通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫) 文庫 – 2011/5/7

5つ星のうち 3.0 103件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,719
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
  • +
  • インタビュー・イン・セル 殺人鬼フジコの真実 (徳間文庫)
  • +
  • 女ともだち (講談社文庫)
総額: ¥2,253
ポイントの合計: 202pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女。だが、彼女の人生は、いつしか狂い始めた。人生は、薔薇色のお菓子のよう…。またひとり、彼女は人を殺す。何が少女を伝説の殺人鬼・フジコにしてしまったのか?あとがきに至るまで、精緻に組み立てられた謎のタペストリ。最後の一行を、読んだとき、あなたは著者が仕掛けたたくらみに、戦慄する!

出版社からのコメント

十数名を殺害した伝説の殺人者フジコ。少女はなぜ殺すのか。最後の一行を読んだ時、切なくも驚くべき著者の仕掛けに驚愕必至!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 429ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2011/5/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198933677
  • ISBN-13: 978-4198933678
  • 発売日: 2011/5/7
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 103件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,797位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
アマゾン5つ星は「気に入った」を意味するとのことですが、決して気に入ったわけではないのだけど、5つ星評価をせざるを得ない・・という有無を言わさぬエネルギーを持った作品です。痛いし、辛いし、苦しいのだけど、読むのをやめられなくて一気読みしてしまいました。フジコのような人物が出てくる小説は他にも読んだことがありますが、フジコは、いままで読んだどの人物よりもリアルで、創られた感じがまったくせず、こういう人が本当にいそうでした。それだけに、狂気や闇の部分ばかりが目立つことなく、普通に幸せになりたいと願っているフジコの人間的な生々しさには同情すら沸き、そこに真梨さんの筆力を感じました。一人称的な描き方で、読者に豊富な(?)イメージを喚起させるので、よけいにこわかったです。真相には衝撃を受けましたが、こんなに救いのない結末に、嫌悪感もなく余韻を感じた小説は他になかったと思います。本当に、最後の最後まで、読ませる小説です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
フジコに対する虐待や、いじめ・暴力…、これでもか、これでもか…と続きます。
そのフジコが大人になり、大嫌いだった母親にどんどん似ていく…。
虐待された子供は、同じように虐待をしてしまうのか…。
このカルマから逃げ出すことが出来ないのか…。
思いっ切りダークに重く圧し掛かってきます。

ばれなきゃいいんだ…と殺人を繰り返し、自己を正当化し殺人鬼フジコになっていく。
もうどろどろ…、更にどんどんと暗闇に追い込まれていきます。

そして…
最後にどんでん返しがやってきます。
このミステリーがなくても、ホラーとして充分に成立する内容。
ミステリーのどんでん返しは見事なものなのですが、いじめと殺人があまりに重いので、あっ!という驚きが薄れてしまったのが残念。
とにかく重く、思いっきりダークな作品なので、気力が失せている時にはお勧めできません。
気力・体力のある時に、チャレンジしてください。
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
様々な悪意を持った登場人物が織りなす負のスパイラル。同情してたらそいつも悪人、ありえないと思う反面、最近の色々な事件を見ると、当事者たちの環境はこれに近かったのかもとも思えてしまう。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最高に後味の悪い小説という評判で読んでみました。
救いが無いとかグロテスクであるとか、ストーリーや描写は、ありがちな物だと思いました。
ただ、これをフジコが何らかの精神疾患を患っていて、それが表面化してくる過程と捉えると、
狂気に彩られていく心理状態の変遷がとても良くわかる秀逸な文章だと思いました。
前半は、幼少時代のいじめ、これが「今の時代でも十分ありそうなことだなあ」と感じさせられ怖かったです。
中盤以降になると、フジコの幻覚なのか、実際に起こったことなのか、読んでいてわからなくなる部分が出てきて、
何度かページをさかのぼって読んだりしましたが、終盤で、もう殺人と言う行為に慣れてしまってジェットコースター状態になってから
色々分かってきます。
読み始めると、一気に読めます。
私は大変面白い小説だと思いました。
内容的にかなり気持ちが悪い物で、座右に置きたい物ではないので星一つ減らしただけです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 asa 投稿日 2016/6/17
形式: 文庫
尾野真千子さんのドラマを見て面白かったのですが、どうにも納得いかない部分があったので本を読みました。
納得いかなかった部分は解決出来ました。
小説としての完成度を求めると幼稚に感じる内容でしたが、読みやすく内容が頭に流れ込む様な作品です。
ただ、こんな事あるかよ!なんでだよ⁈的な心理を持って読んでしまうと一気につまらなくなる作品だと思います。
「事実は小説よりも奇なり」で◎
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品の凄さって何かというと、読んでいるこっちの世界が歪むような目まぐるしい程の場面展開と虚実が絶妙に混ざり合った文章に尽きます。

うっかりすると読んでいる間に脳内から消え去ってしまうのですが、一番大事なポイントとして「この作品には複数の書き手がいる」というところ。現実の作者である真梨幸子、そして前書きと後書きを書いた人物、フジコの物語を書いた人物、そして一番最後に衝撃を与えてくれる名もない書き手の4人が存在し複雑な世界を構築しています。

そもそも冒頭から「これは殺人鬼フジコの娘が書き上げ、書き上げた後に自殺した」と書かれており、続く本編は「作中の人物の書いたもの」である事を承知して読み始めたにも関わらず、作者のその巧みな筆致に導かれ無意識のうちに作者である真梨幸子の作品のように読んでしまうとことが素晴らしいです。まるで一流の奇術のように作者の術中にハマってしまうので、正直なところ残酷な描写がどうとかはハッキリ言ってどうでもいいくらいです。

作中では殺人鬼フジコの生涯がま永遠に続く悪夢のように描きだされます。それはフジコの幼い頃の体験から壮絶である種の哀しみに満ちた人生につながり、その悪夢はフジコの娘にもコピーのように受け継がれ繰り返されていき、読者はその断ち切られない悲劇と悪夢に翻弄されるのです。フジコが幼い頃に
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー