通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
死ぬ理由、生きる理由 -英霊の渇く島に問う- (ワ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 relibro
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【お急ぎ便、代引き、コンビニ決済受取対応。Amazon倉庫より毎日発送】比較的良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

死ぬ理由、生きる理由 -英霊の渇く島に問う- (ワニプラス) 単行本 – 2014/8/12

5つ星のうち 4.9 50件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 348
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 死ぬ理由、生きる理由 -英霊の渇く島に問う- (ワニプラス)
  • +
  • ぼくらの真実
  • +
  • ぼくらの祖国 (扶桑社新書)
総額: ¥4,277
ポイントの合計: 130pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今年(2014年)5月25日から30日までの日程で実施された「にっぽん丸 小笠原・硫黄島クルーズ」。

そのクルーズで青山繁晴氏の講演「海から祖国が甦る」が3回にわたって行われた。

第二次世界大戦末期、アメリカ軍との激戦の末に占領され、返還後は立ち入り禁止となっている硫黄島。

この島には今も、1万1千人以上の兵士の方々のご遺骨が取り残されたままである。

2006年、正式な許可を得て、硫黄島を訪れた経験を持つ青山氏は、この事実と問題解決を様々な場で訴えてきた。

3回にわたる魂の講演をすべて採録し、さらに航海の模様と硫黄島の姿を32ページのカラー口絵写真で紹介する。


目次

生きるヒント
第1部 船が天から降ってきた
第2部 蒼天のデッキ
第3部 飛行機ではいけない島々へ
第4部 一緒に考え始めましょう 硫黄島クルーズ連続講演 第1回
第5部 再会
第6部 わがちいさき声よ、島に届け 硫黄島クルーズ・にっぽん丸船内放送
第7部 ニッポンの変化 硫黄島クルーズ連続講演 第2回
第8部 腕のなかで少女に戻る 硫黄島クルーズ連続講演 第3回
第9部 別れではなく

内容(「BOOK」データベースより)

硫黄島からは今こそ、わたしたちに手紙が届いている。わたしたちが忘れていたものを、架け橋でつなげば、新しい日本人の生き方が見えてくる。「にっぽん丸小笠原・硫黄島クルーズ」船上連続講演会「海から祖国が甦る」を完全収録!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 276ページ
  • 出版社: ワニブックス (2014/8/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847092651
  • ISBN-13: 978-4847092657
  • 発売日: 2014/8/12
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 70,731位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 waka 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2014/8/14
形式: 単行本 Amazonで購入
硫黄島は、立ち入り禁止の島である。その硫黄島に青山氏は、防衛相から許可を得て、2006年12月9日に上陸した。戦後の民間人では、青山氏だけだそうである。
テレビ局の小型飛行機で島に近づいた時、突然、1万以上の何かが青山氏の体内に入ってきて、抜けていき、「返せ、返せ、戻せ、戻せ」という声が響いたという。

硫黄島では、2万1千人の日本兵が戦い、2万人が戦死した。そのほとんどが職業軍人ではなく、普通の日本人である。
米軍は硫黄島占領直後に、日本兵の遺体の上にコンクリートを流して滑走路を造った。1968(昭和43)年に硫黄島は日本に復帰したが、政府は滑走路の下に英霊がいることをわかっていながら、2割だけコンクリートを剥がして遺骨を集め、残りの8割はそのまま使い続けているという。
青山氏は、飛行機から降りる時、英霊を踏みつけることに耐えられず、足が動かなかった。自衛隊員も、着陸の度に英霊を踏みつけにすることに、心を痛めているという。硫黄島では、1万数千人の遺骨がそのままになっている。硫黄島が立ち入り禁止なのは、そのためと思われる。

アメリカが硫黄島に狙いをつけたのは、サイパン島やグアム島のあるマリアナ諸島と東京のちょうど中間に位置し、沖縄本島までの距離もほぼ同じなので、日本本土を爆撃するのに、便利な中継地だからである。
...続きを読む ›
コメント 101人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 野の花 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/10/11
形式: 単行本
青山氏のことはこの本を読むまで、全く存じておりませんでした。
Amazonのベストセラーになっていたため購入してみました。
最初は胡散臭い右翼のひとかな?と思いましたが、お金を払って購入してよかった!と思います。
読みやすく、そして、読み終えると自然に、
日本のために戦って下さった方々への感謝の気持ちと、自分の無知への恥じらいを感じました。

私は20代前半ですが、学校の歴史の授業では
日本軍はアジアをはじめ世界のたくさんの人を殺したことをした…
としか教えてもらえなかったような気がします。
そして、アメリカは良い国と悪く言えば、洗脳されてきました。
「硫黄島(いおうとう)」で、
日本の国民のため、日本の将来のために、
まさに命をかけて、必死に戦って下さった方が、
滑走路の下に埋まったままである事実…そんなことは知るよしもありませんでした。

硫黄島では、自らは死ぬ運命にあると分かっていながら、
本土決戦を一日でも遅らせ、日本本土にいる女性や子供を少しでも生き延びらせるために、
戦って下さった方々を知らなかったことに申し訳なささえ感じました。

私のような、戦争を知らない世代にぜひとも読んでほし
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
引き込まれる内容に一気に読み終えてしまいました。
読み始めの感想は変わったタイプの本だなと思ったことです。
冒頭の31Pはコート紙によるカラー写真が写真集のように掲載されており、書き出しのはじめに文中に"漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字"を混在させる意図が記されています。

読み始めて分かりましたが、本書は2014年5月25日から30日まで行われた"にっぽん丸 小笠原と硫黄島周遊クルーズ5泊6日"を疑似体験できる本です。
写真集は文章の箇所で閲覧できるような仕組みになっており、ダイナミックな文体は実際に青山氏の講演会に参加しているような感覚にさせてくれます。
実際のクルーズはお一人様最低料金226,300円のところ、本書は1,728円で疑似体験できるのですから素晴らしいです。

67Pまでは青山氏がクルーズへ参加するようになった経緯、船内の様子や航海の始まりまで、70Pから271Pまでが船内での講演内容の全文を記録したもので、274Pから276Pであとがきのようになっています。
つまり、全276P中200P余りに講演会や船内マイクで語られたことが順に掲載されており、ページをめくるごとに青山氏と共に硫黄島への旅をしているような気分になりました。

驚くことは青山氏の見事な語
...続きを読む ›
2 コメント 154人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
硫黄島、先の大戦で私達が本当に知らなければ、学ばなければいけないのは、二千年を越える祖国日本の歴史で、初めて本土を侵略されたこの戦いではないでしょうか。
真珠湾、原爆、沖縄戦、大空襲、多くが繰り返し語られた中で、この硫黄島の戦いだけはなぜかほとんど語られる事がない。
そして未だに多くの遺骨が島に取り残され、故郷に帰れない現状は、ただそれだけの事ではなく、今、私達の現実として多くの問題を提起してはいませんか。
国内において遺骨すら取り戻せないこのような惨状である我々は、いかにして拉致被害者を取り戻せるというのでしょうか。
本当は国会議員や政府よりも、一人一人、主人公である主権者の日本国民が昔の事だから、私たちとは関係ないからと、まるで人事のように考えているからではないでしょうか。
今すぐに憲法を変え、自衛隊が拉致被害者を救出すると訴えた所で日本国民のどれほどが賛成しようとするのでしょうか。
自分の家族でなくてよかった、自身の生活の方が大事だ、大義なんかより個人の事を優先する、そんな世の中になってはいませんか。
硫黄島の戦いが今も問うているのは日本国民の生き方の問題です。
本書を読み深く考えさせられました。
国家や軍が嫌いな人ほど、ぜひ読んで頂きたい。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー