Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 875

¥ 97の割引 (10%)

ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[オースン スコット カード]の死者の代弁者〔新訳版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
Kindle App Ad

死者の代弁者〔新訳版〕(上) (ハヤカワ文庫SF) Kindle版

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 875
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972 ¥ 549

商品の説明

内容紹介

エンダーによる異星種族バガー皆殺しから3000年後、銀河各地へと植民地を広げていた人類は、ついに第二の知的異星種族と遭遇した。新たに入植したルシタニア星に棲むピギー族が、高い知性を持つことが発見されたのだ。バガーのときと同じ過ちを繰り返さないため、人類は慎重にピギー族と接する。そのころエンダーは、姉ヴァレンタインとともにトロンヘイム星を訪れていたが……ヒューゴー/ネビュラ両賞に輝く続篇登場!

内容(「BOOK」データベースより)

エンダーによる異星種族バガー皆殺しから3000年後、銀河各地へと植民地を広げていた人類は、ついに第二の知的異星種族と遭遇した。新たに入植したルシタニア星に棲むピギー族が、高い知性を持つことが発見されたのだ。バガーのときと同じ過ちを繰り返さないため、人類は慎重にピギー族と接する。そのころエンダーは、姉ヴァレンタインとともにトロンヘイム星を訪れていたが…ヒューゴー/ネビュラ両賞受賞に輝く続篇登場!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 473 KB
  • 紙の本の長さ: 203 ページ
  • 出版社: 早川書房 (2015/4/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00YGIKCMI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 27,720位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 傑作です。
 エンダーシリーズの第2弾として発表された本書の時代設定は、前作「エンダーのゲーム」から3000年後の世界。
 人類が居住可能なルシターク星と呼ばれる惑星を舞台に展開する物語で、前作とのあまりの雰囲気の違いに当初は戸惑うものの、エンダー自身が登場する2章あたりから加速度的に面白さが増していき、上巻を読み終えたとたん下巻に飛びつき、その後一気読みです。

 人々の行いに隠された真の動機と理由をみつけ、人の死後にその人生を明らかにし、人間が生きることの価値を信じる人々の司祭として活動する「死者の代弁者」エンダー。
 彼が誕生して3081年が経過した世界だが、恒星間高速移動により、エンダーの主観時間では36歳。
 アンドルーと本名を名乗る彼が、実はエンダーその人だということ、更に伝説の書物「窩巣女王および覇者」の著者であることは誰も知らない。
 
 人類は、ルシターク星で新たに見つかった知的生命体ピギー族に対し、3000年前の反省から過剰なまでの不干渉主義をとっている。ピギー族が住む地域と人類が植民した地域はフェンスで遮り、研究のために唯一接触を認められた異類学者、異生物学者にも厳しい制限規定を設けている。そんな異類学者の一人ピポがピギー族に殺害されたことから、なぜ彼が殺害されなければならなかっ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前作「エンダーのゲーム」は基本的にアクションや戦闘シーンが多くその部分だけ興味を持ったとしても読み進むことは出来た。

今回は前作から約3000年後の宇宙植民星が舞台になる。

だが今作には「勝った負けた」の描写は全くない。

あるのは、

「信仰」(答を与えてはくれない、しかも支配する)、
もしくは己の「信念」(揺らぎやすい、そして脆い)、
そして共同体の共有価値観(軋轢や葛藤を生みだす)

である。

これらの象徴としての「カソリック」の扱いがこの作品における「肝」である。何故ならば宇宙時代の植民星に於ける宗教は大航海時代や日本の戦国時代の昔から布教活動に並々ならぬ情熱を注ぎ続けた宣教師たちの齎した宇宙植民時代の「カソリック」なのである。しかもカソリックはとても政治(支配者、権力側)と結びつきやすいのだ。

そしてそれらに相対する(特殊な)信仰形態を持つ惑星の原住民(知性も高く好奇心強い)の存在がこれに絡むのである。

さてエンダー(代弁者というよりも調停者か)はこの世界でどんな行動をとるのであろうか?

この設定(全てでは無い)に興味を持ったら読むべし。

あ、前作の登場人物も出てくる、あの女王さまもね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
レビューがほとんど書かれていないのが残念。
傑作「エンダーのゲーム」の続編です。
ここには生物学、環境学等SF的要素を交えつつ「愛」と「社会性」に関する深い配慮が伺える素晴らしい作品です。
胸を打つ内容を秘めた傑作です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover