中古品:
¥ 1,980
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆  訳有り新品 ◆ 新品未開封ですが、ジャケットにヤケあり。他は綺麗です ◆ 迅速・丁寧なAmazonからの発送になります。 尚、当店の商品はAmazon倉庫に保管してありますので商品詳細に関するお問い合わせにはお応えし兼ねます。何卒ご了承くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

殺人狂時代 コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 4,200より 中古品の出品:10¥ 1,629より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: チャールズ・チャップリン, マーサ・レイ, イソベル・エルソン, マリリン・ナッシュ
  • 監督: チャールズ・チャップリン
  • 製作者: チャールズ・チャップリン
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2004/03/21
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001E3CLE
  • JAN: 4988102951412
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 171,087位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

「チャップリンの独裁者」以来7年ぶりで製作し、製作・脚本・監督・主演を1人で行なった作品。失業した銀行員が妻子を養うために、結婚詐欺と連続殺人に手を伸ばしていく姿をブラック・ユーモアで描いた。

レビュー

製作・監督・脚本・音楽・出演: チャールズ・チャップリン 撮影: ローランド・トサロー 出演: マーサ・レイ/イソベル・エルソン/マリリン・ナッシュ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

金持ちの中年の女性をターゲットにして金を巻き上げ用がなくなれば殺してしまう。もうこの作品に出てくるチャップリンは今までのおどけたピエロではなく恐ろしい殺人鬼である。主人公のアンリは長年勤めていた銀行をリストラされてしまう。しかしアンリには足の不自由な妻と育ち盛りの息子がいる。その二人を養うため、殺人を続けるのだ。今の日本においても決して笑える話ではないが、これは当時のアメリカに対してに強烈なメッセージだったのだ。もちろん批評家はこの作品を認めなかった。チャップリンはこの作品の後アメリカを去る。人を殺すということへの強烈な批判が戦争を終えた後のアメリカには強すぎたのだろう。こうしてみるとチャップリンの作品は権力に対してよく噛み付く。もちろんライムライトのような芸人の生き方としてをありありと見せる作品もあるのだが、常に戦いがある気がする。そのパワーがこれだけの作品を作り出し長くたくさんの人に愛される理由のような気がする。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/1/30
物語は、チャップリンが、何人もの女性と重婚し、次々と財産を奪ってゆく、という青ひげをモチーフにしたものです。原案を、オーソン・ウエルズが書いています。チャップリンは、軽妙な動きで見るものを画面に誘い込み、最後に、恐らくチャップリン自身が本当に言いたかったことを我々観客に向かって言い放つのです。「一人を殺せば殺人だが、百万人を殺せば英雄になれる」
チャップリンとは、まさに映画の巨人、大衆芸術の神様だと思います。
チャップリンが描いた「戦争」という殺人狂時代への反旗は、50年以上の年月を経た今でも、いささかも古びていないことに驚きますし、この問題に対して無為に過ごしてきた人類の業を感じざるを得ません。喜劇王チャップリンが、辛辣なまでに反戦を訴えるこの作品は、戦争がなくなる日まで反戦を叫び続けることでしょう。それをチャップリンは望んでいたのでしょうか。子供にも大人にも胸に迫るものがあると思います。必見だと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
何が罪なのか?誰が悪人なのか?をチャップリンらしいアイロニーでコミカルに描ききっている。殺すのをやめた若い女性とのやりとりや、捕まってから裁判までのやりとりなどは人類への不変的な問題提起かと思う。何を題材にしても彼の作品は優しさに満ち溢れており、観終わった後に自分や現代社会を見直すきっかけとなる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す