Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 108の割引 (8%)

ポイント : 259pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[詩歩]の死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 Kindle版

5つ星のうち 3.6 118件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296

紙の本の長さ: 155ページ

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

シリーズ累計47万部の人気書籍がついに登場!タブレットやスマホで「絶景」を持ち運ぶことができます。本に掲載されている絶景を見に行って、見比べてみるといった楽しみ方も可能。

本書は56万人が「いいね!」したFacebookページ「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景」から特に人気のあった絶景を厳選した写真集。美しく迫力のある写真で、世界中の楽園・秘境・奇景を楽しめる一冊。予算やオススメの時期などが分かる旅行ガイドも付いています。56万人が選んだ絶景ランキングも掲載。気になる1位の絶景はどこ?

内容(「BOOK」データベースより)

誰でも安全に絶景へ行けるH.I.S.の旅行ガイド付き。信じられない土地を旅した人々の体験談を満載。56万人が選んだ絶景ランキング発表。大自然・楽園奇景の写真集。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 45938 KB
  • 出版社: 三才ブックス (2014/12/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00Q8LFBPO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 118件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 12,889位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
はじめは詩歩さんが撮った写真集かと思いましたが、ただネットでキレイな写真を見つけてコメントをしているだけ。センスは感じますが、リアルでないフィクションのコメントです。勘違いしないように<監修 詩歩>とかにすべきかと思います。目立ちたがりやさんなんでしょうかね。もしかしたら、こういうのが新しいビジネスモデルなんでしょうか? でもやっぱり、作った人(撮影者)がもっと尊重されるべきかと思います。
コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
評価が高ったので内容を確認することなく買ってしまいましたが、非常に後悔しています。
何故こんなに良い評価を得ているのか全く理解できません。
私は旅行記や世界各地の風景写真を見るのが好きで、そういった本を読み過ぎているのかもしれませんが、他の旅行記や写真集に比べて良い点が何もありません。
買う前にちゃんと調べなかったのが悪いですが、この本は他人の写真や余所からの情報を寄せ集めただけのものです。
旅行ガイドや旅行記として楽める情報は少なく、写真集として見てもレベルが低い。
コメント 166人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
他人が撮った写真使ったりしているのに、1人の著者名で出版してる
・・・何だ?これは?
『詩歩』という人が全部行ったのか、と思った。

寄せ集めなら個人名で出さず、他の書籍の様に
(例)『世界一の絶景を見る―アフロ (著)』の様にするべきでは?

才能無し、努力もしない物を『高評価』にするってどうなの?
コメント 229人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Babo 投稿日 2014/2/2
形式: 単行本(ソフトカバー)
この人が取った写真、行った経験を書かれているのだと思って買いましたが、他人の写真の寄せ集め。
文章もどこからか拾ってきたのかと思うような内容・・・。残念な内容だと思います。
コメント 105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 caveman 投稿日 2013/8/23
形式: 単行本(ソフトカバー)
元になったFBページを見ると、基本的にFlickrから転載されていますが、All Rights Reserved表記のものも多く(flickrでは、二次使用可能なのはSome rights reservedと表記されます)、あきらかに無断転載です。画像だけでなく文章もそのまま転載(および翻訳を併記)しているようで、FBページの運営方針にかなり疑問を感じます。書籍の方は許諾をとられていると信じています。
3 コメント 197人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
こういう寄せ集めの、
しかも写真だけを見せるにはあまりにも質の悪い紙と印刷でできた本が
こんなにも売れてしまうことに驚いている。
後世にまで残すような世界の絶景を見せるならば、
また、死ぬまでに行きたい「世界の絶景」レベルを求めるならば、
このようなライトブックではなく、
もっと数段上の上質な良本があるので、そちらを手に取ったほうが良い。
コメント 146人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
既に多くの方が指摘していますが、 著作権無視&無断掲載ってあまりに酷いです。
撮影者は海外在住の外国人であることが多く、撮影者はまさか自分の写真が異国で写真集
になっているなんてまず気づかないでしょうね。

FBで59万「いいね! 」を超えたといっても、単純に他から拾い集めた画像をアップしただけの話で、
FBの性質を考えれば別に凄くもなんともない。本人は完全に旅の素人。

著者を絶賛する人々もいますが、それは著者の話題性に便乗したい人ばかり。
HISもそう。 著作権無視&無断掲載なんてどうでもよくってただ話題に便乗してるだけ。
そういう企業体質なのはわかっていることなので驚きませんが、やっぱりHISってその程度だよなと。

こんな本が堂々と売り出されて問題にならないとは驚くばかりです。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
テレビ番組でこの本の名前が出ていたので読んでみた。まず気になったのが、写真の著作権に関すること。著者自身が実際に旅行して撮った写真を載せているわけでなく、ネットからカキ集めたモノを勝手に拝借しているようで、けっこう危うい。HISと協力して出版してるのなら、写真もHISが提供してあげたら良いのに…と思うのだが、そうすると誰の本だかわからなくなっちゃうのかな? 著者発の情報が圧倒的に少なく、ほとんどがHIS発の情報と、見知らぬ誰かが撮った写真で成り立っているという、なんとも異様な本である。

よい点について考えてみる。だいたいどこの観光地も、特定の角度から撮れるベストショットがあったりするので、写真1枚でどれほど現地の様子を反映しているのか怪しいのだけれど、そのことを含めても、「自分が今まで知らなかった場所を知るきっかけ」としては、まあ、よいのかもしれない。あと、現地へ赴くためのザックリとした時間・費用・経路の目安がHISから提供されているので、そっちのほうが、むしろ役に立つのかも。世のガイドブックにはいくらでも酷いのがあって、土産物屋と食物屋の情報が大半なことを考えれば、まあ、この本もそんなに悪くはない。法的にはどうかは知らんけど…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover