死にぞこないの青 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

死にぞこないの青 [DVD]

5つ星のうち 2.5 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,009 (20%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,544より 中古品の出品:9¥ 816より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 須賀健太, 谷村美月, 城田 優, 入山法子, 瓜生美咲
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • 発売日 2009/01/21
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001IAAHBI
  • JAN: 4988101139989
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 175,686位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【解説】
原作は、次々と名作を放つ小説界のヒットメーカー、乙一。原作者本人も驚嘆した大胆なアプローチと、最高のキャスト・スタッフで映像化が実現、アドレナリン大放出のアナーキーなフィルムアートに仕上がった。
監督は『リング』(98)『呪怨』(03)などジャパニーズホラーの代表作すべてに携わり、乙一作品初の映画化『ZOOー seven rooms』(05)で監督デビューを果たした安達正軌。ポストJホラーの旗手として各界から注目を集めている。出演陣には、話題の俳優たちが集結。主演のマサオ役は、『ALWAYS 三丁目の夕日』(05)シリーズや「喰いタン」(NTV)シリーズなどで、名優としての座をゆるぎないものにした須賀健太。『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』(06)では2007年第30回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。また、凄惨な特殊メイクを施しながらも、美しさと確かな演技力で少女・アオをみごとに演じきった谷村美月は、『リアル鬼ごっこ』(08)『神様のパズル』(08)と公開作品が目白押しの若手実力No.1。そして、『ヒート アイランド』(07)「ROOKIES」(TBS)など話題作で独自の存在感を発揮している城田優は、迫真の演技で虐待教師を演じきり、新境地を開いた。
さらに坂井真紀、入山法子、博多華丸、U-15の注目女優・瓜生美咲ら、個性的なキャストがダークな物語世界にあたたかな光をともしている。
――何が正しくて、何が悪なのか。大人はいつも正しくて、間違っているのは子供なのか?誰にも潜んでいる残虐性を見つめ、「人間というもの」の答えを問う、衝撃の問題作。

【ストーリー】
気の弱い小学6年生・マサオは、生き物係を決めるできごとがもとで、新任教師・羽田に嫌われてしまう。
それ以来、羽田は何かにつけマサオを攻撃し、クラスメイトたちも、マサオいじめに興じ始める。みんなからゴミ扱いされ、一人ぼっちになったとき、マサオの前に現れたのは、全身まっ青の不気味な少女・アオ。
傷だらけで、片目片耳はつぶれ、白い拘束服を着たアオは、やがて教室中を恐怖に陥れていく。
いつしかアオの残虐性に、マサオ自身も取り込まれて行き……。「先生を殺せ。でないとおまえは一生このままだ」アオの囁きに、羽田殺しを決意したマサオだが、そこには思いもよらない試練が待ち受けていた!

【キャスト】
須賀健太 谷村美月 城田 優
入山法子 瓜生美咲 博多華丸 / 坂井真紀

【スタッフ】
原作:乙一「死にぞこないの青」(幻冬舎刊)
監督:安達正軌
脚本:森岡利行

【視聴制限】PG-12 ※12歳未満の方は、なるべく親または保護者とご覧下さい。

【スペック】
●映像特典(予定)
◆メイキング
◆イベント映像
◆予告篇
◆ポスターギャラリー
●ピクチャーレーベル

DSZD08528/4,700円(税込4,935円)/COLOR/本編95分/片面2層/1.主音声:ステレオ/16:9LB

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

乙一の原作を『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』の須賀健太主演で映画化した学園ホラー。いじめられっ子のマサオの前に、全身真っ青で傷だらけ、さらに片目片耳が潰れた不気味な少女・アオが出現。彼女は教室中を恐怖に陥れていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 アマゾンマニア VINE メンバー 投稿日 2013/9/16
Amazonで購入
作品としてどーなんだろ。でも城田優、谷村美月、須賀健太がいいね。
ストーリーは詰め甘いが役者がいい感じなんで好きなんだ。
城田優って知らなかったんだけど本作を見てからファンになった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず、私は乙一さんの原作の方を全く知りません。この映画でこの作品を知っての感想という事になります。
とにかく見終わった後、もやもやが残る、つまらなかったなーと思ってしまいました。
ホラーを期待してみたわけでも無いですし、最後救いのある展開なのは『子供が主人公』という事をふまえると、いい終わり方なのかもしれませんが・・・・うーん。
入りはぐっと物語の世界に引き込まれるんです。陰湿なイジメ、先生につられていく子供達の感情の変化、主人公の少年の感情の変化。それに共鳴して苦しくなったり腹がたったりで、映画の中に引き込まれる・・・んですが、青が出てきてからが微妙でした。
原作を読んで無い私からしたら、急に青と少年の距離が縮まっていたのも不自然に感じたし、青の言動にもいちいちひっかかるところがあって、物語に入り込むとかそういう問題ではなくなりました。
ひっかかるなーっと思いながら見ていたらあの展開。そうか。こういう風にラストに持っていくのね。ああ・・・そっか。って、感じで脱力してしまいました。
映画としては消して何度も見たくなるような映画では無いなと、個人的にはそう思いました。
しかし、主人行の須賀君や先生役の城田さん、青やクラスメイトの子供達の演技も皆とても素敵でした。★二つは、役者さん達の素敵な演技につけた数です。
役者さん以外、演出や音楽も微妙!
そんな映画でした。残念です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
乙一の同名小説を映画化。小学6年生のマサオは新しくやってきた羽田先生にふとしたことを切っ掛けにイジメのターゲットにされてしまう。先生、友達・・みんなから激しいイジメを受けひとりぼっちになってしまったマサオの前に不気味な姿をした“アオ”が現れる・・。

原作はすでに読んだが、非常に読みやすく衝撃的な小説だ。学校で何かあったら先生を頼るしかないが、その頼れるべき存在からイジメを受けてしまう主人公マサオ。そして心の底からムカつく羽田先生。マサオを演じる須賀健太は小説のマサオとイメージが多少違うが、子役の意地で見事な演技。羽田先生を演じる城田優は原作のイメージとピッタリ。小説から飛び出して来たような憎たらしい羽田先生を演じきっている。注目のアオはまさかの谷村美月。これには驚いたが、意外性を求めるならこれもアリかと思う。

問題は本作のイジメの描き方である。イジメというものは唐突に始まるものではない。少しずつ周りとの関係が遠くなっていき、お互いの意思疎通が無くなってしまった時に初めてイジメは起きてしまうのである。しかし本作のイジメの描き方はそうではない。いきなり周りの友達すべてが敵になるのである。リアル感ゼロ。原作にあったイジメのリアルさがまるで描かれていないのである。

配役は頑張ったと思うし、羽田先生のストーリーをさらに掘り下げたのは正解だったと思う。しかし演出のレベルが低い。原作ファンには賛否両論な作品かもしれない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Nanashi 投稿日 2011/10/18
原作があるのは知ってますが読んでません

展開も退屈で役者も
ん〜な作品。

雰囲気はあって面白くなる要素があるのに何故か無駄が多い

けど原作と比べて見てみたくなりました
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「輪廻」「エクステ」の脚本、「みづうみ」などの演出も務める安達監督に、少女やいじめを描かせたらピカイチの森岡利行脚本。
撮影は篠田昇の愛弟子、福本淳と、スタッフは現代日本映画を代表する精鋭が揃った。
俳優も須賀健太や谷村美月、城田優、瓜生美咲らを配しており、どんな作品に仕上がっているのか期待したが、結果はまあ「及第点」かと。

谷村演じるアオの特殊メイクと、福本淳の一貫して沈んだ色調のカメラワークは凄いと思うが、今回は演出/脚本のマッチングが良くなかった。
いじめのシーンは「問題のない私たち」では完全な世界観を作り上げた森岡脚本が、本作では「本当っぽくない」のだ。
ここがぶれてしまうと、本作はツラい。城田演じる教師が、スケープゴートとして選んだ子供をいじめたおすのだが、そのきっかけも内容も
薄い。ただし、ここは監督の演出にも問題があったのかもしれない。特に須賀はどう見てもいじめられっ子には見えないのが難点(笑)。
また、坂井真紀の使い方もあんまりだった。

原作は未読だが、アオの存在は「ファイトクラブ」でいうB・ピットのような役回りだ。マサオの分身であることは序盤から明らかに
されるが、分身の悪魔性が、ゲンキな須賀健太には「伝染」していないところも痛かった。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す