通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
残すべき建築: モダニズム建築は何を求めたのか がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Nブック33
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●帯あり。中古品のため多少のスレ、ヨレ、折れ等がある場合が御座いますが概ね良好です。クリーニングの上、ゆうメール(ポスト投函、追跡番号なし)にて発送予定です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

残すべき建築: モダニズム建築は何を求めたのか 単行本 – 2013/1/23

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/1/23
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,143

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 残すべき建築: モダニズム建築は何を求めたのか
  • +
  • モダニズム建築紀行―日本の1960~80年代の建築
総額: ¥5,022
ポイントの合計: 109pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

保存運動が行われながら取り壊しが決定した歌舞伎座や東京中央郵便局など、1920年代〜60年代に建てられた近代建築が相次いで姿を消している。市民に憩いの場を提供し、愛されてきた京都会館も、設計者が意図した景観が損なわれる形で改修工事が進められている。一方で東京駅が華々しく復元されるなど、過去の建築に対する再評価の動きはある。しかし、一時代前の近代建築は、素材の劣化や用途の変化により、経済効率のよい高層建築に建て替えられることが多く、我々の生活基盤を築き上げたという存在価値は軽視されているのが現状だ。本書では、真の評価が定まる前に絶滅の危機に瀕している近代建築のうち、後世に残すべき36例を取り上げ、設計時の時代背景や設計者の意図を交えて解説。建築を学ぶ学生や若い建築家、建築に興味がある一般を対象に、近代建築がおかれた現状について考察する入門書とする。

内容(「BOOK」データベースより)

東京駅が華々しく復元される一方で、同潤会アパートや歌舞伎座、京都会館といった身近な建物が取り壊され、失われる風景がある。いまなお愛されつづける場所を含め、建築家たちが求めた暮らしのかたちを見つめ直すためにモダニズム建築を訪ね歩く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 287ページ
  • 出版社: 誠文堂新光社 (2013/1/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4416613881
  • ISBN-13: 978-4416613887
  • 発売日: 2013/1/23
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 346,698位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2014年1月16日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年10月19日
Amazonで購入