中古品
¥ 938
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★商品保管と配送をAmazonに委託したため在庫保証率100%、Amazon配送センターから毎日発送 ★商品状況:Amazonのコンディションのガイドラインに沿って検品致します。 ★品質保証:万が一コンディションと合わなに不備があった場合は返品対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

死体は語る現場は語る 単行本 – 2002/10

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 535
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

出版社からのコメント

犯罪被害者の無念さ・苦しみは、決して晴れることはない。
犯罪現場に挑みつける元監察医上野正彦先生と
事件記者大谷昭宏さんの対論から読み取れる
現代社会の病根と凶悪犯罪の裏側とは?
【本文構成】
第1章 殺人現場は語る
・ 初動捜査ミスの誘因は何か?
・ 犯人像を見誤る要因は何か?
第2章 未解決事件の現場に迫る
・ 「多点物証・未逮捕」の理由
・ 完全犯罪は成立するのか?
・ 外国人犯罪と推測する根拠

第3章 事件現場から時代が見えてくる
・ 加熱する外国人犯罪
・ 見えない殺人事件(薬物犯罪)
・ 身内を殺す時代
・ 少年犯罪は凶悪化している
・ 男性の犯罪、女性の犯罪

第4章 殺人捜査の盲点とは
・ 犯罪検挙率が低下した理由
・ 法医学でどこまでわかるか?
・ 捜査システムに意義あり

元監察医上野正彦先生と「事件記者」で
おなじみの大谷昭宏さんの書下ろし二題は必見の内容。

「殺されたものの代弁者として」上野正彦
「殺人現場からわかる人間学」大谷昭宏

人の命の重さが心に深く深く響く対論集が出来ました。

内容(「MARC」データベースより)

人々に物を語らせ錯綜する情報のなかから事件を追っていく事件記者。物言わぬ死体に語らせることから事件に迫る監察医。殺人捜査の舞台裏を知り尽くした2人が、未解決事件の謎に迫る。


登録情報

  • 単行本: 259ページ
  • 出版社: アスキー・コミュニケーションズ (2002/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 477620004X
  • ISBN-13: 978-4776200048
  • 発売日: 2002/10
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 835,616位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2016年9月4日
形式: 単行本|Amazonで購入
2006年9月18日
形式: 単行本|Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2002年11月5日
形式: 単行本
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告