通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 EDS堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆送料無料、保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。【検品担当者より】書き込み等ございましたら、保障いたします。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

死体格差 解剖台の上の「声なき声」より 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/8

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 2,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 死体格差 解剖台の上の「声なき声」より
  • +
  • 死ねない老人
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 46pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

死体にも「格差」がある――。
解剖台の上の遺体には、その人が生前、どのように生きてきたか、
その痕跡が数多く残されている。老い、孤独、貧困、病…一つ歯車が狂えば、
誰もが"悲しい死"を迎える可能性がある現実を現役の法医学解剖医が明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

リストラ後、家賃滞納のアパートで凍死(50代男性)、独り暮らしの自宅で熱中症により死亡(70代女性)、認知症の妻を介護入浴中に溺死(80代男性)…老いや貧困が“悲しい死”に直結する現実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: 双葉社 (2017/3/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575312282
  • ISBN-13: 978-4575312287
  • 発売日: 2017/3/8
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 724位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
長年大学で法医解剖に携わる著者が様々な切り口で、法医解剖の実際について、わかりやすく、またその時の心情も含めて解説している。地域による差や、法医解剖の中での解剖の種類による違いについて記載されている事も興味深いと感じた。また、法医学者による書籍は関東地方の著者によるものが多いので、関西の法医学者の著書である本書は大変貴重である。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「私なんで死んだの?」声なき問いかけに20年間対峙した解剖を扱う医師が紡ぐ7章。その観察力や洞察力で死因に生命力を吹きこみ、残された家族の悲しみを受け止め、そしてまた、日々運ばれてくる遺体と向き合う医師がいた。崇高な使命をもつ、その手に解剖されるなら本望。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
世の中に「平等」などない。「平等」があるとすれば、人は生まれ死んでいくことのみ。本書を読むまで、当たり前にそう思っていた。

だが、認識を改めた。死は誰しも訪れることは間違いない。それは平等だ。そこまでは、誰しも想像が付く。
しかしながら、自分が死んだ後にどのように取り扱われるのか?そこまで想像することはないのではないか。
葬儀に親族友人知人が集まり、涙の別れとともに荼毘に付され、記憶の中の住民となる。こんな「普通」の死後を迎えられることは、実は幸せなのだ。

死は平等に訪れるが、死後の扱いは平等でない。平等でないどころか、現世での立ち位置が如実に反映される。

死してなお肉体に意識はないだろうが、意識の器だった肉体が緑色に変色し、脳や内臓が液体になるまで放置される。そういう死後もある。

未だ現実に死を意識したことはないが、願わくは解剖医の世話になる死後は避けたい。

本書は、法医解剖を行う解剖医が、淡々と死体について語る。その淡々とした事実の描写から、死が現実であり、誰しも避けられないことだと思い知らされる。

生と死は別次元の話ではない。「終活」という言葉が流行っているが、命あるうちに人生の終わりを考えることが大切であることを感じさせられ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
題名の硬さに反して専門用語も少なく、非常に読みやすい良書。
どんな人間にも平等に訪れる死にすら格差があるというセンセーショナルな内容が、
長年解剖を行ってきた筆者の一種独特な、でも優しさに満ちた視点から描かれている。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す