通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

殺人者たちの午後 (新潮文庫) 文庫 – 2016/4/28

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 48

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 殺人者たちの午後 (新潮文庫)
  • +
  • 闇の女たち―消えゆく日本人街娼の記録― (新潮文庫)
総額: ¥1,577
ポイントの合計: 49pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「あなたはなぜ、人を殺したのですか?」死刑制度のないイギリスで、殺人を犯したのち、仮釈放され社会のなかで罪を償うことになった終身刑受刑者たちに取材した驚異の告白録。息子を殺し、自らの狂気におびえ続ける男。祖父をハサミで刺し殺し、刑務官になることを夢見る青年。人を殺めたのち、奇妙な自由のなかで生き続けることを命じられた10人の魂の独白を、沢木耕太郎が訳出。

内容(「BOOK」データベースより)

「あなたはなぜ、人を殺したのですか?」死刑制度のないイギリスで、殺人事件を犯した後、仮釈放され社会のなかで罪を償うことになった終身刑受刑者たちに取材した驚愕の告白録。息子を殺し、自らの狂気におびえ続ける男。祖父をハサミで刺殺し、刑務官になることを夢見る青年。人を殺めたのち、奇妙な自由のうちに生き続けることを命じられた10人の魂の独白。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 375ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102200312
  • ISBN-13: 978-4102200315
  • 発売日: 2016/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 480,345位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 原題はLife after lifeという。lifeには人生,生活,生きる,などのほかに終身刑という意味がある。つまり,殺人を犯して終身刑を受けた,その後の人生,ということである。犯罪を犯した人が,どういった人生を歩み,何を感じているのか。著者のトニー・パーカー氏による10人の犯罪者へのインタビューである。
 訳文のよさもあるが,どんどん引き込まれていく。一見すると生育環境の不遇さは共通項として見出しうるが,しかし生育環境が不遇だとしてもほとんどの人はまっとうに生きている。しかし,やはりお金を稼ぐことや他の人間(家族でなくとも)とのつながりがとぼしければ,社会生活に戻ることはなかなか困難だろう。そういった意味で,保護観察などの仮出所後のフォローの重要性を感じる。
 とはいえ,自分の隣人が仮出所者であると知ったら,どう感じるだろうか。恐怖を感じないといえば,嘘だろう。だが,そうして人とのつながりや居場所を失うことで,さらに犯罪を繰り返すことにつながるのかもしれない。危険だから塀の中にずっと閉じ込めておけ,という単純なものではないように感じる。なんにせよ,こうした犯罪者や殺人者の姿を,私たちはもっと知ったほうがいいと思った。この本は,その絶好のノンフィクションである。(もちろん,犯罪被害者のことも知る必要があるし,そもそも重大犯罪が起きないような取り組みこそ重要な
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
怖い。

この「殺人者たちの午後」、
すなわち殺人者へのインタビューを読んでの感想だ。

恐怖は2種類ある。
ひとつは更正した彼らが語る言葉の端々に姿を現す微妙な違和感。
これはじわっと怖い。
殺人まで至ってしまった人間がもつ衝動やエゴは、
インタビュー中にそっと貌を覗かせている。
笑顔の絶えない腰の低いという不運な受刑者、
刑務所で恋に落ち更正を果たした男。
インタビューはまあ筋が通っているのだが、
でもその言葉の端々にかすかな狂気を感じてしまう。
それが怖かった。

もうひとつ。
殺人の記憶か逃れられない人々の抱える闇が怖い。
これは罪の意識と言っていいのだが、
一生十字架を背負うということは、こういうことかと、思った。
特に2番目のインタビュー。息子殺しの男の最後のセンテンスは衝撃だ。
そんじょそこらの文学、映画にはない、本当の罪と罰が描かれている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
殺人と聞くとあまりにも特別で、あまりにも私たちの人生から遠くある単語である。
しかし、この本では一つの日常のように殺人がそこにある。
ある殺人者は台所でコップが割れるようにと隠喩しているのだが、ほんとうに殺人はすぐそこにあるのだろうか?
時代的背景が原因だと思われるが、本での殺人の根底の多くはその人の生い立ちであるように思えた。
その時代、欧米では幼少期の心的トラウマが殺人に駆り立てると言われていた。
ある意味でそれを補完するインタビューが多くあったように思える。
全体的に悲しく、同情的にならざるを得ない、
罪を憎んで人を憎まず、それを強く思ってしまった。
ただし、罪を犯すことを決して肯定はできない。
作者もそう思っているのだろうか、私見を入れずに徹底的にインタビューに徹している。
その意味で、判断を読者に投げかけていると思われた。
インタビューの難しさを乗り越えている本だと思った。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人を殺した後、終身刑を宣告された人がどのように生きた、生きているかという、殺人者10人へのインタビューを文章にして本にしたもの。感動した。

語られている言葉は少しもむずかしくない。けれど、人生の重さが、とても重く、生々しく感じられた。殺人を犯したことに対する罪をあがなうには、死刑にされることなのか、終身刑として生きていくことなのか。生きるとはどういう事なのだろうかと、考えさせられた。

インタビューを受けた人たちには、幼児期の生育歴に共通点が見られるような気もした。そこが、もっとインタビューの人選が広くてもいいのではと思ったり、インタビューに応じる人は限られているのかも知れないと思ったりしました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー