通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
死神の精度 (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

死神の精度 (文春文庫) 文庫 – 2008/2/8

5つ星のうち 4.2 296件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 死神の精度 (文春文庫)
  • +
  • 死神の浮力 (文春文庫)
総額: ¥1,447
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に…様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。 --このテキストは、単行本(ソフトカバー)版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 345ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/2/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167745011
  • ISBN-13: 978-4167745011
  • 発売日: 2008/2/8
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 296件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,249位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
宇宙人ジョーンズのような死神の出てくる話でした。
食事もせず、睡眠も取らない。感情も無いのに、音楽が何より大好きと言う変わった死神でした。
感情が無いので、余計にまわりの人物が人間的に見えました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
短編集のようになっていて、とても読みやすかったです。
最後の話で多少つながってくるのも伊坂幸太郎らしい。
死神の設定には笑いました。
ミュージックに目がないんです。金よりミュージックです。
夜な夜なミュージックショップに入り浸ります(同僚が必ずいるらしい)。
千葉さんと登場人物の間の抜けたやりとりも笑えます。
設定や構成、魅力的な登場人物と見どころ満載です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
相性の問題かもしれませんが、読み進んでも著者の設定する世界に入り込めず、楽しめませんでした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
久しぶりに読み終わったとたんに初めから読み返したくなった一冊。
主人公の死神は、いろんな姿の人間(名前はいつも「千葉」)になりすまして、1週間後に死ぬ予定の人間を観察して、死んでもいいかどうかを報告するのが仕事。
そして、ミュージックが大好き。
観察対象となる人間は、それぞれの生きる世界があり、思いがあり、(ほとんどの人は)1週間後に死ぬ運命にある。
短編の集まりなのだが、それぞれが時空を超えて微妙につながっていたりする。
特に好きなのは、恋愛に立ち会う章。
そして最終章。
ああ、とにかく読んでみてほしいです。
伊坂作品の中でも特におすすめの一冊です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gonroku 投稿日 2014/6/27
形式: Kindle版 Amazonで購入
作者の引き出しって無限に有るんだろうなぁ、

ってこの本を読んで感じました。

どんどん人が死んでいくのに、何故か暖かく感じてしまう。

そんな内容になっています。

今レビューを打ち込んでいても、思い出して心がじーんとしてしまう。

伊坂ファンではない方でも、「おもしろいから読んでみて」ってお薦め

したくなります。

そして

上司には







「可」と報告します。(あはは
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 これも「チルドレン」ほどではないですが、短編集の形をとった連作一小説のような傑作です。エピソードごとに現れる小さな共通点。それが最後の最後の1ページを迎えたときに到達する、最高のフィナーレ。死神のお話で死をテーマにしながらも、これほど爽快なラストは伊坂作では久々でしょう。
 相変わらず冴え渡る台詞。印象に残るキャラクターたち。そしてなんといっても予測不能の展開。伏線の張り方はもう脱帽。ほんのささいな台詞に仕掛けられている事柄に気づいたとき、読み手は「してやられたり」と爽快な気分に陥ることでしょう。
 
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
つまらなくは無いけど・・・・・短編が好きな人には良いのかも!長編でがっつり読みごたえがある本が好きな人には物足りないかな~~
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
昨今とても注目されている作家さんだそうですが、
「陽気なギャングが地球を回す」などのタイトルだけを目にして、
失礼ながら、自分は読んでもいないのにチャラいタイトルだなどと勝手に思っておりました。
しかしたまたま暇になる時間が生まれたので、まず何か読んでみたいと思い立ち、
他の伊坂作品よりページ数の少ない本作を手に取りました。

とにかく読みやすい!まったく疲れない。
例えばPC再起動などの合間にわずか1分、数行をサラッと読むのにすら最適でした。
とても工夫を凝らして作り上げられた箱庭のような印象です。

あくまで娯楽として軽い楽しみをもらえた作品でした。
とにかく最後まで読んでくれという、ジェットコースーターを狙ったような文章が、鼻につく人は駄目でしょうが、
自分は物書きのプロが培った技巧も、読書の楽しみだと思っているので、味あわせてもらえました。

しかし例えば千葉さんが人間についての感想をよく口にする場面があり、
自分もその言い回しに関心こそすれど、
それは作者の膨大な努力を窺わせる豊富な引用に関心するのであって、
人間の死生観については、現実に起きていること―例えば自然災害もそうだし、
より私的問題
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー