかたも上手い。

ファンからしたら「やっと強烈な二宮敦人さん色の本が出た!」と、思わず喜びたくなるような醍醐味を味わえるはず。
そして、一筋の救いを感じられるような…サイコパスの心に重きを置いた濃い内容は、必読!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人を殺すことに何の抵抗もないサイコパスたちの心の中は、本当にこうなっているのかもしれないと思わせられた。
警察側についたサイコパスのユカの苦しみには、思わず共感してしまった。
誰かが殺してくれるから、自分は誰も殺さずに済んでいるのだろうか。
サイコパスによる殺戮シーンは、正視できないほどおぞましい。
しかし、サイコパスと一般人の心理が交錯する場面は、一読に値すると思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 叶人 投稿日 2016/11/11
形式: 単行本 Amazonで購入
サイコってますねーww グロい表現が結構ヤバイけど面白かった笑
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告