通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
死生観を問いなおす (ちくま新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

死生観を問いなおす (ちくま新書) 新書 – 2001/11

5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 死生観を問いなおす (ちくま新書)
  • +
  • 日本人の死生観を読む 明治武士道から「おくりびと」へ (朝日選書)
総額: ¥2,333
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

社会の高齢化にともない、「死」という現象が身近で日常的なものになっていく。「死そのもの」をどうとらえるか、どのような死生観を自分のものとするかということが、今後の切迫したテーマとなる。個々の生や死が、宇宙や生命全体の流れの中で、どのような位置にあり、どのような意味をもっているのか。「時間とは何か」を問いながら、死生観について考える。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

広井/良典
1961年岡山市生まれ。東京大学・同大学院修了後、厚生省を経て96年4月より千葉大学法経学部助教授。医療や社会保障に関する具体的な政策研究から、時間、ケア等の主題をめぐる科学哲学的な考察まで、幅広い活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2001/11)
  • ISBN-10: 4480059172
  • ISBN-13: 978-4480059178
  • 発売日: 2001/11
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 152,430位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
社会保障を主題とする広井良典氏の著作はどれも素晴らしい。そこでは実務家としての経験(厚生省キャリア)と研究者としてのバックグラウンド(駒場の科哲出身)が如何なく発揮されている。しかし、そのフィールドからひとたび離れるや、氏の筆は冴えを失う。本書のテーマは「死生観」だが、同じテーマを扱っていて、本書より良質の著作はいくらでも存在する。読むならそっちだ。ともあれ、万能の人なんてそうそういるもんではないので、たとえこの本がイマイチだとしても、それだからといって広井氏が凡庸ということにはならない。むしろ、もう一度言うが、社会保障や福祉の論者として、広井氏は第一級であることに疑いの余地はない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
人が死ぬこととはどういうことか、翻って生きるとはどういうことか、死んだらどうなるのか……という古来からの難問に、「時間」という概念を軸にして取り組んだ本。

「時間」には時計で刻まれるカレンダー的な時間と、感覚によって長くも短くもなる主観的・相対的な時間がある。後者を掘り下げると、死後にはすでにその人の時間はないことになる。筆者はこのことを指して死を絶対的な有であり、かつ絶対的な無であると結論している。

段階を追って時間を考察する中で触れられる科学史における時間(ビッグバン以前には時間はなかったとする宇宙論)、遊びという点で共通する老人と子どもの時間(老人が子どもをものを教えるというのは人間の本質であること)、生物学からみたエコロジカルな時間(時間は種や個体にとってそれぞれ固有のものがあり、相対的なものであること)、宗教における時間の超越(いかにして人間は永遠を手に入れるか)と、多岐にわたる視点がどれも興味深い。処々に目からウロコ。

あとがきでは、死者と生者は決して断絶したものではなく、共同体をつくるものであると説き、愛しい人を亡くした人のケアにまで及んでいる。

医療福祉関係者、宗教や哲学に興味のある方に非常におすすめ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 時間とは、何だろうか。普段我々は、「時間がない」だの「じゃあ、明日三時に」などと気軽に時間に基づいた会話をする。だが、ここで考えて欲しい。時間とは、一体何なのだろうか、と。私という個人が死んでも時間はあるのか。人類が滅んでも、時間は流れているのか。宇宙がなくなっても時間はあるのか。このような素朴な問いに、筆者は色々な観点から、事例を上げ考えていく。
 筆者は答えを出さない。ただ、古来の人は例えばこう考えた、この宗教はこう考えている、と挙げそれについて解説したり、論じたりしているだけである。
 だが、「だから」考えさせられるのである。
 宗教に興味のない方もある方も、時間という言葉を口にしたことのある方は読んでみるといいと思う。考えさせられるものが、この本には詰まっている。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 宗宏 VINE メンバー 投稿日 2011/9/4
形式: 新書 Amazonで購入
このようなタイトルの本は、静かに深く、時に思いつめる程考えを深めたくて購入するものだ。 しかし、本書の内容は、「死生観」とはこういう事を意味するのだったかと、思わず事典を引いてしまったほど、死生観の外側での考察が続く。直線的時間モデル、円環的時間モデルなど絵で説明されるが、本書を通じて「パワーポイントで(死生観というより)時間の観念」をカタログ的に説明されたような感覚と持つ。 筆者自らがあとがきで「私自身が、死生観に関してある確固たるスタンスを持つに至ったとはいえない状態にある。」と独白している。本書の終わりに近づくにつれ、結論を導くための論理の飛躍と思えるところもある。 ある博学の方の思考のプロセスを楽しめる人には面白いのかも知れない。しかし、死生観を深く考察したいと思う方にはお薦めしない。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告