中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

殺し屋1 第4巻 (ヤングサンデーコミックス) コミック – 1999/5

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

●登場人物/城石一(工場で働いている、気弱な青年。通称イチ。その正体は、凶器となる蹴り技をもつ殺し屋)、“ジジィ”(年齢・本名不明。ヤクザの破門者たちを集め、犯罪集団「破門グループ」を組織)
●あらすじ/拷問にかけられ、いまだ入院中の鈴木は、深夜の病室に三光連合の会長、組長を呼び出し、自分をこんな目に遭わせ、抱えていた中国人を消したのは垣原で、安生を消したのもヤツだとの情報を伝え、絶縁処分にしろと迫る。その始末は自分でつけるとも… すべては事を仕掛けたジジイの思惑通りの展開だ。一方垣原は、自分の命を狙うジジイと「破門グループ」の行方をいまだに掴めず、いらだちを強めていた。そして中国人にバケたジジイたちは、鈴木からの連絡で垣原の始末を引き受け、イチを呼び寄せる。
●本巻の特徴/新宿でやりたい放題を続ける垣原。すべてはその垣原の仕業と思い込む鈴木。そしていよいよイチが新宿に姿を現し、新宿の街は、いよいよ戦場と化す!?
●その他の登場キャラクター/垣原(安生組若頭。痛みを快楽に感じる男)、高山(垣原の右腕。武闘派ヤクザ)、鈴木(船鬼一家の幹部)、龍(上海出身の元留学生。「破門グループ」の一員。チャイニーズマフィアとの取り引きを担当)、昇(「破門グループ」の一員。銃のプロフェッショナル)、井上(「破門グループ」の一員。薬物中毒)

出版社からのコメント

キョーレツな痛みを発火点にさく烈するイジメられっ子・イチの泣きの拳が欲望都市・新宿で美しく輝く。最終ハードコアバイオレンスの戦慄。


登録情報

  • コミック: 222ページ
  • 出版社: 小学館 (1999/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091515150
  • ISBN-13: 978-4091515155
  • 発売日: 1999/05
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
四巻くらいまで無料だし、安い!全部で十巻までなので、トータル安くで買えました!
いま読み返しても面白いです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
暴力表現や性表現は犯罪を誘発するかどうかが時折話題になる。
そんなもの、誘発するに決まっている。
近年、確実になっているものだけでも「BR」や「乱歩」の影響下にある殺人があった。
しかし、本来そうした衝動を持つ者たちがそうした作品によってストレスを解消し、生きる糧としている事は語られない。
犯罪を抑止している部分には触れられない。
何より、僕は表現者として「表現の自由」は守りたい。
そして、表現者が何の規制も無く暴れまわる姿を見たい。

この名作「殺し屋イチ」のような。

暴力表現は、ドラマを生む。
本作から暴力を取ったら、何も残らない。
しかしこの世には、漫画の世界観を現実に持ち込む奴がいる。
学生時代、こんな事があった。
あるカップルが破局した。実際は女が別の男に走ったのだが、女は責任を逃れるために俺に責任をなすりつけた。
俺は公衆の面前で番長から説教され、殴られた。
そして番長はこう言った。
「今のパンチは、俺の怒りだ・・・そして次は、A男の怒りだ!くらえ!」
この茶番はホームルームの直前、つまり全生徒が集まった状態で行われた。
つまり彼は、「暴力を行使する自分の姿」に酔っていたのだ。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/16
形式: コミック
がんばって最後巻のまで読み通してください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック