通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
死後の世界と宇宙の謎をめぐる対話 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ココの家
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

死後の世界と宇宙の謎をめぐる対話 単行本 – 2012/12/20

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/12/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 57
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 死後の世界と宇宙の謎をめぐる対話
  • +
  • 死後を生きる
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 64pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

『死後探索』シリーズ等で日本にも多くのファンを持つ、

アメリカ在住の精神世界研究家のブルース・モーエンさんが西の精神世界のカリスマだとすれば、

日本を代表する神秘哲学研究家の松村潔氏は東のカリスマ。

その東西のカリスマが、死後の世界、宇宙の謎、高次世界、

そして人間の可能性について、みずからの体験を踏まえながら縦横無尽に語り合いました。

対話は共同探索と化し、新事実が次々と明らかに……。

内容(「BOOK」データベースより)

スピリチュアル界の東西のカリスマが対話による共同探索で見つけた新事実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: アールズ出版 (2012/12/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862042384
  • ISBN-13: 978-4862042385
  • 発売日: 2012/12/20
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 229,174位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
スピリチュアルが好きで、色々と読んできた人ならすっと入る内容です。あまりその方面に詳しくない人には、お勧めできないです。深い内容が、易しい対談で語られていますので、判る人には判る・・・という感じです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
こういった類の本はありきたりの言葉と表現に終始していてうんざりしてしまうことが多いですが、流石のこのふたりでした。
”無条件の愛”を扱ったページだけでも読む価値は十二分にあります。
ただし、勿論、今まで語られてきた解釈や思い込みとは違う視点です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『死後探索』シリーズで世界的に著名なブルース・モーエン氏と、占星術家、神秘
思想家として知られる、わが日本の松村潔氏とによる、3日間に亘る、横浜での対談
を収録('12年12月初版)。

まず特記すべきは、精神世界という分野で、それぞれ独自の、そして驚愕の道を開
拓なさった両者が、互いに「鎧をわきに置いて、あっけらかんと知覚者をむき出しに
した」(松村氏)格好の対談となっている点。

松村氏がモーエン氏、上記シリーズ3('07年)タイトルでもあった、「(純粋
な)無条件の愛」にレスポンスするばかりか、あとがきでも改めて触れたかと思えば、
モーエン氏は己がネイタル・チャート中の感受点・天体のサビアン・シンボル文にか
んする説明を松村氏より受け、合点がゆく、といったように、両者の互いに打てば響
く、といったさまは、すばらしいとしかいいようがない。

テーマはアセンションから死者の暮らすところ、物質的・非物質的な目覚めの境界、
タロットとリモートビューイング…とスリリングに展開してゆくが、松村氏がモーエ
ン氏一流のリトリーバルを、自身の体験・言葉で表現した件りなどは、上記「打てば
響く」さまの、一つのピークであろう
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
プラトン年とか専門用語?が沢山出て来て難しくて1回読んだだけではよく理解出来ませんでした。いきなりお二方の本を読んだからかな。 タイトルに期待して読むと外れかも。 でもラストの村松氏のエピローグ「無条件の愛』のところは良かったです。愛というと対象物や他人への・・・と思って中々難しいのですが、その前に自分自身に対して、考え方次第では自分を傷めつけていたりとかする、そういうところから見直さなくてはと気付かせてもらえました。 余談ですが、こちらは松村氏の独壇場?な感じで、モーエン氏の存在が薄いです(^^;) ヘミシンクをしなくても体外離脱を可能にした凄い方なのでもっと対談らしいのを期待していたのに。 いろんな意味で松村氏が強く超越しているのが分かりました(汗)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告