死ぬまでにしたい10のこと [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,409
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 3,600
通常配送無料 詳細
発売元: みたらしキャンディー
カートに入れる
¥ 3,700
通常配送無料 詳細
発売元: ウッドガレージ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

死ぬまでにしたい10のこと [DVD]

5つ星のうち 3.7 117件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,538 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,538 (50%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Media Huntingが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 死ぬまでにしたい10のこと [DVD]
  • +
  • 最高の人生の見つけ方 [DVD]
総額: ¥3,465
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ペドロ・アルモドバル, アウグスティン・アルモドバル, オグデン・ガヴァンスキ, エステル・ガルシア, ゴードン・マクレナン
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2004/04/24
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 117件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001CGNJY
  • JAN: 4988105028371
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 41,115位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   23歳という若さで、がんで余命2か月と宣告されたアン。彼女はやり残したことをノートに10コ、書き留める。オシャレのこと、ふたりの娘のこと、そして夫以外の男と付き合ってみること…。リストを作ったときから、アンの平凡だった人生がイキイキと動きだした。
   死を目前にしながらも、その事実を誰にも明かさず、リストを作って実行していくことで、死の恐怖を回避し、幸せで甘い幕切れを求めるアン。自分の不運な運命を知っても、決して動揺せずに、残り少ない人生を最上のものにしようとするヒロインの強さが感動的。この役をほぼスッピンの自然体で演じたのはサラ・ポーリー。彼女が好演があったからこそ、アンという女性の短い人生は美しくスクリーンに息づいたといっても過言ではない。難を言えば、愛人になる男性(マーク・ラファロ)が魅力薄だったこと。夫役のスコット・スピードマンの方が華があり、逆のキャスティングだったら、感動も倍増したかも。とはいえ、死に向かっていく女性の人生を実に丁寧につづったイザベル・コヘット監督(&脚本)の手腕は見事。ペドロ・アルモドバルが彼女の才能に魅了され、製作を買って出たのも納得の映画である。(斎藤 香)

内容(「Oricon」データベースより)

夫と2人の娘とトレーラーハウスで暮らす23歳の主婦“アン”はある日突然余命2ヶ月であることを宣告される。死ぬまでにしたいこと10項目のリストを作ったアンはその日から死ぬための準備を始めるのだった…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 toko 投稿日 2011/10/6
Amazonで購入
映画を観終わった後は、とても悲しいような寂しい様な、
気持ちになりましたが、
なぜだかもう一度、観たくなります。
そうして、映画の家族や周りにいた人の様に、
また、彼女に会いたくなるのかもしれません。
でも彼女の様に、誰も傷つけず、明かさず、
本当の願いを人になじらずに、終われるのか、
疑問に思いました。

そうならいいのにと、願うような気持ちにもなる
不思議な映画でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
☆☆☆☆☆なかなかの映画です。
生まれてこのかた、必死に生きてきて、「今まで、あまり考える時間がなかった」と振り返るきっかけになってのが、医師による自分への死の宣告。
そんな彼女だから、残された2〜3週間の余命でやらなければならないと思うことをリストアップし、次々に実行に移していくことに躊躇もない。感傷もない。
死を見つめる以前も、そして死が目の前に迫った日々も必死に生き続ける彼女の姿は痛々しい。

リストにあげられた多くのことは愛する家族のためでも、その中にあった幾つかのことが彼女自身の欲求であったことで、私はむしろ救われた。
こどもにしろ、亭主にしろ、母親にしろ彼らが幸せになって欲しいのは、自分の幸せにつながるからだし、新しい彼氏を作くることを、リストに加えたのも、忙しく生きてきて閉じた世界観しかもてなかった自分の世界観を少しでも、広げておきたかったからだと思う。
そんなことに気が付いてしまう彼女は、生い立ちにおいて、必然的に夢と現実をわきまえて必死に生きることを身につけさせられてきたのだろう。『安らかに』と願ってしまう。
2016/03/31
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
だいぶ前の映画のようですが、タイトルにひかれて観てしまいました、後悔先に立たずです。
多分脚本を書いた人も監督も家族にも知り合いにも余命宣告を受けた人がいなかったのでしょう、あまりにもリアリティに欠けていました。
幼い2人の娘と愛する主人がいる若い女性がある日突然自分の寿命があと2~3ヶ月と知らされたとしたら、大きな衝撃と受け入れのプロセスだけでも
大変なものの筈です。
この映画の医師による告知のシーンからして、描写が軽薄すぎました。
それに家に戻ってあらためて家族に触れて、この夫や子供たちとあと2~3ヶ月しか一緒にいられないと思えば、
一分一秒でも子供たちと一緒にいたいと思わない母親なんていないでしょう。
残された命のすべては子供たちや夫にむけられる筈、普通の状況ではないのですから。
夫以外に男性を見つけて夫に内緒で密会を重ねる精神的余裕なんて、あるわけないじゃないですか!
そういうのは余程夫のことが嫌いな妻が心身ともに健康な時に考えるものです。
まして、他の男性と密会した直後に、(おそらく肉体関係もあったと思わせるつき合い方の描写でした)その男性の目の前で迎えに来てくれた夫に
何事もなかったかのように抱きつくなんて、この女性のずぶとさってどんなんでしょう!
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とにかくアンの明るい性格がすばらしい。
アンの家庭は貧しいながら本当に明るい家庭だ。
それゆえに何もいいことがなかったアンの人生はただただ悲しすぎる。
(ただアン自身はそうは思ってなかったかも知れないが…)

後日談がたったの1カットで終わってしまったのが残念。
これは意図した1カットだと思うが
それこそがアンの望んだ残された家族の姿だったのだから
せめてもう少し後日談を観たかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 突然余命二ヶ月と宣告された若い女性が死ぬまでにしたい10のことを決めて実行していく話。

 娘や夫の幸せを願ってのことを実行しつつも、夫以外の人とつきあうという願いも実行していくのは共感できないという人も多いみたいだけど、人間の弱さ、身勝手さが自然に出てて、自分は好きだ。
 10個の願いの中には「髪型を変える」なんての軽めのから「夫の再婚相手をみつける」なんて無茶なことまであるのもおもしろい。髪型変えるのもすぐできないところがまたいい。なんだかんだで二ヶ月でほとんどのことを実行しちゃうのもすごい。

 主人公の女性は今まで何にも深く考えず生きてきたけど、宣告を機に人生を深く考えるようになる。誰にも病気のことを言わないから、周りは何も変わってないはず。でも何故か不思議と皆、主人公と真剣に関わっていき、変わっていく。そこがこの話の肝なのかもしれないと思った。
 周りの人が皆最後に魅力的に見えてくる。個人的には死を宣告するお医者さんの駄目さかげんが好き。

 ただ命の重要さを訴えるのとはちょっと違う映画。でもきっと心に残るものはある。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー