通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【良い】カバー:スレ、ふちヨレ、ヤケ、小ヤブレがありますが、読む分には問題ありません。アルコール除菌済!帯無し。通常24時間以内に配送業者に出荷致しまして配送となります。迅速丁寧な対応を心掛けております。 配送方法:日本郵政ゆうメール。当店より追跡は出来ますが、追跡番号はありませんので、追跡が御必要になった場合は当店まで御連絡頂きますよう宜しくお願い致します。また、配送期間につきましてAmazonが自動で左記の期間を表示しておりますが、通常発送日より4日以内に到着しております。日曜・祝日での御配送は致しておりませんのでご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 単行本 – 2012/11/24

5つ星のうち 4.5 239件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 138
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
  • +
  • 「吉田調書」を読み解く 朝日誤報事件と現場の真実
  • +
  • この命、義に捧ぐ    台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡 (角川文庫)
総額: ¥3,974
ポイントの合計: 122pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

その時、日本は“三分割"されるところだった――。

「原子炉が最大の危機を迎えたあの時、私は自分と一緒に“死んでくれる"人間の顔を思い浮かべていました」。食道癌の手術を受け、その後、脳内出血で倒れることになる吉田昌郎・福島第一原発所長(当時)は、事故から1年4か月を経て、ついに沈黙を破った。覚悟の証言をおこなった吉田前所長に続いて、現場の運転員たちは堰を切ったように真実を語り始めた。

2011年3月、暴走する原子炉。現場の人間はその時、「死の淵」に立った。それは同時に、故郷福島と日本という国の「死の淵」でもあった。このままでは故郷は壊滅し、日本は「三分割」される。

使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いを展開した男たちは、なぜ電源が喪失した放射能汚染の暗闇の中へ突入しつづけることができたのか。

「死」を覚悟した極限の場面に表われる人間の弱さと強さ、復旧への現場の執念が呼び込む「奇跡」ともいえる幸運、首相官邸の驚くべき真実……。吉田昌郎、菅直人、班目春樹、フクシマ・フィフティ、自衛隊、地元の人々など、90名以上が赤裸々に語った驚愕の真実とは。

あの時、何が起き、何を思い、人々はどう闘ったのか。ヴェールに包まれたあの未曾有の大事故を当事者たちの実名で綴った渾身のノンフィクションがついに発刊――。

内容(「BOOK」データベースより)

吉田昌郎、菅直人、班目春樹…当事者たちが赤裸々に語った「原子力事故」驚愕の真実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 380ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2012/11/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569808352
  • ISBN-13: 978-4569808352
  • 発売日: 2012/11/24
  • 梱包サイズ: 19.2 x 12.6 x 2.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 239件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,220位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 震災後、自分を冷やして冷静に読もうと思っていました。
やはりすごかった。
筆者門田氏の力にまず感謝。
知りたいことが、きちんと書かれていた。
吉田所長の冥福を祈るとともに、早すぎた死を惜しむ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本を読んで福島に2度程足を運びました。
事実とはなんなのか、今の福島はどうなっているのか?
行けば本とは違う世界もまた見える。
原発推進派も反原発派もこれを読み、一度福島を訪れてほしいものだ。
周りには淡々と復興を考える人、反対をして金をわんさか貰う者。
そういうのが入り混じってくる。
その前に、あの事故の時、彼らは何をしていたのか、周りはどうしていたのか?
それを知ってほしいものである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
福島原発、吉田所長、そこに生きる人たちにスポットが当てられた本。

自分は原発で働いたことはないが、もし働いている人がこの本を読んだらば、
「良く書いてくれた」そう思わずにはいられないよう内容だと思う。自分は何もしらなかった。
こういう事を言うのもおこがましいが、この本を読んで当時の状況を知るに、
現場で必死(この漢字とおりの世界であるのが怖い)でなんとかしようとした人たちの気持ちが、100分の1は理解できた気がする。

マニュアル通り、訓練通りに原子炉を止め、冷やそうとしていたさなか、
ありえるはずのない「DGトリップ」の報告から、今でも続く未知の世界に突入した。
この事故がいかに常軌を逸していたか、そして人間がどう立ち向かったのかが書かれている。

自分のような常人には理解どころか、想像すらできない精神状況だったと思う。
水の流れないトイレは「真っ赤」になっていたと書かれている。
中操に交代要員が行った時に、交代される側は泣いていたとのこと。本書を読んで4,5回泣きそうになった。

震災数日後、東京から派遣された消防隊員が、TVカメラ中で涙ながらに現場の過酷さえを振り返ったいたときに、
現場にいた作業員たちはそれをみて「
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
原子力安全委員会の奥の院は通産省である。 福島原発がメルトダウンやメルトスルーを起こしているのに阿部首相は収束していると世界に発信する。 東電社長は従業員の全てに退避命令を出している。 朝日の記事は完全な誤報とは言えない。 菅首相が現場に乗り込んだのも東電が虚偽情報の常習犯で信頼できなかったからである。 吉田所長は津波の危険性は福島事故以前から警告している。 米国から全電源喪失に備えてバルブの手動による開閉を準備して置くようにとの勧告を無視したのは東電本部である。 海水による塩害が臨界点を高めるため海水注入を中止するようにとの本社の判断は誤っていた。 淡水は量が不十分で海水以外に冷却水はなかった。 本社命令を無視して海水注入を継続させた吉田所長は日本の英雄である。 彼の決断がなければ日本は3分割され東北地方は日本の地図から消えていたという。 チェルノブイリの10倍の放射能汚染が生じていたという。 原発事故に注意を向けず原発輸出に邁進する通産省は痛惨省である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
のように冒頭から引き込まれて一気に読了しました。
誰が正義で誰が悪かとかではなく、あの時現場で何が起こっていたのか。そしてそれにどのような対処がなされていたのか。
現場をイラつかせる要因となった菅首相の行動も、現場の状況が伝わっていなかったがゆえであったと思うし、実際あの時「すでに放射能が漏れている」ことを東京都民は確認しようもなかったのだけど、原発内部ではその情報が総理にさえ届いてないとは思ってもいなかったという恐ろしさ。
誤解とすれ違い、そして思い込みというありがちな事象が、非常時にどのような恐ろしい結果を生む可能性があるかを考えたとき、本当に全てがギリギリだったのだと思わされる一冊でした。
1 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本は読む価値がある。事故当時がどういう状況だったのか。
現場作業員たちが爆発するまでの間、どういう思いで必死に爆発を
とめようとしていたのか、当時の首相がどれほど空気を読めなかった
のかがわかる。
東電に恨みを持っている人も多いだろうが、そこはあえて押し殺して
読んでみてはと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー