通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
死別を体験した子どもによりそう―沈黙と「あのね」の... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: ほぼ新品
コメント: ◆全体的に非常に良好な状態です◆アルコールクリーニング済み◆商品説明に誤りがあった場合は、評価の前に当方までメールでご連絡ください。誠意を持って対応させていただきます
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

死別を体験した子どもによりそう―沈黙と「あのね」の間で (日本語) 単行本 – 2013/6/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,650
¥1,650 ¥1,112
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 死別を体験した子どもによりそう―沈黙と「あのね」の間で
  • +
  • 子どものグリーフを支えるワークブック―場づくりに向けて
  • +
  • 子どもの悲しみによりそう: 喪失体験の適切なサポート法
総額: ¥6,270
ポイントの合計: 76pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「どうやって生きていったらいいの?」と問う子どもたちにどうよりそうか。毎年自殺や事故によって多くの子どもたちが親を失い、東日本大震災でも多くの子どもたちが身近な人との死別を体験した。子どものサポートにかかわってきた著者がおくる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

西田/正弘
NPO法人子どもグリーフサポートステーション代表。東日本大震災中央子ども支援センター外部アドバイザー。1960年福岡県生まれ。國學院大學卒業後、1997年あしなが育英会に就職。高校生、大学生の合宿ケア「つどい」などを担当。2000年急増した自殺遺児のケアを開始

高橋/聡美
つくば国際大学医療保健学部精神看護学教授。NPO法人子どもグリーフサポートステーション理事。1968年鹿児島県出身。東北大学博士課程修了(PhD博士医学)。防衛庁および国立精神・神経センターで看護師として働いた後、看護教員として勤務。2003年から2年間、スウェーデンに在住しスウェーデンのメンタルヘルスシステムや教育について調査。2006年宮城県で遺族のわかちあいの会をはじめる。2010年子どものグリーフサポートプログラムを主宰する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2013/6/1
  • 単行本 : 124ページ
  • ISBN-10 : 4816613064
  • ISBN-13 : 978-4816613067
  • 出版社 : 梨の木舎 (2013/6/1)
  • 言語: : 日本語