中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

死のサハラを脱出せよ〈下〉 (新潮文庫) 文庫 – 1992/11

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

果てしなく増殖してゆく赤潮。マリの将軍と結託して事業の拡大に腐心するフランスの悪徳実業家。そして彼らに捕らえられ、強制労働を科せられる科学者たち。死神だけが待つ広大な砂漠の脱出行こそがピットの宿命となった。合衆国大統領が動き、国連事務総長も動く。援軍とともに引き返したピットは、旧外人部隊の砦に立てこもる。数千名に及ぶマリ軍との苛烈な闘いが火蓋を切る―。


登録情報

  • 文庫: 484ページ
  • 出版社: 新潮社 (1992/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102170162
  • ISBN-13: 978-4102170168
  • 発売日: 1992/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 615,919位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 masasige 投稿日 2007/4/14
形式: 文庫 Amazonで購入
人類の生存をかけて敢然と戦うダークピット。

押し寄せる絶体絶命の危機にクールにユーモアを忘れず、

戦う姿は、男の中の男。

モテモテぶりも羨ましい限り。

キティとリンカーンの逸話。

歴史への限りない愛情が感じられる。

クライブ カッスラーとダークピットと知り合えたことは、

人生の偉大な幸福です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
冒険小説ファンにはすっかりお馴染みの「ダーク・ピット」シリーズ。
荒涼とした砂漠を舞台に繰り広げられる善と悪の戦い。そこに南北戦争時代の謎の鋼鉄艦が絶妙に絡んでくる。
本作は映画化され、2005年6月に公開予定。ダーク・ピットを演じるのはマシュー・マコノヒー。ヒロインのエヴァをペネロペ・クルス、相棒のアル・ジョルディーノをスティーブ・ザーン、敵の冷酷なフランス人のマサルドを、『マトリックス』シリーズでお馴染みの、“金持ちでいけ好かないフランス人”をやらせたら右に出るものはいないランベール・ウィルソンがやる。
ストーリーは原作とは少し違うようだが、分厚い原作本をそのまま映画化するのも無理な話であるから仕方あるまい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ダークピットシリーズのひとつのパターンとして、小説の頭での話が、後半で巧みに絡み始め、最後には綺麗なタペストリーが織りあがることである。
今回も一見タイトルからも程遠いような話から上巻が始まり、下巻で見事に織りあわされてゆく。見事の一言である。下巻のクライマックスは絶望的と思われる状況から、ダークピットが冷静さと大胆さで乗り切ってしまうところであるが、こういう場面で巻頭で垂らされていた縦糸が巧妙に降りてきて、助けてくれたりする。
頭の中で接触を模索していたニューロンたちがお互いを見出し喜ばせる技法には脱帽である。筋はこれから読む人のために話せないが、胸が躍ること間違い無しである。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告