通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
死にたい老人 (幻冬舎新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

死にたい老人 (幻冬舎新書) 新書 – 2011/9/29

5つ星のうち 3.1 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 死にたい老人 (幻冬舎新書)
  • +
  • 思い通りの死に方 (幻冬舎新書)
  • +
  • 日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

83歳小説家、長く生きた。絶望の果てに―― 自死決行。結果は!?

もう充分に生きた。あとは静かに死にたい――。83歳の小説家は、老いて身体の自由がきかなくなり、男の機能も衰え、あらゆる欲望が失せ、余生に絶望した。そして、ゆるやかに自死する「断食安楽死」を決意。すぐに開始するや着々と行動意欲が減退、異常な頭痛や口中の渇きにも襲われ、Xデーの到来を予感する……。一方で、テレビのグルメ番組を見て食欲に悩まされ、東日本大震災のニュースにおののきつつも興味は高まり、胃痛に耐えられず病院に行く。終いには、強烈な死への恐怖が……! 死に執着した小説家が、53日間の断食を実行するも自死に失敗した、異常な記録。

内容(「BOOK」データベースより)

もう充分に生きた。あとは静かに死にたい―。83歳の小説家は、老いて身体の自由がきかなくなり、男の機能も衰え、あらゆる欲望が失せ、余生に絶望した。そして、ゆるやかに自死する「断食安楽死」を決意。すぐに開始するや着々と行動意欲が減退、異常な頭痛や口中の渇きにも襲われ、Xデーの到来を予感する。一方で、テレビのグルメ番組を見て食欲に悩まされ、東日本大震災のニュースにおののきつつも興味は高まり、胃痛に耐えられず病院に行く。終いには、強烈な死への恐怖が!死に執着した小説家が、52日間の断食を実行するも自死に失敗した、異常な記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 262ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2011/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344982320
  • ISBN-13: 978-4344982321
  • 発売日: 2011/9/29
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 136,269位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 千紫万紅 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/27
形式: 新書
奇書と言っていいだろう。
餓死による自殺を企てる人間が語る言葉、残す言葉、それは正否を超えた真実がある。
既遂に至らなかったことを恥じているが、約40日間の断食は立派であり、
決意だけでは乗り越えられない壁が死であることを示してくれた点では、
インチキ教祖が語る宗教よりは随分高尚であると思う。

83歳…、でもこれだけやれるのだ。
大したことないと語るあなた、
はたして3日も断食できるのかな…。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
小説家で元ルポライターの83歳の老人が、息子夫婦に迷惑を掛けずに死ぬにはどうしたらいいか、考えた末に選んだのは「断食安楽死」。妻とも離婚し、生へ
の執着もない彼には死は恐れる対象ではない。彼はこの本の著者。つまり、自分が断食をしながら如何に安楽死を迎えようとしているか、日記のように
綴ったのがこの本だ。安楽死が法律で認められていない日本では、断食とは言え、なかなか安楽死を成就することは容易くない。この安楽死をしようとする
人間を見つけたり、その言動に気付いた人間はそのまま放置すると「保護責任者遺棄致死」という刑法犯で罰せられる。人に迷惑をかけたくないという著者
にとって、なかなか断食安楽死は難しいのだ。しかも、この著者は、結構体が弱って来ても、胃潰瘍の薬や利尿剤を飲んで痛みから逃れようとする。少なく
ともこの本の中には、断食未遂を含めて3度安楽死に臨む著者の葛藤が描かれる。人間的と言えば、それまでだが、胃潰瘍の痛みに耐えきれず断食を断
念したり、一方、政治家と違い、公約は守りきるという信念を表明して断食に拘ったり、時の民主党の裏切りに憤慨し、自分をC級人間と位置付け、A級人間
への怨嗟を隠さず、何か頑固な老人が一人よがりで「頑張っている」感も強い。当然、著者はこの本を刊行しているときは生きていたが、Wikipe
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
断食による餓死を目指した老人の記録。理性では自殺出来ないこと、むしろ感情が人間を動かすこと、ただただ生きるだけという状態には耐えられないことが伝わってくる。社会の一隅に自分の居場所を定めて、地に足を着けて生きることの重要性を改めて気づかせてくれた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私以外にも40日超の断食をされた方がおり、かつ詳細な記録もある、
とのことで読ませて戴きました.
小説家だけあり、表現力などは流石で死が迫ってくる表現などはよく
その恐怖が伝わってきます.

死を本気で覚悟し、自死が前提とは言え、一日目ですでに50kgでは40日は
厳しいでしょう.

6日目で空腹に慣れたり、10日目の激しい頭痛に襲われたり(この場合は恐らく、
腸内の便の移動等によるかと思われます.経験上)と本当に断食を
されたことがよく伝わって来ます.

14日目で頭の回転が
鈍っているのは、水分が足りなかったり、六則が足りなかったりが原因でしょうかね.
23日目で胃痛が激しいとあり、断食前の漸減食をしておれば、胃痛は全くなかったでしょうが.

印象的なのは、32日目、胃痛さえなければ「恍惚状態」という文言.

まだすべては読んでおりませんが、
私自身はこの本の前に、『奇跡が起きる半日断食』と「長生きしたければ朝食は抜きなさい」に出逢い、40日本断食を実行し、潰瘍性大腸炎が根治致しました.

ホントに有難うございました.

本断食は専門家のもとで実行し下
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
自分も断食をする予定だったので、断食後に読んで比較しようと思ったのですが、筆者の常用の薬のせいで、特殊なケースの断食になり

共感はあまり得られなかったです。死にきれなかった原因は何か考えさせられました。作家という人一倍精神的な職業のため、親族よりも

密な自分史の理解者=編集者との心の交流の断ち方が甘かったのでしょうか。生活苦でも病苦でもない自殺はぜいたくであり、知人に

迷惑がかからないように、とウイークリーマンションを借りるとは、今度は他人に迷惑がかかるのにまったく、しょうがないおじいさんだと思 

いました。 

いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック