通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
死化粧師 1 (Feelコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

死化粧師 1 (Feelコミックス) コミックス – 2003/7/1

5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 977
¥ 977 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 死化粧師 1 (Feelコミックス)
  • +
  • 死化粧師 2 (Feelコミックス)
  • +
  • 死化粧師 3 (Feelコミックス)
総額: ¥2,962
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

「間宮心十郎、彼は魔法使い(エンバーマー)よ」
em・balm・ing エンバーミング
n.遺体に防腐、殺菌、修復などの処置を施し、生前の姿に近く戻す技術.日本では「遺体衛生保全」と訳される.


登録情報

  • コミック: 157ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2003/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396763050
  • ISBN-13: 978-4396763053
  • 発売日: 2003/7/1
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「エンバーミング」という聞き慣れない言葉。遺体に処理を施し生前の姿に近く戻し、遺族との最後の安らかな時間をもたらす術。術者の名前は間宮心十郎、女が放っておかないいい男。
収録されている5話中4話、心十郎によって救われた遺族が描かれる。特に結核を幼い息子に感染させまいとして息子の見舞いを拒み死んでいった企業戦士と家族が過ごす、死に別れながらもしかしようやく訪れた安らかな時間には目頭がツンとした。
そういう、本から目を上げなければ読み進めない瞬間がいくつもある本。
そして「エンバーミング」を啓蒙する日本で初めての本かもしれない。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
期待して読んだけど、奥深さが全然なくて薄っぺらい内容 。絵もちょっとどうかと思うレベル。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公の間宮心十郎は女たらしだが腕のいいエンバーマー。
彼のもとには様々な死因で亡くなった遺体が運ばれてくる。
心十郎の手によって死者は生前の輝きを取り戻し、遺族のもとへ帰っていく。
その美しく安らかな死に顔は遺族の悲しみをも浄化する―。

エンバーミング(遺体衛生保全)という日本では耳慣れない職業を題材にした異色の作品です。
生と死をテーマにした一つ一つのストーリーが心に染みます。
絵も美しい。独特な描線、登場人物の台詞やファッションも素敵です。
心十郎がカッコいいです。一見クールでいい加減な男に見えますが、実は努力家で結構純情だったり。
ナンパなくせに本気の恋愛には不器用で、アズキちゃんといる時の彼は好きな女の子を苛める小学生男児のよう。
そんな心十郎に振り回されつつ世話を焼くアズキちゃんは心優しい可愛い女の子です。
二人の恋の行く末や如何に―?
この巻では、事故でひどい傷を負って亡くなったプリマ・ドンナと残された婚約者のお話が泣けました。
全巻お薦めですが、個人的にはこの1巻と心十郎がエンバーマーになるまでを描いた3巻がお気に入りです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
同名のドラマの原作。ドラマと違って、エンバーマーとしてのエピソードと
主人公心十郎自身の過去や現在、生と死といったテーマが様々に語られる。
エンバーマーという職業の目新しさもあるが、個々のエピソードがよく
出来ていて、「死」を扱うストーリーだけに、泣ける部分も多い。
主人公の抱える葛藤や、「なかなか叶わない想い(実は両思いなのだけれど」も
本作を支える重要な魅力の一つだろう。
また、漫画は書籍と違って、ストーリーと絵がどちらも優れていて、バランスが取れて
いないと、全体としてのレベルが下がってしまうけれど、絵にも魅力がある。
ややパンクで線が細いようなタッチが内容によく合っていると思う。
高いプロ意識と技術を持ち、心に闇を抱える主人公が、ドラマでは、
「世を忍ぶ仮の姿を持つなぞのエンバーマー」のように描かれているのは残念。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
エンバーミングに関する詳細な描写が薄いからリアリティが無い。
なので腕の良いエンバーマーとの事らしいがそれが全く伝わってこない。
全体的にふわっとした薄っぺらい内容。
ゴチャゴチャした絵柄も読みづらいが、雰囲気を楽しむ漫画なのかなと思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まず、「死化粧師」何て言うカッコよさげなタイトルと

綺麗な絵柄に惚れちゃたりして買ってみたり・・・・・

主人公・(イケメン)心十朗は女たらしなわりにしっかり

想い人はいる青年で他にも色々蟠りを抱えるのが彼です。

そもそも「死化粧師」って言うのは創作ではなく実際に、

エンバーミングという死体の腐敗及び感染を防ぐ為の

欧米では当たり前のように行われている技術だそうです

作品のテンションは「死」をテーマにしているだけあって

高くは無いですが、どのお話もホロりとくる話ばかりで、

しっとりした感じに仕上がっているものですので、とても

オススメできるものです。

また、違う視点でみると登場キャラ達の衣装が素敵何です

流石三原ミツカズ先生だなと関心してしまいます。

メインは勿論一度限りのキャラまで丁寧にセンス良い感覚

と絵柄は人柄を表している様な気がする程

四巻にはこのお話を描くきっかけとして作者の実体験が描か

れています。単に作品を読むのもいいけどこ
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー